Diet

日本女性に多い下半身太りの原因は、「塩」の摂り過ぎ!?塩抜きダイエット

Fotolia_61728922_Subscription_Monthly_M

最近、TVや雑誌でもよく目にすることが多くなっている方法のひとつに、今回紹介する塩抜きダイエットというものがあります!みなさんも、聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、「塩は、ほとんどの料理に使われているし、どうやってセーブしたらいいのかわからない」という素朴なギモンに悩む方も多いかと思います。そこで、今回その気になるギモンも含めて、調査してみました★

なぜ、塩が太る原因につながるの?

人の体の半分以上が水分だということは、知っているかと思います。その水分を保つために、浸透圧として、塩、つまり塩分が必要となっていることは知っていましたか?

通常の食生活をしていれば、体重の6割ほどが水分となるんだそう。

しかし、塩分を過剰に摂取すると浸透圧に変化があらわれて、その変化に対応するために体内の水分量を増やそうとする働きが起こります。

そうして、体内の水分量が増えることになり、それが体重の増加、むくみ、太ることに結びつくということです。

意外な落とし穴!?ノンオイルドレッシングの塩分量

低カロリーで栄養バランスもよい生野菜をダイエットに取り入れている方、「ドレッシングもノンオイルのものにしているから、いくら食べても安心♪」なんて思ってはいませんか?

実はノンオイルドレッシングには意外と塩が多く入っているのです。

安心してドレッシングをかけすぎていると、太る原因となりますので注意してください。

ちなみに、和風ドレッシングやしょうゆを使ったノンオイルドレッシングには要注意!約大さじ1杯(15g)で食塩相当量が0.9gと、ドレッシングにしては多いものが多いようです。

サウザンアイランド、フレンチドレッシングなど洋風ドレッシングは比較的低塩です。見分けがつきづらい場合は、最近だと「減塩ドレッシング」とかいてあるものがあるので、安心して選ぶことができますよ♪

Fotolia_46339949_Subscription_Monthly_M

また、ドレッシングだけでなく、色々な調味料にも塩は含まれているため、チェックしてみてくださいね。

塩の過剰摂取で食欲が増加!?

過剰摂取といってきましたが、どのくらいで“過剰”になってしまうのか、気になりますよね。一般的にいわれている1日に必要な塩分量は最低でも1.5~3グラムといわれています。(場合によっては、5グラム~7グラムともいわれているようです)ちなみに、日本人の1日の平均塩分量は、約11グラムなんだとか……、完全にオーバーしていますよね(笑)。

また、過剰摂取な塩分は、実は食欲増加をさせてしまうことも。。。それは、塩分濃度をうすめるために、脳から水分と食事量を増やすサインが出るからなんだそう。

3日坊主でも安心!3日間塩抜きダイエットの方法☆

さて、ながながと「太る原因につながる」「塩分は過剰摂取してはいけない」と説明してきましたが、ここからは塩抜きダイエットの方法を紹介……といっても、普段の食事からできるだけ塩分を減らす生活をするだけという簡単なことをやっていくだけなのです!

まずは、お試しに短期間集中コースからはじめましょう♪

スナック菓子など塩分の多いものは禁止!

まずは基本中の基本!
体から出る塩分が体に入る塩分よりも多いのは原則として禁止!塩分の多いスナック菓子やカップラーメンなんて、もってのほかなのです。
「味の濃いもの」も控えるようにしましょう。
さらに、いいますと体から塩分が抜けてきた2~3日目はもっと出すためにも、塩分を一切取らないくらいでもいいんだそう。某お菓子メーカーによると、ポテトチップスの重さの約1%の塩分が含まれているといわれています。つまり、60グラムのパックだったら、0.6グラム、80グラムのパックなら0.8グラムとなります。これだけで、一日の必要な塩分量の約3分の1摂取したことになってしますのです。

水分補給はこまめに!

意識して水分を取ることで初めはむくんできますが、気にするはありません!
そのわけは、こんなメカニズム!

① 初めは水分が、塩分の多い体に吸われていきます。
② そして、体内の塩分の濃さが薄まったところで、塩の排出が加速します。
③ そうなってしまえばむくみもどんどん取れてます。

そうして、今後、むくみにくい体質になるわけなんだそう。

果物など、カリウムの多い食品を食べる

カリウムを摂取することで、そのカリウムに体内の塩分が釣られて体外に出てくれます。
バナナや果物はオススメ。
塩抜きをすると体内のカリウムも若干不足がちになるので、補給もかねて食べておきましょう。

マグネシウムを共に排出するので便が柔らかくなり便秘解消にもなります。ただ不足しないようマグネシウムの補給もしておきましょう。

4日目から普通食へシフト! 

いくら現代人は塩分を取りすぎているとは言え、塩分は体に必要なもの。。。徹底した塩抜きを長く続けるのは危険ともいわれています。
塩分が不足すると……フラフラしてめまいのような症状が出たり、夏バテのような症状を感じる恐れも。長期間、極単に塩分をなくすと、熱中症のような症状にもなるのでやりすぎは禁物。
また、だいたい、2日目くらいから余分な塩分が抜けて、3日目で宿便などが出て行くといわれているので、4日目には元の食事に戻しましょう。でも、「リバウンドしてしまったら」と、考えるとよりストレスを感じてしまうかもしれませんよね。その場合は、なるべく塩分は控えめな食事を心がけて自分自身でコントロールしていきましょう!

 

普段のあなたの食事はどうでしょうか?自然と選んだものや作ったものに塩分が過剰に入っている場合があるかも。。。

塩抜きダイエットを始めていると、普段よりも塩分が少ないのでなんだか味覚も薄れて、塩分が恋しくなる場合は、こしょうやハーブなどのスパイスで味に変化をつけたり、レモンをかけるなどで対策をとってみてください!

減塩生活はきっと、あなたのダイエットを応援してくれますよ❤

 


2014/08/08 | キーワド: , , , | 記事: