Diet

1年で-20kgのダイエット成功!達人が教える「新・おデブ習慣」【ダイエットコーチ EICO先生4】

bam2015022103

前回までの「EICO先生の記事1・2・3」も、いよいよ最終回です!今回は、EICO先生が書籍には載っていない「最新のおデブ習慣」について教えてくれました。

 

ダイエットは“趣味”です。【ダイエットコーチ EICO先生1】

ダイエッター必見!今日から始める「食事手帳」【ダイエットコーチ EICO先生2】

太っている人には「おデブ習慣」がありました。【ダイエットコーチ EICO先生3】

 

最新の「おデブ習慣」はコレだった!!

☑細かい毛の処理を怠る

太っている人というのは、なんと、手の指毛・足の指毛・顔のうぶ毛・眉毛の処理を怠る人が多いそうです。というのも、つまりは末端まで目がいっていないということ。

たとえば、服はすごく可愛いのに毛の処理をサボってしまう人って意外によくいますよね。あのタイプは自分のことを本当にちゃんと見れていない、または、見たくない人なのです。

 

おデブとの関係……ズバリ『太っている事実を受け入れられない、太っている自分を直視したくない』ということ。

 

☑部屋にペットボトルなどゴミが溜まっている

「部屋が汚い人はおデブ」なんて話、最近では当たり前のように耳にしますよね。EICO先生は、部屋の汚さのなかでもペットボトルのゴミが片付けられない人に注目しています。

水やお茶は家で作れるけど、わざわざペットボトル飲料を買うということは、ジュースや炭酸飲料を買っている可能性も。甘味飲料は太る原因のひとつです。

そして、なぜそのペットボトルゴミが片付けられないのかというと、小まめに動くのがめんどくさいというのも大前提ですが、大きな理由は「未来の自分に期待しているから」なんだとか。

 

おデブとの関係……ズバリ『ゴミ捨ても、ダイエットも、いつかやるだろうという淡い期待』です。

 

「おデブ習慣」最大の原因はコレだった!?

さらには、こんなにたくさんもの最新「おデブ習慣」があります。

☑服にアイロンをかけない

☑かばんの中がぐちゃぐちゃ

☑必要な書類やプリントがすぐに出てこない

☑家でもどこでも探しものがすぐに出てこない

☑やせてどうしたい、という目標やゴールがない

 

これらの「おデブ習慣」の共通の原因といえば……ズバリ「視界が狭い」ということ。

視界が狭い人というのは、物事を柔軟に考えることが苦手。自分の見たいところしか見ないタイプ。「こうじゃないとダイエットできない!」という思考を持ちがちなので、ダイエットが上手くいかないのです。

 

 

いかがでしたか?いままでピックアップしてきた「おデブ習慣」って、とても些細なことですよね?でも「ちりも積もれば山となる」ですよ。

小さな気づきを改めることで、今まで以上にグンとやせやすくなります。当てはまったものがあったら、ちょっとずつ改善していきましょう。

 

*今回お話を伺った方

EICO先生bam2015022301

日本初のダイエットコーチとして、マンツーマンで700人以上のダイエットを指導。自身も21才のときに4か月で11kg、1年でトータル20kgの減量を達成し、翌年準ミス日本を受賞。

どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10kgヤセました 980円(税抜)扶桑社

どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10kgヤセました 980円(税抜)扶桑社

 


2015/03/05 | キーワド: , , | 記事: