Diet

遺伝子を知ることが第一かも!「肥満遺伝子」を知ってダイエット成功へ★

「あなたの体型は生まれた時から決まっている」なんてこと信じられますか??

うそでしょ??と思う方も多いかと思います。でも、実は、みなさんの体型とダイエット効果には、遺伝子が深く関係しているという説があるんだとか。。。そこで、今回は日本人のなかで97%がいずれかを持っているといわれている「肥満遺伝子」3種類を解説していきます。

l201303032200

 画像 itsdannie.

遺伝子とは??

遺伝子とは、人間の身体をつくる設計図ともいわれています。人間には、約3万個の遺伝子があると考えられています。人間の身体は、「細胞」という基本単位からなっています。この細胞の「核」と呼ばれる部分に「染色体」があり、この中の「DNA」が「遺伝子」として働いています。人間の身体は、この遺伝子の指令に基づいて維持されているのです。私たちの顔や体型、体質など様々なものが遺伝子によって決定されているという説があります。親と子が似ているのも、ひとつの理由となっています。

日本人の約97%が持っている肥満遺伝子とは??

遺伝子はさまざまな情報を伝えますが、その中にある代謝機能に関係する遺伝子に変異があると、人は太りやすくなります。その遺伝子こそが「肥満遺伝子」で、およそ50種類以上あるといわれていて、その中に、日本人の97%がそのいずれかを持っているという遺伝子が3種類あります。

β2AR(ベータ2アドレナリン受容体遺伝子)

B3AR(ベータ3アドレナリン受容体遺伝子)

UCP1(脱共役タンパク質1)

この3つを基準に考えるダイエット法が遺伝子ダイエットと呼ばれるものです。この遺伝子3つをわかりやすい呼び名にすると、

上から、リンゴ型・洋ナシ型・バナナ型。この3つの型ごとの、体型や基礎代謝量、またはダイエットに効果的な運動法もあることが分かっているようです。

3つの遺伝子のちがいって??

【リンゴ型】

体型→内臓脂肪がつきやすく、みぞおちのあたりがポッコリと出る全体的に丸い体型。

性格→比較的温厚でマイペースな人が多い

体質→基礎代謝が一番低く太りやすい。男性や更年期後の女性に多い。

食べ物→米やパンなど糖分の多いものや、ビールなどを好む。

特徴→消化が早く食べ過ぎてしまうことも多い。

【洋ナシ型】

体型→骨格が大きく筋肉質。下半身が特に太りやすく、お尻や太ももの脂肪が多い。

性格→頑固で気の強い人が多い。熱中しやすいタイプ。

体質→基礎代謝が低く太りやすい。とくに女性に多い。

食べ物→脂肪分の多いもの、肉類や揚げ物、ケーキ類などを好む。

特徴→皮下脂肪がつきやすく、内臓脂肪にくらべ落としにくい。

【バナナ型】

体型→手足がほっそりと長く、筋肉も少なく身体が薄い。下っ腹ポッコリの人が多い。

性格→神経質で完璧主義で、細かいところにもこだわる。

体質→基礎代謝が高めで食べても太りにくいが、一度太ると、筋肉が少ないので脂肪が燃えにくい。

食べ物→野菜や魚、果物などヘルシーなものを好む。

特徴→消化器系が弱く、冷え性、むくみやすい人が多い。

写真

続けていたダイエットで効果が感じられなかったという方!!もしかしたら、あなたの遺伝子に合っていなかったからかも。。。どのタイプなのか自分自身でわかっておくことが大切ですね。タイプを知ってどんなダイエット法がいいのかな~とギモンに思った方!!次回、タイプごとのダイエット法をご紹介します!!参考にどうぞ❤


2014/03/31 | キーワド: | 記事: