Diet

30代女性が憧れる美ボディ・ママセレブ“ジェシカ・アルバ”がやせている7つの理由

bam2015010605

“ジェシカ・アルバ”といえば、年齢を重ねてもキュートな笑顔が素敵なことで有名です。30才で2人の子供に恵まれているジェシカは、産後わずか4ヶ月でスレンダーなボディを取り戻して世界中を驚かせました。

以前から世界一のセックスシンボルに選ばれたりと華やかな経歴を持っていますが、その時よりもママとなった今のほうがさらに輝いていると感じるのは気のせいでしょうか?そんなジェシカのやせてるヒミツに迫ります!

 

ジェシカ・アルバがやせてる7つの理由

1 White no Bite

ジェシカの言うホワイトとは「砂糖・塩・小麦粉」のこと。日々の食生活で、これら(砂糖・塩・小麦粉)を避けるダイエット法です。砂糖は糖分のとりすぎ、塩は塩分のとりすぎを防ぐ目的があります。さらに、小麦粉はグルテンを含んでおり、グルテンには食欲を促進させる働きがあります。これはダイエット中なら避けたい栄養素ナンバーワンかもしれませんね。

もちろん完全に摂取するのを避けてしまうのは健康上よくありません。あくまでも、摂取量を控えてみるというようにして取り組んでみてください!

 bam2015010608

2 低インシュリンダイエット

「低インシュリンダイエット」は、インシュリンを低く抑える食品を摂ることで血糖値を低く保ち脂肪の蓄積を防ぎます。インシュリンは血中の糖をエネルギーとして消費されるのを促すと同時に、血中の糖を脂肪細胞に運んでしまうという働きがあります。このインシュリンの分泌量を抑えるろ、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなり、脂肪として蓄えられるの(肥満)を防ぐことができます。

ジェシカは健康的な生活を心がけていて料理も自分で作ることが多いそう。朝はオートミールで食事をして、お米などの5種類以上の穀物をなるべく食べるようにしていたそうです。毎日運動するジェシカにとってオートミールはGI値が低いので最適だったようです。

bam2015010606

3 コルセットダイエット

産後ダイエットとして行ったのが、この「コルセットダイエット」。コルセットを巻くだけで、身体が圧迫されることにより食欲を抑えることができます。通常ならば、巻いているだけでもじゅうぶん圧迫され、苦しく感じる人が多数です。

しかし、ジェシカ・アルバはコルセットを巻きながら60分のワークアウトを3ヶ月も続けたそうです。これにより、産後もすぐにスレンダーな身体をゲットすることができましたが、本人も「つらすぎるので、皆は真似しないで欲しい」と述べるほど。

どうしてもやせたい!と思っている人は、以前まとめたこちらの記事「コルセットダイエット」を参考にして取り組んでみてください!

bam2015010604

4 高タンパク質低脂肪

こちらも産後ダイエットとして取り組んだダイエット法。高タンパク質低脂肪の食事がダイエットに良いのはもはや当たり前ですよね。タンパク質の摂取を控えてしまうと、筋肉が落ちてしまいます。筋肉量というのはダイエットにおいて重要で、同じ食べ物を食べても筋肉量が多い人のほうがエネルギーの燃焼量が多くなります。

つまり、タンパク質をしっかりとって筋肉をつければそれだけでやせやすい身体になるということです。また、脂肪は細胞やエネルギーを作るのに必要な栄養素ですが、余ったものは体脂肪になってしまいます。できるだけ低脂肪を選んで食べればダイエットにつながるというわけです。

ジェシカも、朝食に卵の白身と野菜で作ったオムレツでタンパク質を摂取し、昼食には全粒小麦パンのサンドイッチで低脂肪の食事を目指したそうです。夕食も魚や鶏肉などヘルシーなメニューを手作りしていたそうです。ちなみに、甘いものは歯を食いしばって我慢して、果物で代用していたそうです(笑)。

bam2015010607

5 産後のワークアウト

産後わずか2週間でジムへ足を運んだジェシカに全世界が驚いたのは言うまでもありません(笑)。心配されていましたがしっかりと医師の許可は降りていたようで、最初は1日1時間、次の段階では1日3時間と徐々にピッチを上げていったようです。ちなみに、ワークアウトは有酸素運動と筋肉強化を中心に行いました。

産後ダイエットの一番の難点は、やせようと頑張る意欲があまりわかないこと。ほとんどのママがそうであるように、ジェシカだってそう感じていたそうです。頭のなかでは自分のためであるということがわかっていても、着替えてジムに向かうことを考えるだけで億劫になっていたとか。

セレブのジェシカでも一般の人と同じように感じるんだなあ!と思うと、私たちもダイエットを頑張ろう♪と思いませんか(笑)?

bam2015010602

6 赤ちゃんと一緒にウォーキング

ジムに通ってするワークアウトは、バイクやエリプティカル・トレーナー(ジムによくある足を上下に動かす有酸素運動マシン)などの一般的なもの。それに加え、ジェシカは赤ちゃんとの時間を大切にするために、抱っこしながらウォーキングすることもワークアウトのひとつとして取り入れました。ウォーキングしながら、下半身を鍛えるエクササイズの「ランジ」を行うのがポイントです。

bam2015010601

7 ファミリー・サポート

産後ダイエットに関しては、あまりにもツラすぎたため旦那さんにも協力してもらったそうです。自分一人だけ我慢するのはストレスが溜まりますが、誰か一人でも協力者がいると全く違いますよね。さらに、長女のオナーちゃんと楽しく一緒に遊んだり、動きまわることで自然とカロリーを消費してダイエットにつながっていたようです。

bam2015010603

 

ママになって美しさが増したジェシカ、これからも家族を大切にしながらまたスクリーンで輝く彼女を見れることを期待しましょう❤