Diet

奥さんに殺されそう…偏った食生活の男性が多い!? 【笠井奈津子さんの食事講座。2】

スクリーンショット(2014-06-22 10.38.02)

前回の【笠井奈津子さんの記事1】に引き続き、栄養士である笠井奈津子さんに”知っているようで知らない食のアレコレ”をきいちゃいました! ちゃんと食について知っていれば、体調だって改善するんです。今回も濃ゆい内容だぞぉ! ツボユリです。

自分はヤセれて、彼は満足する❤【笠井奈津子さんの食事講座。1】

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.36.53)

 

“飲み過ぎた次の日は朝ご飯を抜く”って人が多いと思うんだけど、ダメージを受けた肝臓にリカバリーするだけの栄養を与えるほうが、むしろ良いんです。そんなに食べられないなら、酸っぱい柑橘系の果物を食べるだけでも◎。もし二日酔いの症状が出ていなかったら、次の日の朝ご飯を普通に食べてもらって、昼も普通に食べてほしい。夜だけ調節して、少し控えられるといいかな。「食べ過ぎたら出す!」というイメージで、いっぱい食べて飲んだ次の日は、野菜類(食物繊維)を多めにして、とにかく外へ出す出す! というイメージでね。

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.36.58)

 

結婚したら食生活がまともになったって昔はよく言われていたんだけど、今や “この人、奥さんに殺されそうになってるな”っていうくらい食生活がひどい人男性が多いんだよね(笑)。最近では料理が苦手な女性も増えてるし、優しい男性も増えたから、男性から「いや、朝ごはん作らなくても大丈夫だよ!」って言っちゃったりすることもあって。だから、本人の自主性が大事だと思うんです。男性ってよく「奥さんがしてくれないから…」って言うけど、いやいや昼と夜のチョイスは、奥さんじゃなくてあなた自身ですよね?って(笑)。奥さん側からしたら、「それって私の料理が悪いってこと?」って喧嘩になりかねないしね。まずは自分で管理することが大事! もちろん、女性側から気をつけてあげることも素晴らしいと思いますよ。

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.37.01)

 

夏は暑くて食べられない…。そんな人も覚えておいてほしいビタミンB群の効果。タンパク質の摂るべき量は年間変わらないと思うんだけど、タンパク質源に含まれるビタミンB群は夏バテに効くと言われているんです。お肉で言えば豚肉に多く入っているんだけど、ビタミンB群は、実は汗から出て行っちゃうんです。だから同じタンパク質を摂るにしても、夏はビタミンB群を多く含むものを食べてほしい。「さっぱりしたものが食べたいから。」って、蕎麦だけになってしまったりしないで、卵をプラスしたり、納豆をプラスしたり…なにかしらタンパク質をつけたほうがいい。冬は料理ができなくても鍋とかで補えるんだけど、これから最もタンパク質が取りづらい季節になってくるから注意が必要! 焼きそばだったら、豚肉も一緒に炒める。とか、これだけでもいい!

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.37.05)

 

「太ってる原因」ってみんな一緒なんじゃなくて、男の人が太っている理由は野菜不足が多くて、女性が太っている理由はタンパク質不足が多いんです。女性はヘルシー志向が多いから、タンパク質を摂らないことが多いんだよね。自分に何が不足しているのかわからない人は、4つのお皿で考えるといいですよ。1つめのお皿には主食、2つめは主菜、3つめは副菜、4つめは汁物。この基本構成を意識して、実際に並べてみることで自分に何が不足しているのか、1週間ほど意識してみたらきっとみえてくるはず。自分の生活スタイルで足りない物を把握してみてください。

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.37.58)

 

あとは女性は筋肉量が少ないから冷え性になりやすい。だから汁物を意識して摂ってほしいです。火を使わないで1日を過ごすことが出来る便利な現代たけど、そうすると朝ヨーグルト、昼サラダ、サンドウィッチ、夜コンビニのお弁当…とかになってしまいますよね。これでは体があたたまらない。冷え性も改善しないし、タンパク質も足りないから代謝もおちてしまう。だから冷え性を改善して代謝をよくするためにも、食べ終わった後に体がポカポカする、汁物やタンパク質があるご飯を1日2回くらい摂るのがが理想。心の飢餓感もなくなるしね。

 

スクリーンショット(2014-06-22 10.38.02)

 

最近の鬱は「朝だけ」鬱「会社だけ」鬱…土日は元気になったりするタイプも多いと思うんだけど、それって体調不良で起こってることが多いんです。例えば、睡眠がしっかり取れてない人は鬱になりやすいんだけど、よく眠れてない日は周りの言動にイライラしやすい。でも今の生活スタイルは変えられない…。そんなときにその人に不足している栄養素を足してあげると、ビックリするぐらい元気になったりするんです。面白いことに、いつもだらしないイメージだった人が急に時間を守れるようになったり、ドタキャンばかりする人が予定を守れるようになったり…。前に、複数のグループの食事内容をみてから研修を行ったんだけど、1グループだけ、食べるもの全部100円で買えるようなものばっかり、しかも炭水化物だけ!だったの。そうすると、当日そのグループだけ異常に欠席者が多くて。人事の人も、「食べ物ってこんなに影響するんですね…。」っておっしゃられていて。しかも来ていないから、食事の重要さも教えられない (笑) 悲しかったなあ。

 

 

 

うぬぬ、ツボユリも遅刻グセのある1人…。学生時代から時間にはルーズでした。もしかして性格と思っていたけど、これって食事を変えたら治るのかも!? 次回はついに笠井さんの女子力本領発揮❤ 彼が本当に喜ぶ料理って? 次回をお楽しみに!