Diet

忍者ダイエットとは、すなわち心のダイエットである

n-1

「忍者ダイエット」の著者、植田美津恵先生の「忍者界だったら”デブ=デス”なんです!」 という発言がきっかけで、”私がもし忍者だったら即、殺(や)られる!”という危機的妄想に襲われたベツバラ編集部員大坪。1日をかけて植田先生を師匠とし、弟子として忍者ダイエットの極意を探る旅、今回が最終回です。

 

―――植田師匠…あっ、植田先生、色々とお付き合いいただいて本当にありがとうございました!

植田:いえいえ、忍者ダイエットがどんなものかわかりましたか?

―――はい! 実際に自分の生活に置き換えて考えてみることで、生活の細部に忍者の極意を取り入れれば、楽しんでダイエットできるんだと思いました。

植田:そうですね。そして、忍者ダイエットは単なるダイエット方法ではなく、”心のダイエット方法”にもなるんですよ。

―――心のダイエット、ですか?

植田:プラシーボ効果って知っていますか?

―――医者が薬じゃないもの(効果のないブドウ糖や乳糖など)を嘘をついて患者に処方し、患者の思い込みによって病気に改善が伺えるという…?

植田:はい。そのプラシーボ効果が忍者ダイエットにはあるんです。

―――忍者になりきるという点で。

植田:忍者という研ぎ澄まされた精神の化身に近づくべく、そのひと呼吸、ひと口、ひと歩み、ひと癒やしを意識して、日常を修練の場として過ごす…ダイエットにおけるプラシーボ効果が期待できるのではないでしょうか。

―――「なりきりダイエット」の1番格好いいバージョンって感じですね。

植田:そう思って実践してくれたら嬉しいですね。

 

 

―――最後に植田先生からベツバラ読者にひとことお願いします!

植田:そうですね、

 みなさんにとって、1番大事なことはなんですか?

モデルさんみたいにキレイになること? 

恋人と幸せな日々をおくること? 

 

いま、自分が本当に大事に思っていることは何かを、もう一度自分自身に問い直してみてください。“忍者になりきる”というとふざけているように感じるかもしれないけど、忍者って元々は誰かのために、何かの目的のために信念を貫き通す仕事ですから。きっと本当にあなたが大事に思っている目的に近づけてくれるはずです。間違ったダイエットをして自分を見失わないで、しっかり信念をもって生活してくださいね。そうやって自分の質を高めていけば、自分らしい恋愛も、やりがいのある仕事も寄って来るはずですから。

―――植田先生、どうもありがとうございました!

A

 

 

今回お話をお伺いした方…植田美津恵さん

医学博士・医学ジャーナリスト

専門は公衆衛生学・医療安全・心理学・医療制度など幅広く、大学や専門学校などで教壇に立つほか、医学番組の監修やテレビコメンテーター、講演活動をこなす。

著書「忍者ダイエット」が、【日本タイトルだけ大賞】を受賞! http://www.sinkan.jp/special/title_only2015/prize.html


2015/02/26 | キーワド: , | 記事: