Diet

お腹やせしたいなら、腹筋よりも”骨盤底筋群”を鍛えるべき!

2

若いころはちょっと努力すれば体重を減らせたけど、年齢を重ねるとなかなかお肉が落ちてくれませんよね。とくに、下腹のポッコリがまったく解消されない……なんて悩んでいる人多いんじゃないでしょうか?

そのポッコリお腹の原因はもしかして“骨盤底筋群”の衰えかもしれません。これまで、お腹やせといえば“腹筋”や“背筋”を鍛えるのが常識でしたが、そんなの今すぐやめて“骨盤底筋群”を鍛えてください!!

 

骨盤底筋群って?

「骨盤底筋群」と呼ばれる筋肉群は骨盤の底に位置し、尿道・膣・肛門の3つの器官をハンモックのように支えています。筋肉の一種なので、鍛えなければ加齢によってどんどん衰えていく一方です。

衰えた骨盤底筋群はポッコリお腹やお尻が垂れる原因、さらには膣の締まりが悪くなって尿漏れを引き起こします。

1日たったの数分でOK!座ってもできる簡単な骨盤底筋群エクササイズをご紹介します。

1

骨盤底筋群エクササイズ!

腰回しエクササイズ

①両足を肩幅に広げ、腰を時計回りに10回ずつまわす

②逆回転も10回ずつまわす

※ ポイントは円を描くようなイメージで腰をまわすこと

3

肛門締めエクササイズ

①椅子に座った状態で脚を肩幅に広げる

②頭の位置を変えずに腰(骨盤)だけを後ろに倒しながら、肛門をキューッと締める

③腰(骨盤)を元の位置に戻す

④5回繰り返す

5

尿道締めエクササイズ

①椅子に座った状態で、脚は閉じる

②腰(骨盤)を前に倒しながら尿道をキューッと締める

※トイレを我慢しているイメージ

③5回繰り返す

6

いかがでしたか?一見お腹に効くのかわからない動作のように見えますが、実はコレがかなり効くんです。まずは試しにやってみてください。

 

骨盤底筋群は身体を支える大切な部位で、姿勢やボディラインに大きく影響してきます。とくに、デスクワークが多い人は座りっぱなしで筋肉群が衰えやすいので、今日からさっそくエクササイズをやってみてくださいね!