Diet

好きに食べてやせる!?『8時間ダイエット』の魅力

『8時間』って何が?それはズバリ『食事によって体に栄養を取り入れる時間を8時間におさめる』ということ。そう、このダイエットは「24時間のうち決められた8時間以内に食事を済ませ、残りの16時間は何も食べない」というダイエット法。食べる時間を守るだけなんて、ズボラ女子にはピッタリ。あるテレビ番組では女優の畑中葉子さんがこのダイエット法を実践して1週間で−2.1㎏、2週間でなんと−4kgやせました!その詳しいやり方気になりますよね?ということで、今回はその魅力と方法をご紹介していきます!

《8時間ダイエットのやり方》

例えば9:00~17:00、11:00~19:00と朝食を取ってから最後の食事までを8時間以内に済ますことがルールです。この8時間以内なら我慢せずに好きなものを食べてOKです。しかしそれ以外の時間は一切食べてはいけません。絶食中に胃腸を休ませることができるので、お腹の調子も良好に。便秘解消にもつながります。飲み物は……というと、8時間内なら何でもOKですが時間外は糖類の含まない「水」や「お茶」に徹しましょう。個人差はありますが始めて1週間で5kgやせたという人も!?これはやるしかない!! バイキング

 《やせる人続々のヒミツ》

それは人間の体内の消化活動と関係しているとのとこ。1日の食事のスタートからゴールまでが長いと、体内で食べたものすべてを消化することが間に合わずに、結局残された脂肪がお腹周りやお尻についてしまうんだとか。つまり言い換えれば、夜更かしなどで起きている時間が長いほどその分食べる時間も遅くなり、その結果通常の体内の消化活動が上手に機能せず、消化に使われるホルモンや酵素にも影響がでてしまうということ。なので、食事のトータル時間を短くすれば消化活動もきちんと行われるということですよね。

《取り入れるべき食材》

「8時間以内なら何でもOK」とはお伝えしましたが、ダイエットの食事で大事なのはその栄養バランス。野菜や果物が体にいいのはご存知かと思いますが、それ以外にもダイエットに有効な食材はたくさんあるんですよ。ここではその一部をご紹介します!

“基礎代謝を上げてやせやすい体に”

赤身肉(ヒレ肉やもも肉)……肉は、筋肉の材料となるタンパク質源。筋肉がしっかりあると基礎代謝が高まり、やせやすい体になります。特にオーストラリア産のオージー・ビーフは赤みが濃く、体脂肪の燃焼を促すL-カルニチンが豊富なのでオススメです。また、肉は消化・吸収に時間がかかり、食べると体内で多くのエネルギーが消費されます。

“代謝をあげてダイエットに拍車を”

豆類……大豆に含まれるタンパク質や、豆全般に含まれるでんぷんの作用で、代謝があがり脂肪燃焼がスムーズになります。また、タンパク質が体内で作り出すペプチドには、満腹感をもたらす作用があるそう。

 “食べる天然サプリメント” ナッツ(ローストしたものが◎)

223a332137deb251bb6bfd671f6c545b_m ナッツ類はカルシウムや良質な植物性油脂、ビタミンEのほか、ミネラル分を多く含んでいます。例えば、ナッツの代表格・アーモンドは食物繊維が豊富で、植物性タンパク質、カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛、マグネシウムなどが含まれ、栄養豊富!まさに「食べるサプリメント」。それに、カリカリとよく噛まなくてはいけないため、満腹中枢を刺激しやすくなります。ダイエットには最適な食材です。

“これでお腹がいっぱいに!?”

……卵に含まれるタンパク質は筋肉形成の源。筋肉をつけることで基礎代謝があがり、脂肪を燃焼します。また、タンパク質は食欲を刺激するグレリンというホルモンの分泌が少なくさせ、代わりに食欲抑制ホルモンがたくさん分泌されるので、満腹感を持続させる効果があります。

“食後に食べて便秘解消”

乳製品(ヨーグルトが◎) ……「ホットヨーグルト」の記事でもご紹介したように、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内の病原菌を撃退し、腸内環境を整えるので、みなさんご存じ便秘解消の効果があります。便秘を解消すると……血流良くなる→体温が上がる→基礎代謝が上がる→やせやすくなる、ということで食事に取り入れることをオススメします。食後に食べるとすでに胃の中に入っている食べ物で胃酸が薄まっているので、乳酸菌が生きたまま腸にたどり着きやすくなり効果が高まります。

《8時間ダイエットのPOINT》

朝食のスタート時間をしっかりと考えよう

実は、これが継続できるかどうかの大事なポイント!もし朝の7時に朝食を食べたら15時にまでにトータルの食事を終わらせなくてはなりません。当然夜にはお腹がすいてキツイですよね。なので、スタート時間を考えましょう。10:00~18:00、11:00~19:00など朝食を少し遅めにとるのがオススメ。

お腹が空いたら軽い運動をする

実は空腹時が一番脂肪が燃えやすい時間。空腹感というのは、食事をして時間が経つと血液の中の糖分の量(血糖値)が下がり、それを脳が感知する事で生まれるもの。そしてこの時に脂肪燃焼に効果的な、ウォーキングなど強度の低いエクササイズを行い、糖をさらに消費しようとすると、人体は予備のエネルギーである体脂肪を利用して足りない分を補おうとします。これにより、脂肪が燃焼されやすくなるのです。 260794e3d9a1b6929d2231779542de1d_m

きつい運動や無理な食事制限もなく、今から簡単に出来る8時間ダイエット。実際に体験した人は体重が減ったという変化のほかに「肌がきれいになった」「生活習慣が改善された」とのプラス効果も!これは始めてみる価値アリ。まずは試しに1週間からどうですか。