Diet

腸の声をきいて体をケアしよう【腸セラピスト真野わか先生1】

img-615202612-1

「腸を扱わせたら右に出るものはいない」と言われる腸のスペシャリスト、真野わかさん(”養腸”サロン&スクール「マーノリブレ」代表)に教えていただいた、私たちの体の一部、「腸」のこと。実は、腸にも感情があったんです。(!)今回は、私たちのおなかの中で毎日頑張ってくれている腸が、日頃どんなことを考えて、どんなふうに私たちをみているのか…クスっと笑えてちょっぴり可愛い、今まで知らなかった腸のおはなし。

 

腸の声ってどんな声?

皆さんは自分の腸が話せるって知っていましたか? 早口、ガラガラ声、ひそひそ声? 腸の声は体の声。ちゃんときいてあげれば、体は元気になってくれるんです。「腸の声…きこうとしてもきこえてこなくて…」私がそうやってお腹を触っていると、「“きけない”と思ってるから“きこえてこない”んですよ。」と、真野さんがニッコリ。むしろ、体の調子が悪い時のほうがききやすいのだそう。腸セラピストであり養腸家の真野わかさんに、知ってるようで知らない「腸」のお話を伺ってきました。

img-615202612-2

img-615202612-3

腸が言う、「今はカステラは食べたくないよ」のサイン

ちょっとくたびれてきたな…というときのほうが自分の腸の声をききやすいんです。グッタリしている時や熱が出た時って、『焼肉が食べたい!!』と思いますか? 食欲が出ないですよね。ゼリーや汁物、おかゆなどが食べたくなる。これが“腸の声”なんです。例えば、すっごく熱が出て体調悪いときにカステラを食べたくならないよね?(笑)『きらいじゃないけど、今は、ごめん…パサパサしてるから無理!』って、これ、腸が言ってるんです。ケーキバイキングにきたら、元をとってやるぞー! とお腹いっぱいになるまで食べてしまいがちですが、味覚を意識して“おいしい”と感じるのはせいぜい最初の1個2個。それ以上になると、半ば強制的に元をとろうと食べたりしていませんか? 美味しいと感じられなくなったってことは腸が『もういらないよ』って言っているんです。ほら、腸の声のきき方がわかってきたでしょう?

img-615202612-4

「しなくてはならない」脳の人の腸はガンコ者?

営業系ではない仕事の方はデスクワークや立ち仕事がメインになりますね。その時って、自分の腸は動いてますか? 動きの少ない体勢では腸も動きづらくなるんです。そして、呼吸も浅い。それに仕事は「ミスをしてはいけない!」という緊張感がつきまとうもの。さらに言えば「時間内にやらなければいけない」というプレッシャーも追加でのってきます。仕事って楽しくてもやりがいがあってもリラックスしきれない環境。腸にとってはいい環境とは言いづらいのです。そんなときに“深呼吸するだけ”で腸が動く、オフィスでも短い時間で腸をリラックスさせてあげるマッサージを真野さんに教えていただきました。

img-615202612-6

自分の感覚を100%信じて腸をマッサージしよう

ストレッチやヨガなど、専門的なことには “専門のやり方”があって“1つの正解”があるものだと思っていませんか? 真野さんいわく、腸マッサージには実は“絶対にコレ!というやり方はない”のだそう。-

 

むしろ、気持ちいいと感じる場所とつよさで押してあげなきゃダメなんです。なぜなら、胃腸はリラックスしたら動く臓器だから。自分にとって不快な感覚でリラックスなんてできませんよね。例えば、強さの段階が10段階あったとき、10の強さが全員気持ちいいってわけではなく、物足りないと思う方と、すっごく痛い!と思う方がいると思います。それはベースになっている腸のコリ具合(硬さ)が違うから。痛い!って思ってるのに我慢して押したらリラックスできないですよね。だから、自分が気持ち良いと思うポイントを押すのがポイントなんです。

 

腸は宇宙人じゃない。

自分のおなかのなかにある、といっても得体のしれない内臓である「腸」。いままで意識しなかったぶん、どうやっていいのかわからない方も多いと思います。でも大丈夫! 慣れ親しんだお味噌汁の味だったら、「これ薄い!」とか「辛い!」とか、わかりますよね。一方で、初めて食べた料理の中には「…美味しい…のかな?」って一回食べただけではわからない料理もあります。それでも食べる機会が増えるうちに「美味しい」と感じたり、その味にハマってしまったり。逆に、何度食べても「どうも馴染めない」「やっぱり合わない」と思ったり…自分の感覚って続けていけばわかるものでしょう? だから、最初は自分の「気持ちいい」という感覚がつかめなくても大丈夫。得体のしれないものを触っている訳ではないので、安心して腸を揉んであげてください。

img-615202612-6-1う〜ん、全然知らなかったことばかり! 次回の「腸のお話」は、みんな気になる”宿便”についても真野さんにおききしちゃいました。本当に宿便ってあるのかなあ…

 

chonoohanashi (1)

 


2014/06/24 | キーワド: , , , | 記事: