Diet

水分だけじゃない!?魅力的なスゴイパワーが「スイカ」に隠されていた!!

41

先日、無期限活動休止中だった『モー娘。』のOGでもある“ゴマキ”こと後藤真希さんが久しぶりのTV出演でその美貌が話題になっていたことを知っていますか??

いくつになっても、キレイだな~と関心した人も多いかと思います。そんな、ゴマキさんは美の秘訣としてとりいれているフルーツがあるんだとか!それは、いまのこの暑~い季節にぴったりなフルーツ「スイカ」なのです!!

意外にも、「スイカ」には美肌や美白、デトックス、ダイエットなどのあらゆる美容効果に期待できるらしい。。。そこで、今回は夏の風物詩でもある「スイカ」に注目!!

意外と知らない「スイカ」のこと

誰もが、夏食べたくなる果物といえば「スイカ」ではないでしょうか?甘い果汁と“シャリッ”とした食感がとても印象的な果物でもあります。

※ ここでは、スイカは果物として扱わせていただきます。。。

成分は95%が水分。夏の熱中症対策にもピッタリだといわれ、スポーツドリンクと同等の効果が得られるともいわれています。

栄養的には、たいしたことがなさそうなイメージを持つことが多いのですが、意外にも多くの栄養成分をバランスよく含んでいるのです!

「スイカ」の栄養&効果

カリウム

カリウムが不足すると高血圧をはじめ、無気力になったり、夏バテや不整脈、心不全などの不調を起こしやすくなってしまいます。スイカにはそのカリウムが豊富に含まれています!

カリウムには、

・優れた利尿効果

・余分な水分の排出を促進効果

・塩分の排出を促してくれる効果

など、高血圧を予防し、あらゆる生活習慣病の予防にもつなげることのできる効果に期待できます!また、デトックス効果も期待できるので、体に蓄積されがちな老廃物の排出も促し、むくみの解消、改善にも。

リコピン

リコピンといえばよく耳にするのはトマトですよね。トマトの赤みはリコピンの色ですが、じつは「スイカ」の赤色もリコピンの色
リコピンは抗酸化作用が強く、その作用はベータカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上といわれています!

だけど、リコピンは熱することで栄養が吸収しやすくなる成分なためで、加熱して食べることが皆無な「スイカ」の場合はちょっともったいないですよね……。

 

シトルリン

スイカから発見された、最近注目されているアミノ酸の一種です。血行が良くなるため、筋肉増強、冷え性改善、疲労軽減、抗酸化作用、細胞の老化抑制、むくみ防止……他、沢山の効果があるとされています。実は、赤い実の部分よりも「スイカ」の皮の方が、約2倍ものシトルリンが含まれているんだとか。いつもは食べていない皮も、少し挑戦してみてはいかがでしょうか?
ちなみにこのシトルリン、「スイカ」やメロン以外にはほとんど含まれてないんだとか。とても基調な栄養といえますね。せっかくですから夏の間は積極的に摂ってカラダを元気に保ちたいですね!
もちろん、ダイエットの助けとなる糖質分解酵素のマンノシターゼや、美肌美白効果に期待できるシステインも。

これからの暑い夏、紫外線ダメージを受けた肌のケアにもぴったり!

知っておくと得スル!美味しい「スイカ」のチェックポイント3

よく「美味しいスイカは音がちがうんだよ~。」といってポンポンと叩いている人を見たことはありませんか。でも、まだ買っていない「スイカ」に対してそんなことして大丈夫なのか、ほんとにそれだけでわかるのか、などと思うことあるかと思います。

そんなことよりも簡単な美味しい「スイカ」の見分け方をご紹介★

1 スイカの模様をチェックすべし!

皮よりちょっと浮き出てデコボコしているほうが、甘いそうです。

2 ツル部分をチェックすべし!

ツル部分の凹み具合が大きいほど甘いといわれています。

3 スイカのおしりをチェックすべし!

スイカは古くなってくるとおしりが黒くなってきます。おしりが緑のものを選ぶようにしましょう。

 

いかがでしたか?

とくに、スイカを摂り入れる方法として多くの人が実践しいるのが”朝にスイカを食べる”まさに、「朝スイカ」

生のままでも手軽に食べられる上、水分が豊富なので、食欲が落ちる夏場でも口に入れやすいのです。また、脳が睡眠中に消費したブドウ糖を手軽に補給できるため、朝から頭をしゃっきりさせるのに最適だともいえます!

今年は、スイカをうまくとり入れて夏を乗り越えてはみませんか★

 


2014/07/23 | キーワド: , , , , | 記事: