Diet

太りにくくなる!?ダイエット中のおやつは「食べる時間」がカギだった❤

bys2014112713

☑「エネルギーの源に!」

☑「ストレス解消に!」

☑「癒やされたいときに!」

そんなときに、食べたくなるものこそがおやつ!!でも、ダイエット中のおやつは禁物!と考えて、セーブしてしまいますよね?一時期は、それでガマンできるかもしれないけど、どんどんガマンがストレスに変わって、終いには“やけ食い”をして今までの努力がパーになってしまった方も(汗)。

そんな失敗を繰り返さないためにも、ダイエット中のおやつの摂り方を紹介!

そのなかでも、今回は、そのカギとなる「時間」について、注目していきたいと思います。

太りにくくなる時間帯とは?

「甘いもの」=「太る」という事実は変えられないもの。だけど、太りにくくする方法はあるのです。それこそが「時間」。よく、食後のデザートといいますが実際のところどうなのでしょうか……?リサーチしてきました。

正解はどれ!?食前?食後?食間?

ずばり、このなかで一番のNGは、「食後」!!それには、ちゃんとしたワケがあったのです。

食事をすると血糖値が上昇します。しかし、その血糖値を一定に保つために「インシュリン」が分泌されます。インシュリンには血糖値を一定に保つ働きの他に、エネルギー消費されなかった栄養素を脂肪として蓄える働きがあるんだとか!

……まさに、食事をする→デザートを食べる→インシュリンが大量に分泌される→脂肪が蓄えられやすくなる→太る!!という最悪なサイクルに入ってしまうのです。。。

ということは、適した時間は「食前」と「食間」のどちらか……。

答えは、「食間」!!!

食事をして2時間くらいが経過して「少しお腹が空いたな~」くらいの頃におやつを食べると、血糖値の急激な上昇が防げるんだそう。

これなら、ガマンしてストレスでドカ食い!なんてことはなさそう★

ズバリ!!太りにくい時間は、いつ??

太りにくいタイミングは、「食間」ということが分かりましたが、それがいつの食間かが重要!残業を頑張って、帰宅してから食事をしてその2時間後におやつ……これは問題外!!夜の10時から午前2時までは最も脂肪を多く蓄積しやすい時間なのだとか。

逆に、もっと少ない時間は、午後3時といわれています。比較的生活時間が安定している人なら、午後3時から6時の間に1日で一番体温が高くなるタイミングです。体温が高いときは、カロリーの消費が多く代謝の良い時間帯。つまりこの時間帯は食べても太りにくい、ラッキーなおやつタイム!!

「3時はおやつの時間!」は、理にかなっているものだったんですね♪

いかがでしたか。

ダイエット中に怖いのは、リバウンド。その大きな原因が、ストレスによるもの。ガマンはある程度は必要ですが、度を過ぎるとそのうち、食欲が爆発的に多くなってしまうかもしれません。おやつを食べる時間を調整して、ダイエットとうまく付き合っていきましょう♪


2014/11/30 | キーワド: , , | 記事: