Diet

シーン別!ダイエット中の食事法マル秘テク❤【インナービューティープランナー 木下あおい先生②】

bma2014120901

前回の「木下あおい先生の記事1」では、綺麗にダイエットするには“油”が大切だというお話をしました。今回は、ダイエット中にありがちなシーンや、とくにカロリー制限のないメニューをうまく食べるテクニックを紹介します。

ちなみに、木下先生が提唱しているダイエットは“絶対にコレを食べなさい”というものではありません。その人のライフスタイルによって食材やメニューを選ぶことで、良い面と悪い面があると考えています。だから、“こういう時にはこうすると、より自分が綺麗になれる❤“と考えながら食べるのがポイントだそうです!

美人な女性は“手作りドレッシング”で綺麗になっていた!?【インナービューティープランナー 木下あおい先生①】

ダイエット中の食事法マル秘テク

◆基本的な食事の食べ方!

ダイエット中は糖質を食べると太ってしまうので、ポイントはごはんとおかずを分けてたべること!お腹が空いているときに食べる最初の一口は吸収率がとても高いんです。だから、ごはん(糖質)を先に食べるよりも野菜(食物繊維)やお肉(タンパク質)をまず食べるといいそうです。

汁物があればまずはそれで空腹を抑えるのも定番の食べ方ですよね。

 

間食の正しい食べ方!

どうしても我慢できないときは、シフトするのが良いんです。すぐに甘いものを食べるのではなく、ナッツなどの脂質をチョイスすること。さらに、木下先生がおすすめするのは、コンビニでも手軽に買える「あたりめ」。間食は一種のクセなので、よく噛むことで満腹中枢を刺激しましょう。

ちなみに、野菜ジュースは甘みのひとつだそう。一見ヘルシーで朝食代わりにもなるのかと思いきや、野菜ジュースはまったく栄養素がないそうです。甘いものを欲したときは、野菜100%で、果物の糖分が入っていないものを選びましょう。

 

定食屋に行ったときの食べ方!

ダイエットの定番・魚メニューか、野菜たっぷり・ヘルシーな肉メニューで迷うこともあるはずです。定食屋に行ったときは、ニキビや便秘などのトラブルがある場合は魚メニューを、そうじゃなければ豚しゃぶサラダなどのシンプルな肉メニューを選んでもOK!

お肉の油は血液をドロドロにしやすく、魚の油は身体になじみやすいので血液が綺麗にサラサラすると言われていますが、一番大事なのは“その時自分が何を食べたいか”ということでもあるんです。

 

◆ファミレスに行ったときの食べ方!

今回は、限定してハンバーグかステーキで比べてみました。こちらは断然ステーキのほうがおすすめ!理由は、ハンバーグのミンチはくだかれてから時間がだいぶ経っているので、非常に酸化が進んでいるからです。それにパン粉とかも混ざっているので、原型であるステーキのほうがいいということ。

ちなみに、ステーキはレアで食べるのがおすすめだそう。加熱することによってAGEと呼ばれる老化因子が増えるので、加熱している時間が短いものの方がダイエットには適しているのです。

 

焼肉屋に行ったときの食べ方!

お肉は赤みのお肉がおすすめですが、お肉の種類や部位よりも、“しっかりよく噛んで、一回一回お箸を置くこと”に気を使うことが大切。さらに、さっきも言ったように食材を加熱するとあまりよくないので、レアで食べるのがいいそうです。

お肉のレア焼きには不安がある人もいますが、それはもう自分が満足するレベルのレア加減で大丈夫(笑)。不安がりながら食事するのは身体にもよくないし、なにより美味しく食べれないはず!とりあえず、焼き時間が少ないほうが老化因子が少ないということを覚えておいてくださいね。

また、お肉のあとのシメの麺類やアイスのほうがむしろ太る原因なので注意しましょう。

 

◆カフェに行ったときの飲み方!

食事がしたいわけじゃないけど、仕事中や待ち合わせでのちょっとした合間にカフェに入ることも多いはず。そんなとき、ダイエット中ならどんなにKY(空気よめなく)でも、コーヒー1杯で済ませるのが木下先生流(笑)。

ちなみに、木下先生はスターバックスに行ったときは「ディカフェ(脱カフェイン処理した、カフェインレス・コーヒー)」を注文するそうです。カフェインの摂りすぎもよくないし、結局コーヒーの豆も酸化しているものなので、なるべく避けているそう。ぜひこれは真似してみたいですね!

 

◆友達と一緒にいるときの食べ方!

ダイエット中に友達や会社の同僚と食事をすると、どうしても誘惑が増えますよね。でも、そんなときはメリハリをつけて逆に食べちゃいましょう。そのかわり、自分ひとりの時間では絶対に食べないという風にして、どこかで折り合いをつけるのがポイント。

大事なことはメンテナンス。食べたことを後悔するのではなく、食べたあとにどうするかというのをポジティブに考えることが大切なのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?シーンごとに分けてみると、かなりたくさんのポイントがありますね!全てできなくても、ひとつひとつ気づいて習慣にしていけばあなたのダイエットもきっと成功するはずですよ♪

 

 

今回お話を伺った方

木下あおい先生

 

bma2014120801

日本ビューティーインナーダイエット協会代表。インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。自信が運営するダイエット専門料理教室bijouでは「腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、綺麗にやせる生徒が続出している。

bma2014120902

 

『美人は「食べて」綺麗になる。』 大和書房 1,300円(税抜)