Diet

「冬太り」回避のキーワードは”褐色脂肪細胞”!? 冬こそやせるヒミツ❤

bma204120801

冬は脂肪をためこもうとするから太りやすく、ダイエットしてもムダ!と思われがちです。さらに、夏とは違って薄着をしないから身体のラインもわかりづらいし、ついついダイエットがそっちのけに。でも、実は冬こそダイエットすべき時期だったということを知っていますか?とあるキーワードがポイントです。  

冬のほうがやせる理由

外気の温度が10度以下になると、身体は体温を維持するために体内で通常よりも多く熱を発生させます。平熱の36度を保つために熱を作り出したり、内臓を冷やさないようにするために働くことでエネルギーが消費され、代謝がグンとアップします。つまり、外気が寒ければ寒いほど、代謝が上ってやせやすくなるというわけです。

キーワードは“褐色脂肪細胞”

冒頭で述べた、とあるキーワードとは“褐色脂肪細胞”のこと!褐色脂肪細胞は、エネルギーを燃やす細胞のことです。身体が寒さを感じると、白色脂肪細胞というエネルギーを蓄える細胞から褐色脂肪細胞が燃料を受けとり、それを燃やして熱を生み出して体温をあげます。

簡単に説明すると、褐色脂肪細胞は「体熱発生装置」ということ!身体のなかでエネルギーを消費して体温を上げるヒーターのような役割を果たしているのです。体温を上げるヒーターがしっかりと働くと、その分エネルギーが消費されてやせにつながります。

細胞の働きには個人差がある!?

そんな褐色脂肪細胞、実は筋肉の強さや骨格の太さと同じように、人によって活動能力に差が出ます。褐色脂肪細胞の動きが活発な人は、多少食べ過ぎてもエネルギーを体温に換えることで太りにくくなります。しかし、褐色脂肪細胞の動きが鈍い人は余分なエネルギーが体脂肪として身体に残ってしまい、さらに太ってしまうのです。

ちなみに、褐色脂肪細胞は減ることはあっても、増えることはありません。さらに、人間の身体は使われている部分ほど活性化します。逆に、使わない部分はどんどん衰えていってしまうので、褐色脂肪細胞も「体熱を発生させる!」という機会をなるべく増やすことが大切なのです。

褐色脂肪細胞を活発にさせるには??

体温調整のポイントとなる褐色脂肪細胞を活発にさせるには、温度差の刺激を与えるのが一番効果的。さらに、活性脂肪細胞が集まっている部分を刺激することもポイントのひとつです。

褐色脂肪細胞が集まっている場所は、首の周囲・肩甲骨の周囲・ワキの下・腎臓の周囲です。この場所を意識しながら以下の活性化方法をお試しください!

ヒートショックプロテイン効果を利用する

温度差の刺激を与え、身体が熱を発生させると「HSP(ヒートショックプロテイン)」という傷ついた細胞を修復する働きを持つタンパク質が増えます。私たちの身体にある約60兆個の細胞、そのほとんどがタンパク質でできています。HSPは日々のストレス等で傷ついたタンパク質を修復する、ありとあらゆるタンパク質の「なんでも屋さん」ということ! そのHSPを発生させることが、活性脂肪細胞を活性化させることにもつながります。

身体に熱を与えるってどうやるの?と思われがちですが、簡単にHSPを引き起こす入浴法があります。

HSP入浴法

①40℃のお湯ならば20分、41℃ならば15分、42℃ならば10分つかること。入浴中は、お湯の温度が下がらないようにお風呂のふた閉めて、首だけだすようにするのがポイント。

②入浴後は上がった体温を保持する。タオルやバスローブで10~20分保温します。保温中に冷たい飲み物を飲むのは我慢する。

③保温後は自然に体温を戻します。そのあとは、冷たい飲み物など、お風呂上がりのビールもOK!

※途中で湯船からでて休んでもかまいません。ただし体温を下げないように気をつけること。

ちなみに、HSPの効果がは入浴法を行ってから2日後といわれています。週2回、HSP入浴法を行うのが理想的です。

◆シャワーで温冷効果をゲット!

長時間お風呂に浸かる時間がない!という人は、シャワーで冷たい水と熱いお湯を交互に5回ずつシャワーで浴びるだけでも大丈夫。褐色脂肪細胞が刺激されるのはもちろん、冷たい水で血管が収縮し、熱いお湯で血管が開くことによって、血行がよくなります。血行がよくなると、自然と代謝もよくなってやせやすい身体へとつながります。

冷たさを感じて褐色脂肪細胞を刺激することが重要ですが、急に冷水をあてて身体をびっくりさせたり、長時間のあてすぎには十分注意しましょう。

 

おわかりいただけたでしょうか?寒いと感じることで、脂肪燃焼がどんどん促進されるので冬のほうがやせやすい身体ということになります。“寒いと感じる=エネルギーが消費されている!”という意識を持つと、普段の歩き方もちょっとは変わるんじゃないでしょうか?さっそく、明日からはあえて薄着にして冬の寒さを感じながら歩けば、アナタも冬太りとは無縁な身体になれるかも❤