Diet

呼吸を意識すればヤセる…!?それなら出来そうな気がする。【花岡正敬さん第2弾】

スクリーンショット(2014-10-08 12.53.30)

前回は、“姿勢がゆがむとお腹がポッコリでちゃう理由”をお伝えしましたが、さてさて、今回は実践編。実際に姿勢を正す呼吸法(正すことによってお腹が凹んだりヤセやすくなる)を今回も「たった1分でお腹が凹む「やせる姿勢」のつくり方」の著者であり、理学療法士&ボディデザイナーの花岡正敬さんに教えて頂きましょう!

(1)   インナーマッスルを目覚めさせる呼吸法【お腹呼吸】

では本題。まずはインナーマッスルを目覚めさせることから始めましょう。

息を吸うときにお腹を最大限に膨らませるように意識しながら行なってください。

お腹呼吸は、息を吸うと横隔膜が下がり、骨盤底筋も下に緩んでいきます。そして、息を吐くときは、緩んだ骨盤底筋を上に引き上げるように、おしりとお腹を引っ込める意識で行います。骨盤底筋が引き上げられると、腹横筋が中に引っ込んで、多列筋が脊柱を安定させてくれます。

14

 

(2)   インナーマッスルを正しく動かす呼吸法【ろっ骨呼吸】

お腹呼吸でインナーマッスルを目覚めさせたら、ろっ骨呼吸でインナーマッスルを正しく働きつづけるようにしていきましょう。ろっ骨呼吸は、お腹を引っ込ませ、お尻の穴を締めて呼吸する方法。意識して行えば骨盤底筋や腹横筋が締まり、多裂筋が安定してコアハウスがまっすぐ建つと内蔵や背骨がしっかりと支えられるようになるのです。

15

 

ふう。

いかがでしたか?

上手にできましたか?(ええっ! 一緒にやるとか知らない!)

 

それでは、ここからは一緒に「コアハウス」を意識しながら呼吸して読んでみてネ。

 

 

 

普段の呼吸が体の機能まで悪化させる!?

だいたい、ねこ背の人は背中が曲がってしまっているから、息を吸うときにろっ骨が広がらず、お腹を膨らませてしまうんです。お腹で呼吸をすると横隔膜が下がってくるから内臓が常に圧迫されて、腹筋を殆ど使えていない状態なんです。腹筋を使えないお腹はもちろんポヨポヨ。ねこ背の人は、いま自分のお腹に集中してみてください。胸ではなくお腹が動いていませんか?(大丈夫、これから良い姿勢にできますから!)

 

 

太ったんじゃなくて姿勢が悪い!?

見え方の問題もたくさんあります。例えば「お腹が出てるな」と感じて、実は反り腰だった!なんてことも。反り腰の人は最近の女性に多く、下腹部がポッコリ目立ちやすいのが特徴です。背中を反ってしまうから反動でお腹が前に出てしまうんです。反ってくると股関節が広がるから骨盤の幅も広くなるし、お尻もおちてしまうしフェイスラインもボヤケてしまったり…肩幅だって、姿勢で広くみえているだけ。相手って、なにも体重をみているわけではない。見え方で判断しているだけだから。まず姿勢をなおしてからトレーニングをしていったほうが効率もいいと思いますよ。

 

 

インナーマッスルを鍛えても太くはならない。

お腹が出たから腹筋やってます。っていう人がいますが、インナーマッスルを無視して外側の筋肉ばっかり鍛えているのは勿体無い! 外の筋肉は動かすための筋肉で、インナーマッスルは姿勢を正したり関節を支えるための筋肉だから、間違って外側の筋肉ばかり使っていては、体が曲がってしまったまま固定されてしまうかもしれませんよ。普通体型だった人が、鍛えたら逆にお腹が出ちゃった!なんてこともありますから。そもそも。結論から言いますと、インナーマッスルを鍛えても太くはなりません。アウターマッスルと筋肉の特性が違うんです。アウターマッスルは、魚で言うヒラメみたいな瞬発力の筋肉。対してインナーマッスルは持久力の筋肉で、インナーマッスルを引き締めるとガードルみたいにお腹まわりをカバーしてくれるんです、逆に、インナーマッスルを使えていないと、引き上げる筋肉がないから内臓もダルダルになってお腹まわりが太くなるんです。

9

骨盤の位置を正せば、便秘もなおる?

100%治るとは言えないけど、例えば反り姿勢の人は骨盤が前に傾いているから腸が前に出る。腸などの内臓は正しい位置にいないとぜん動運動が悪くなるんです。内臓は後ろ側は背骨で支えられているけど、前は皮フと筋肉しかない。ねこ背や反り腰で骨盤が傾くと内臓が前に押し出されて、インナーマッスルを内側からパンチしているような状態なんです。動きが悪くなるのもわかりますよね。

 

 

あとは、他にも股関節の入り口に鼠径部(そけいぶ)っていうところがあるんですけど、鼠径靭帯(そけいじんたい)があって、血管やリンパ管が流れている大事なところなんです。そこに姿勢が悪いせいで骨盤が倒れてくる。そうするとスムーズに血液が流れなくなって、低体温になってしまうことも。特に冷えるのは腹部。人によってはそれが不妊につながってしまう事もあり得ます。その他、便秘になったり、足が冷えたりする人だっています。姿勢は体の不調にもつながっているから、そういった意味では便秘が治るという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

10

 

内臓系の疾患だって、どこかしらにストレスがかかってくるわけだから姿勢が歪んでいたら、腸でも右と左でかかってくる圧が違うし、それが内臓系の疾患になったり、もしかしたら細胞系の問題も起こってくるかも知れないし…命に関わるかはわからないけど、少なからず要因にはなるかもしれない。生活習慣病だったり、内科系の精神病になっていく可能性だってありますから。心理面でも、ねこ背だと少しウツ傾向になったり、逆に反り腰だと落ち着きがない、緊張している…なんていうことにもなる。慢性的な痛みや精神のストレスまで幅広く関わってくるんです。単に「姿勢をなおそう!」というものでなく!

11

 

 

例えば「左の膝が痛い」と言う人が電気をあててもダメ、マッサージをしてもダメ。だったとしましょう。もしかしたらデスクワークの多い仕事で、右手ばかり使っていて、右側の筋肉が縮んでいるから左側に体重が乗って左足が痛くなっていた。なんてことも。片側の筋肉の縮みが問題なら、それを治さないことにはいくらマッサージをしたところで効果は望めません。

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

首の背骨の上から7番目のところで、背骨の前を通っていた交感神経が後ろへクロスして降りていきます。なので、顎が上がり首が前にでると常に交感神経を刺激する状態になって、めまいや吐き気や頭痛、寝つきが悪いとか、夜起きてしまうといった状態が起こります。いざ病院にいったら『更年期だからそれは付き合うしかないよ』といったネガティブな答えか、『交感神経ブロック打ちましょう』といった対処療法しか提案されませんが、その姿勢と首の位置を治したら状態が落ち着いたなんてこともあります。

 

 

意識だけではどうにもならないから根本的に背骨が丸まっているのを伸ばしてあげる、肩甲骨が内側にむいているのを戻してあげる。そうしたトレーニングを行なっていかないと。意識だけで変えられるトレーニングなんてないから。しかも姿勢が悪かった状態が長ければ長いほどエクササイズをしていかないとなかなかなおらないし、”エクササイズやったから大丈夫”っていう訳ではなくて、エクササイズを3分やったところで、のこりの23時間57分は何もしてないってままだと、姿勢はすぐ前のクセへと戻ってしまいます。

 

レントゲンだって見えない部分がたくさんあるし、8割近くの人が原因が不明確で『確定診断』がつかないんです。病院でもわからなかった原因不明の症状が姿勢でなおる可能性だってある…。みなさんも、1ヶ月、長いなあなんて思わずに、一度チャレンジしてみてください!

 

 

私自身、花岡さんに「完全にねこ背姿勢だね、首も肩も痛そう! フェイスラインも…(モゴモゴ)」と濁されましたが、もう本当に悩んでいるのですが最近フェイスラインがナメクジ化しているんです…早急に改善しないと! 改めて姿勢の大切さを気づかせてくれた花岡さん、どうもありがとうございました!

 

13

 

 

 

花岡正敬

2013ポロシャツ1

「たった1分でお腹が凹む「やせる姿勢」のつくり方」の著者。理学療法やピラティス、トレーニングなどの理論から理想的なカラダづくりを追求した独自のメソッド『IB(Ideal Body)メソッド』を考案し、現在までに3万人以上の身体改善のための施術・指導を行う。また、トリノ・北京・ロンドンパラリンピック日本代表のトレーナーとして選手のサポートを務めるほか、「健康」「美容」「医療」「介護」ジャンルのセミナー講師・コンサルティング業務・商品プロデュースにも力を注いでいる。

 

花岡正敬さんオフィシャルWEBサイトhttp://hanaoka-87.com/


2014/10/09 | キーワド: , , , , | 記事: