Diet

20代からやるべき美の秘訣 ~増渕聡美さん編~

ZACC 増渕さんi[1]JPG

お腹が減ったら食事をとる、疲れたら睡眠……そんな当たり前の日常を過ごしていては、体は老いていく一方! 実は20代から老いは始まっているんです。今回は、日々の生活の中で簡単に取り入れることが出来る美容法をご紹介します。今日からはじめて、未来の自分へ美をプレゼントしてあげましょう!
今回、20代からやるべき美の秘訣を紹介してくれるのは、ヘアサロン「ZACC vie」のスタイリスト・増渕聡美さん。サロンワークに加え、数々のファッション誌でヘア&メイクを担当しています。女性ならではの視点でトレンドを常にキャッチして、繊細なヘアデザインを提案してくれます。

 

増渕さんの20代のころ
20代はスタイリストデビューして緊張の毎日だった増渕さん。大人っぽく見せようと髪を伸ばすもただのバサバサ髪……。これではダメだと思って、お風呂あがりにお肌にベビーオイルを塗るなど、美の習慣を身につけたとか。

増渕さんがオススメする20代にやっとくべき美容テク

1、脚のむくみはその日のうちに
「1日中立ち仕事で脚がパンパン!なんてことはよくありますよね。寝ている間にむくみもリセットしましょう。睡眠専用の着圧ソックスは、寝ながらむくみをリセットしてくれます。厚手と薄手を使い分ければ1年中着用できますよ。」

 

2、お風呂あがりに必ず体にベビーオイル
「お風呂上がりの化粧水、乳液など、顔だけお手入れしてませんか。ボディにも忘れずにベビーオイルを塗ってケアしてあげましょう! コスパのいいオイルなら続けやすいし、ケチケチ使う必要もありません!」

 

 

3、タンパク質成分が入ったシャンプー&コンディショナーがおすすめ
「カラーやパーマ、コテで巻いたりして日々髪は傷んでいます。髪は傷んでからじゃ遅いんです! 髪と同じ成分のタンパク質が入ったシャンプー&コンディショナーを使って、髪や頭皮もケアしましょう。髪をゴワつき感が消えてほめられヘアに♡」

 

4、21時以降の食事は野菜中心に
「夜遅い時間の食事やお酒は体に悪いけど、飲み会の席では気にしないでお酒を飲みたい!そんな人は、21時以降は炭水化物を避けてサラダなどをメインにしましょう。お酒をたくさん飲んでも二日酔いせず、むくみも軽減します。」

 

増渕さん流20代からやるべき美容法はいかがでしたか。あなたも今日から健康美人を手に入れましょう!