Diet

夜に納豆を食べると美容効果がいっぱい!

boy2015020410

日本人の朝食といえば、「ごはん」「味噌汁」「納豆」! そんなイメージですが、実は「納豆」だけは、夜食べたほうが良いことがわかったんです。その理由は、朝食べるよりも血液がサラサラになるから。一体なぜ食べる時間によってそんなに効果に差があるんでしょうか? 聞いてナルホドな理由を調査してきました。

boy2015020408

納豆の効能おさらい

納豆は女性に嬉しい美容成分がいっぱい。納豆に含まれる「ポルグルタミン酸」はヒアルロン酸の10倍の保水力があると言われています。さらに納豆にはビタミンB6とB2が含まれていてビタミンB6は皮ふの再生を促して肌荒れを改善してくれる効果があり、ビタミンB2は皮脂が過剰に分泌されるのを防いでくれるんです。肌に良い成分がたくさん入っているから”納豆は美容に良い”と言われているんですね。やっぱり納豆ってすごい!

 

そんな納豆ですが、今回着目すべきは「ナットウキナーゼ」。名前からもわかるように、納豆にしか入っていない成分なんですが、この「ナットウキナーゼ」は食べたあと10~12時間、血液をサラサラにする効果があるらしいんです。

 

納豆は血液が固まりやすい夜に食べると効果的

私たちは就寝中、筋肉を動かさないので血液が固まりやすくなってしまっています。そこで、血液の固まりやすい夜に納豆を食べることによって、就寝時に血液をサラサラにできちゃうらしいんです。さらに、納豆に含まれる「アルギニン」には成長ホルモンの分泌を促す効果があり、ふだん就寝時2~3時間後に分泌される成長ホルモンの増加効果が期待できるんです。

boy2015020409

 

一緒に食べたほうがいいものはコレ!

オクラ

納豆と同じくネバネバ成分があるのが「オクラ」。このネバネバ成分は「ペクチン」という水溶性食物繊維で、糖の吸収を穏やかにしてくれる効果があります。炭水化物大好き! という人は一緒にオクラをプラスすればダイエットに効果が期待できますよ。

アボカド

アボカドには20種類以上のビタミンがあり、特にアンチエイジング効果の高いビタミンEが豊富に含まれています。そして別名”森のバター”とも言われている通り、脂肪分が多いのが特徴ですが、アボカドの脂肪分は血液をサラサラにしてくれる効果があるので納豆の血液サラサラ効果と組み合わせれば最強タッグかも??

 

 

他にも、ネギをプラスすると疲労回復効果、ごまをプラスすれば白髪を減らす効果も。

美味しくて美容や健康に役立つ納豆、これからは朝より夜食べれば更にキレイになれちゃうかも? でも寝る3時間前までには食べ終わっていたほうが、ダイエット中は良いかもしれません!