Diet

豆乳、アーモンドミルクに続く!?2015年は「ライスミルク」がブームの予感❤

bsy2014122201

2014年も、残り約1週間!

振り返ってみると、長かったような、短かったような……。

そんななか、雑誌「日経トレンディ」はすでに、“2015年ヒット予測ランキング”というものを発表しました。やはり、女子的に気になるのは、美容もの。2014年は、なんといってもスムージーやアーモンドミルクなどの美容ドリンクとして注目されていたのは、まだ記憶に新しいかと思います。そして、今回この“2015年ヒット予測ランキング”で第4位として発表された「ライスミルク」がいま、話題になっているんです★

ライスミルクとは?

玄米を中心に植物油・食塩・水などを原料とした植物性ミルク。牛乳や豆乳に比べて、さらさらとしてあっさり味なのが特徴!

欧米では、ベジタリアンや大豆・乳・小麦アレルギーの方の代替品として飲む人が多いみたいです。主食が米である、日本人にとって馴染みやすい飲みもの。

栄養から分かる効能とは?

ライスミルクは、玄米が主原料なので体に良いのは当然!

“完全栄養食”ともいわれている玄米は、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、人間が必要な栄養素が豊富にふくまれています。

その豊富な栄養素のおかげで、【解毒効果・便秘解消・ダイエット効果・美肌効果・アンチエイジング効果】が期待できるといわれています。

しかも、リラックス効果や癒しの効果を発揮するGABAもふくまれているため、精神面もケアしてくれるパワーがある優れた食材なのです!!

簡単すぎる作り方が魅力的!

<材料> (約1リットル分)

玄米(発芽させたもの)4分の1合(約20g) 水1L 塩小さじ8分の1

①玄米を水につけて夏場なら2-3日、冬場なら5-6日つけます。朝夕に水を取り換えましょう。

②ミキサーに水を切った玄米を入れ、塩と水を追加します。

③米粒がなくなるまで1-2分混ぜて完成!!

 

また、お好みでシナモンやハチミツなどを入れるといいみたいですよね~♪

どちらも、シミやシワ、そばかすなどの肌トラブルを内側から解決してくれる効果があるのでオススメです。

ミキサーがあれば、作ることはとっても簡単♪もっと、知りたいという方は、ライスミルクレシピをネットで検索してみてはいかが?

日本でも、最近では愛読者が増えているが、まだまだ、日本では普及が少ないライスミルク。手作りじゃない場合、ライスミルクを購入するには主にネットが良さそう。

気になる方はコチラから

✻ 楽天 http://www.rakuten.co.jp/

✻ Amazon http://www.amazon.co.jp/

実際に日本で手に取って購入できるのは「コストコ」。時間とお金がある方はぜひ!笑

 

まとめると……、こんな人向け!!

牛乳が苦手、アレルギー持ち!

難しいことが嫌い!

流行に目がない!

◎ダイエットしたい!

 

いかがでしたか?

日本人は、牛乳アレルギー(乳糖不耐症)の割合が約85%にのぼるともいわれています。ちなみに、白人は8%、黒人は70%となっており、そのなかでもダントツといってもいいくらい日本人は牛乳が体に合わない人が多め。10人中8人ということですね(笑)。

でも、この「ライスミルク」なら牛乳が苦手、アレルギーである人も安心♪

いまは、まだまだスーパーで選んで帰るほどの種類はありませんが、これから増えそうな予感がにおいます!みなさんも、ぜひご賞味あれ~。


2014/12/22 | キーワド: , , | 記事: