Diet

わずか50日間でウエスト-13.7cm、ヒップが-6.7cm、体重-7.5kg ドSな兼子ただし主催『カラダ総選挙』@六本木ヒルズ

あのドSストレッチでおなじみの兼子ただしさんが主催した『ストレッチの達人~カラダ総選挙』のイベントが8月18日(日曜日)、六本木ヒルズアリーナで開催。ゲストにはあの杉本彩さん。ストレッチをベースに50日間でどれだけヘルシーに正しいダイエットをできるか・・・を競い合うのがメインイベント。選ばれた6人の中からグランプリに輝いたのは38才のヨシダ・エリカさん。なんとわずか50日間でウエスト-13.7cm、ヒップが-6.7cm、体重がなんと-7.5kg!えっ!なんで??そんなにやせたんですか??

審査員にはあのセクシー女子代表の杉本彩さんも!

選ばれし6人が勢ぞろい。みなさん驚くほどやせていました!

選ばれし6人が勢ぞろい。みなさん驚くほどやせていました!

 

豪華なゲストにはドSイベントにふさわしく杉本彩さん。『カラダ総選挙』というだけあってこの日は兼子ただしさん率いるストレッチ専門店「SSS(スリーエス)」グループのインストラクター達が競い合って、生徒さんを「50日」というルールの中でヘルシーに、スリムにしていき、当日イベントに参加した観客がリアルに、ガチに投票をしていく・・・というシステム。そして杉本彩さんをはじめとするスペシャルな審査員の得票も入れながらの総選挙という名の「女の戦い」がスタート!!

杉本彩さんご本人も実は創業当初の「SSS」に熱心に通っていたのだそう。超多忙な芸能人にも関わらず週2ペース・・・

杉本彩さんご本人も実は創業当初の「SSS」に熱心に通っていたひとり。超多忙な芸能人にも関わらず週1ペースで2年間も通ったのだそう・・・。

 

38才の女性がわずか50日間でウエスト-13.7cm、ヒップが-6.7cm、体重-7.5kg

今回グランプリを受賞したのは38才のヨシダ・エリカさん。

BA正面

 

ウエスト-0.0cm、ヒップ-0.0cm、体重-0.0kgという恐るべき50日間の変化がここに!


ウエスト-13.7cm、ヒップ-6.7cm、体重-7.5kgという恐るべき50日間のBEFORE→AFTER

もともとのサイズは・・・なんとウエスト77cm、ヒップ95cm、体重56kg!!

忙しい日々の中でヨシダさんがダイエットをへルシーに成功させた理由は??

S字姿勢を日常でも保つためのストレッチを皮切りに、白米→玄米食へのチェンジ、伸びランニング(正しい姿勢とフォームでゆっくり走るランニング)だけでウエスト77cm→63.3cm/ヒップ95cm→88.5cm/体重56kg→48.9kgまで50日間かけてカラダを変化させていったのだそう。もちろんマラソン経験があるわけでもなく、伸びランニングもゆっくり、ゆったりできる範囲で走っていただけだとか。食事に関しても白米を玄米に変更しただけ。炭水化物の中でも「白い」ものを排除していく工夫が必要らしいけど・・・。

くびれはもちろんカラダ全体がヘルシーに女性らしく変化しています。

くびれはもちろんカラダ全体がヘルシーに女性らしく変化しています。お腹のタテスジも見えています!ヒップの位置も実は上がっているんです。

ストレッチ・S字姿勢意識、伸びランニング、玄米食の50日間でここまで変わるなんて!

 

DSC_5394

後ろ姿も別人のよう。脚の形も美脚にまっすぐ!

「今までのただ食事制限するダイエットとは質が違います!」と常に言い切ってきた兼子ただしさん。食事制限を無理にしたり、無茶な運動をしたり・・・といったダイエットは兼子理論にはないそうです。目からウロコというか、一瞬信じられないかもしれませんが、基本は「姿勢を正しく、美しく」。つまり美姿勢になることこそがダイエットの近道なのだそう。ビタミンefにも創刊当初から熱心に登場してくれた兼子ただしさんの発言をまとめていくと・・・今回効果があって、ダイエットに最も重要なのはどうやらこの3つらしい・・・。

1:ストレッチでS字姿勢意識

姿勢をただしくする第一歩は「背中にS字カーブをしっかり作ること」であり、「背中をS字にするためにはお腹をしっかり常に伸ばす」こと。実は私たちが日常の姿勢を振り返ると、デスクワークをしていても電車に立って乗っていても、歩いている最中も・・・なかなか「お腹を伸ばす」という作業は難しいのです。背中は猫背、お腹は縮んだまま。でも・・・お腹を伸ばすってどういうこと? 「イメージでいうとおへそをしっかり上まで垂直に上げている感じ。呼吸と連動しながらおへそを引き上げていく。そうすると自然に背中がS字姿勢になっていきませんか?」(兼子さん)。気をつけるべきは腰が反り返りすぎないこと! S字を確認したら一度骨盤をしっかり返して(前傾)みて。イメージはおしっこをガマンするように力を入れ、お尻の穴を地面と平行に戻していきます。「柔らかくなるのは進化。硬くなるのは退化」というのは兼子さんの口癖。とくに日常生活では「お腹の柔らかさ・柔軟性」がポイントになってきます。「SSS」の優等生だった杉本彩さんの姿勢を見直してみてください。立っていても座っていてもきっちりS字姿勢ができていませんか?

2:伸びランニング

ランニングと言っても、兼子さんの「ラン」は実は全身ストレッチでもあるのです。S字姿勢を意識しながらしっかり全身で正しい姿勢とフォームでゆっくり走るだけ。ひざも傷まず理想的なフォームを身につければ疲れない。脚の後ろをしっかり使い、効率的に有酸素運動をしながら、全身の筋肉を伸ばしていくのです。この兼子式ランで1万人もの人たちが簡単に30kmも走れるようになったのだとか。雰囲気は歩く延長。ウォーキングの延長として、ランニング入門としてもこの「伸びランニング」はオススメ!

3:玄米食=白い炭水化物禁止!!

炭水化物抜きダイエット・・・はありふれているし、糖質制限などというフレーズもよく耳にします。兼子式では炭水化物を「玄米」に置き換える。パワーは残しつつ、白い炭水化物は禁止!今回の「カラダ総選挙」では全員、白米をできるかぎり玄米に置き換えていました。まさに42才にて「現役キックボクサー」(日本ランカー)としての減量経験が生かされているのだそう。「僕はソーメンも食べませんね」。一見ヘルシーに思えるソーメンも「白い」という理由で排除しているのだとか。

 

とにかく健康的に正しく無理せずやせよう!というのが兼子式理論。今後、この記事に続いて『ストレッチの達人~カラダ総選挙』のグランプリ受賞者以外でも驚きのBEFORE→AFTERをどんどん公開していきます。

今すぐ詳しい内容を知りたい方はドSストレッチトレーナー兼子ただしのオフィシャルブログ『S字で日本は変わる!』 http://ameblo.jp/ssskaneko/ をチェックしてみて!

(撮影/鈴木敏弘)

表紙Sレッチング

ランのコツも解説つき!『兼子ただしSレッチングのすべて』(主婦の友社)。DVD68分。

 

 


2013/08/20 | | 記事: