Diet

ヤセてる人と一緒に過ごして愕然!これがデブとヤセの違い…【奥田弘美さん2】

スクリーンショット(2014-10-15 12.42.59)

前回の【奥田弘美さんの記事1】では、小さい頃からダイエットを繰り返し、太ってはヤセ、太ってはヤセ…ずっと続くダイエット地獄から抜け出せなかった奥田さんが、ひょんなきっかけで「脳ダイエット」を実践し、ずっとスリムでいられるようになった経緯を追っていく第2弾! 「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」の著者である精神科医の奥田弘美さんに、お話をお伺いしてきました!

リバウンド続きだったダイエットに終止符!脳ダイエットでスリムな体に。【奥田弘美さん】

 

 

 

…続き…

 

それは奥田さんが大学生のときでした…

1泊2日の大阪旅行にいくことになった奥田さんと友達は、大阪についた日の夜は美味しい料理をフルコースで食べまくり、「もう入らない!」という状態でホテルに戻り就寝。

そして2日目の朝。ホテルの朝ごはんで事件は起こりました。

スクリーンショット(2014-10-09 17.05.34)

「お腹すいてないから、行かない。」友達はこう言ったのです。このとき、確かに先日の夜山ほど食べてしまっていたから、奥田さんもお腹がすいているわけではありませんでした。しかし、こともあろうに旅先で、高級な3000円の朝食ビュッフェ…。食べないなんてありえない!勿体ない!どうにか友達を連れ出すも、彼女は飲み物を少し飲んた程度で終了。奥田さんはこのときは健康食べ(3食きちんと栄養のあるものを食べる)を実践していたということもあり、朝食を抜く!なんてことは考えられませんでした。

スクリーンショット(2014-10-09 17.05.49)

…お昼…

 

大阪といえば食べあるきの街! たこ焼きにお好み焼き…街も賑わってワイワイ…

さすがに友達も…

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット(2014-10-09 17.06.02)

 

なんと彼女はその日の夜まで「だってお腹すかないんだもん」とほぼ何も食べずに帰宅したんだそう。そこで、初めて奥田さんは知ったのです。

 

 

「ああ、ヤセてる人は”お腹が減ってないと食べない”んだ!」

 

 

みなさん、もうお気づきですか?

これこそ”脳ダイエット”なのです。それは何をするでもない、とても簡単なこと! ただ純粋に、「お腹が減ってないと食べない」。それだけなのです。がっかりしましたか? 「なんだそんなことか…」。しかし、「そんなこと」が出来ない状況がごくごく自然に、ごくごく当たり前のように日常で起こっているのです。

 

大人になると「本能」ではなく「頭で考えて」食事をする。

私たちが小学生のころは、学校でもいっぱい遊んで、放課後も友達といっぱい遊んで、家に帰るころにはお腹が”グゥ~”。夕ご飯を待ちきれないほどにお腹が減っていませんでしたか?美味しい夕ご飯をお腹いっぱい食べ、スヤスヤ眠っていたあの頃。

 

では、いまの生活はどうでしょう。 ”健康にいいから”とお腹が空いていなくても自分の活動量以上の栄養を摂り、”付き合いは仕方ない”と、本当はそんなに食べたくもない料理を食べ…また、お腹が空いていないのに「新作のお菓子だ!」とお菓子をつまむ。

「お腹が空いたら食べる」。「そんなこと」が出来ない日常になっていませんか?

スクリーンショット(2014-10-09 17.02.44)

本来、きちんとお腹が空いたら食べる生活をしていたら太ることはないのです。(夜遅いご飯はカロリーを消費できないので別として)

 

奥田さんは実際に、この「脳ダイエット」を実践してからというもの、実践しはじめた35歳から現在まで、ほぼ10年間、身長163㎝、体重50kg、BMI約19という体型を苦もなくラクに自然に維持されているんだそうです。(※冒頭の発言参照)

これは、モデル張りの超スレンダー体型ではないものの、一般人レベルでは十分なスリム体型。洋服は7号(S)か9号(M)を着られ、ファッションも自由に楽しみ、たまにはアイスクリームやケーキも食べたくなれば食べる。そして人からは「スリムでいいですね」としょっちゅういわれてしまう…。

スクリーンショット(2014-10-09 17.02.50)

本当に、それだけ! 確かにバランスよく食べるのも大事だし、体重が標準よりかなり上になってしまっている人は炭水化物をすくなめにした方が良い、など…もっと気をつければいい点は色々とありますが、根本的には空腹感をしっかり感じて食べるという本能に従えばいいのです。“「頭」で考えて食事をしない”ということ。

 

 

いかがでしたか?

これだけのシンプルなことを実践するだけで、ずっとリバウンド知らずのスリム体型が手に入ってしまうのです。さあ、あなたも子供のころの自分を思い出して、実践してみてはいかがでしょう。

 

 

「お腹が減っているときのご飯は、何よりすっごく美味しいですよ!だから自然にお腹が空かない限り食べなくなるし、変な食い意地も減ってきます」

と、素敵な笑顔で取材に応じてくださった奥田さん。

次回はそんな「脳ダイエット」のコツをご紹介! ”一生スリムでいるための脳の使い方”って…!?

 

よーし、まずは子供に戻るイメージトレーニングからはじめなきゃな!

スクリーンショット(2014-10-09 17.13.04)


2014/10/21 | キーワド: , , | 記事: