Diet

冬こそチャレンジするダイエット!「コルセットダイエット」でウエスト-5cm❤

bam2014122207

先日、過去10年の観測のなかでも2番目に早い初雪が東京で観測され、ますます寒さを実感している人が多いんじゃないでしょうか。寒いから動きたくないし、運動なんてツラすぎる!だけど年末年始もこの調子でゴロゴロしていると、間違いなく今年も冬太りの餌食になってしまいますよね。そこで、今回はつけるだけでやせると噂の「コルセットダイエット」を紹介します。

 

コルセットとは?

コルセットは女性用の補正下着の一種です。14世紀頃にヨーロッパで一般的に使用され、胸下からウエストにかけてのボディラインを補正することができます。マリー・アントワネットやエリザベス女王の、ふわっとしたスカートの上にあるキュッと細くしまったくびれを作っているのも全てコルセットのおかげといっても過言ではありません。

当時は、くびれが細ければ細いほど美しい女性の象徴でした。なんと、男性が思う理想の女性ウエストサイズはなんと48cm!驚愕のサイズですが、当時の女性はこれを目指して日々コルセットで身体を絞っていたのです。美しさを得るために多少の犠牲を払うのは、いつの時代も同じようですね(笑)。

bam2014122205

コルセットダイエットとは?

「コルセットダイエット」は、コルセットをつけるだけでやせるという、まるで魔法のようなダイエット法なのです!

今どきコルセット?やっている人いるの?と思うかもしれませんが、美容意識が高い女性は“MYコルセット”を手に入れていて、実は日々こっそりダイエットしているのです。さらに、昨年、海外女優の“ジェシカ・アルバ”が産後ダイエットのひとつとして取り組んでいたという発言で話題にもなりました。

今このダイエットをオススメする理由は、夏時期はコルセットをつけて生活するには厳しい環境ですが、寒い冬時期は厚着をするのでコルセットをつけて生活していてもバレないからです。さっそくコルセットがもたらすうれしいダイエット効果について紹介します。

 bam2014122203

「コルセットダイエット」のうれしい効果

◆つけた瞬間から細くみえる!

コルセットはもともと下着矯正アイテム。なので、体重が変わるわけではありませんが、つけた瞬間から確実に細くみえます。ダイエットってすぐに効果が出ないと続かないし、数字もそうだけどなにより見た目に反映されないともやる気もダウンしますよね。

コルセットは、食事制限やエクササイズとは違って見た目にすぐ効果が現れるし、それによりダイエットのモチベーションが上がって継続力がつくはずです。

 

姿勢が良くなってやせる!

コルセットをつけると嫌でも姿勢がよくなり、さらに、姿勢がいいとやせやすい身体になります。その理由は、姿勢を正すために腹筋や背筋をバランスよく使うので消費カロリーがアップするから。姿勢を正すために使う筋肉は身体の内部の筋肉で、いわゆるインナーマッスルと呼ばれる部分です。インナーマッスルを鍛えると、基礎代謝が今よりも20%UPすると言われています。さらに、背中を丸めていることで圧迫されていた血管がひろがるので、血流がよくなることも基礎代謝アップの理由の一つです。

コルセットは、伸縮性がないタイプなのでガッチリと姿勢が補正され、自然とやせやすい身体になるのです。

食事量を抑えることができる!

コルセットしっかりしめるとお腹が圧迫されるので、普段よりも食事の量が減るそうです。どちらかと言うと、食事量を抑えるというよりも、食べたくても食べれないと言ったほうが正しいかもしれません(笑)。成人式などで着物を着た経験を思い出してみてください。帯をギュッっとしめるのでお腹が圧迫され、苦しい一日を過ごしたんじゃないでしょうか(笑)。

コルセットも同様のイメージです。ちょっと苦痛を伴うかもしれませんが、それすらもやせたい女性にとってはうれしい効果のはずです。

bam2014122204

「コルセットダイエット」のやり方

自分のウエストよりも15cmほど細いコルセットを1日3~6時間つけるだけです。最初からギュッと苦しくなるほどしめるのではなく、ゆっくりと慣らしていき徐々にキツくしめあげるのがポイントです。また、コルセットを普段つけることがない人が多いはずなので、慣れるまではただつけているだけでも美意識が上がるはず。自然と歩き方に気を使ったり、規則正しい生活をしようと心がけることができるかもしれません。

しかし、コルセットダイエットには注意点があります。以下の注意点をしっかり守って取り組んでみてください。

 

「コルセットダイエット」の注意点

コルセットの種類に注意!

本気でやせたいなら、しっかりとダイエット効果の得られるコルセットを選びましょう。

・コルセットの正面にある留め具が「バスク」とよばれる金具であること

・後ろがヒモで調節できるタイプであること

・コルセットのボーン(コルセットの強度を上げるもの)が8本以上あるもの

・そのボーンがプラスチック製であること

・生地に伸縮性がないこと

bam2014122202

 

コルセットのイメージはがっちり堅苦しいと思われがちですが、実際につけてみると案外ラクチンという感想も。本来の正しい姿勢に補正しているのだから、それがツライはずありませんよね。

これから本番を迎える冬シーズン。寒くても毎日運動をするか、つけるだけでダイエットできるコルセット、賢いあなたはどっちを選びますか?


2014/12/22 | キーワド: , , | 記事: