Diet

脳をだます!?やせるとうわさの『アロマテラピーダイエット』のこと。

Fotolia_61192104_Subscription_Monthly_M

食の秋といわれるくらい、美味しいものであふれている今の季節。みなさんは、自分の食欲にしっかりとブレーキをかけることはできていますか?

確かに、食べても太らないという人はいますが、全員がそのような体質というわけではありません。

「でも……、秋だし、美味しいものが食べたい!だからといって、運動はしたくない!もっと、簡単にやせられる素敵なダイエットをしたい!」という方。。。

……あるんです、実は(笑)。

それこそが、『アロマテラピーダイエット』!!なんだか、女子っぽいし簡単にやせることができそうな響き★今回は、このダイエット方法について紹介していこうと思います。

香りで脳をだますとやせる!?

ダイエット法といえば、まず思い浮かぶ方法が「運動」と「食事制限」によるものかと思います。しかし、実は脳をだますこと、あやつることが大切なのです。

脳は食欲や睡眠、血行など生きるために必要な活動をコントロールしていますが、ストレスを感じるとそれらがうまく調節がきかなくなってしまうんだとか。

たとえば、悩みや困ったことがあった日は、なんだか食欲がわかなかったり、反対にもうお腹はいっぱいなのに食欲が止まらない!!なんて経験はありませんか?その食欲をコントロールしているのは、ずばり脳の役割だといわれています。

つまり、香りは、脳にストレスを与えないためのひとつの方法なんです。そして、やせ体質に導いてくれるものでもあります。

ここからは、ダイエットに効果的だといわれているアロマをいくつか紹介していきたいと思います。あなたに合う香りがみつかるかも♪

食欲をコントロールできちゃう”アロマ3

やっぱり、正しい食事をすることが大切。食べない日があったり、暴飲暴食になってしまう日があったりするのはやはり問題なのです。そこで、こんなときに使えるアロマを紹介!

まずは、食欲がでるオイル!やはり、食べ物を連想させる香りが一番!

香りたちが、脳の交感神経に働きかけ、食欲を蘇らせてくれるんだとか!!

*おすすめオイル

オレンジ(ミカン科)→消化促進、精神安定、空気中の殺菌

レモングラス(イネ科)→鎮静、鎮痛、抗炎症、虫除け

レモン(ミカン科)→末梢血管拡張(血行促進、静脈瘤、痔)、血圧降下、血糖値低下など

逆に、食欲を抑えるオイル!こちらは、食べ物とは反対に花の香り。女性的な甘い香りが特徴的で、気持ちを抑えてくれる効果があります。あわせて、女性的な華やいだ気持ちにさせてくれるので、食事を連想させない効果があるのではないかと思いますよ。

*おすすめオイル

ローズ(バラ科)→皮膚組織強壮、精神的強壮など

イランイラン(バンレイシ科)→鎮静、抑うつ、降圧、ホルモンバランスを調整する

脂肪燃焼効果に期待できちゃう”アロマ3

実は、肥満を解消するには脂肪は、脂肪でも中性脂肪を燃焼させなくてはいけないということを知っていましたか??その中性脂肪を燃焼させるには、性脂肪を遊離脂肪酸とグリセリンに分解し、その遊離脂肪酸を燃焼させ二酸化炭素と水に酸化させることが必要なのです(ちょっと、小難しいんですが……)。

 

その酸化を促してくれるというアロマがあるんです。その香りは、交換刺激を刺激し活性化させてくれ、ノルアドレナリンの分泌を促進してくれます。

そのため、ダイエット効果に期待ができるといわれています。

*おすすめのオイル

グレープフルーツ(ミカン科)→リンパ系を刺激してむくみを改善、空気中の殺菌、消化器系の促進、利尿など

ブラックペッパー(コショウ科)→胃腸の調子を整える(消化促進、食欲増進、緩下、駆風)、血行を促進するなど

フェンネル(セリ科)→エストロゲン様、催乳、子宮収縮、胆汁排泄など

 

……、まだまだ紹介していきたいところなのですが、今回はここまで!

ここでは、出てきていないアロマにはダイエット効果に期待できるものがたくさんあります。もちろん、ダイエット以外にも、快眠に導くアロマや鼻づまりを抑えるアロマ、頭痛を抑えるアロマなどたくさん効果があることがわかっているみたいですよ。

アロマも、奥が深そうですね!これからの季節は特に、アロマに頼ってしまう女性も多いはず。。。

アロマを賢く、使っていきましょう~♪


2014/09/30 | キーワド: , , , | 記事: