Diet

5月29日は…肉の日! 痩せてる若い女子よ、肉を食べろ。【セミナー第1弾】

スクリーンショット(2014-05-27 23.11.58)

来たる29日は“肉の日”。近年、「肉フェス」や「熟成肉」等に代表される空前の肉ブーム! 肉=太るという思考から、肉を食べずにダイエットする女性が増えてしまっていますが…ダメ!! お肉食べなさい! ツボ母です。

 

img-527225620-1

カルビ、レバー、サーロイン…みなさんの好きな肉は何ですか? 私はレバーの生姜煮が実はチョコレートより好きです。もうすぐBBQの楽し~い季節❤ こんな経験ありませんか?

 

仲間:「夏だ~! 焼き肉にいくぞ~!

名称未設定-2

あなた:「やった~!((ゲッ…太る!))

仲間:「もっと食べなよ!

あなた:「わ~い、美味しい~!((カロリーが…))

img-527225620-2

 

そして後日、増えた体重に落胆…。そんな経験から「お肉絶ち」をしちゃう悩める女性に知ってほしい「お肉」のこと。実は、私たち女性にとって、男性よりも摂らなければいけないものだったりするんですヨ。

 

「肉焼き総研」が教える! お肉はエライ!

先日行われた「肉焼き総研」主催の『肉の価値、再発見』セミナーに参加させていただいたのですが、お肉について知らなかったことがいっぱい! 肉のプロ、鈴木敏郎先生・仲 眞美子先生・佐藤秀美先生の3名が、お肉のスゴさについて語ってくださいました。

P1110314

今回は鈴木敏郎先生のセミナーを、かいつまんでご紹介。

鈴木先生は肉焼き総研所長で、東京農業大学農学部教授 農学部長であり、経歴はオーストラリア食品科学部門食肉研究所へ留学後、東京農業大学応用生物科学部食品加工技術センター教授を経て現職に就かれています。非常に穏やかなしゃべり口調で、なんだか可愛らしい(すみません)お方。

 

そんな鈴木先生が教える、海外でのお肉の売り方と日本での売り方の違い。

名称未設定-1

確かに、日本ではグロテスクにならないように成形して売りに出されますよね。でも、だからと言って日本が素晴らしいと言いたいわけではないのです。

肉料理は海外の主婦の方が得意!?

日本人は昔から野菜や魚を食べてきたから…というわけではなく、お肉の売り方が問題! さっきも述べたように、海外でのお肉の売り方は“一匹まるごと”や“ブロック”。それに比べて日本はしゃぶしゃぶのように薄切り。(実は、あんなに薄く切っているお肉は日本特有らしいですよ!)そんなお肉慣れている私たちは、買ってきたらそのまま調理してしまいます。海外の主婦はその分、使う料理によって切り分けたり火が通りやすくしたり工夫するから料理が上手い、というわけです。親が過保護な子ほど、できることが少なく育つ子供の論理ですね(ツボユリ論理)。

img-527225620-3

肉を食べたからといって肥満にはならない。

お肉を食べる=太る! というのは、是非ここで見直していただきたい間違った見解! 肥満になるのは摂取カロリーの問題です。バランスの良い食生活と、適度な運動、肉などの動物性タンパク質(体をつくるのに重要な栄養素)を効率よくとれば、肥満になることはありません。(佐藤先生談) 逆に、動物性タンパク質が不足すると新陳代謝が低下し、せっかくダイエットしてヤセても、前の体より太りやすくなってしまいます。筋肉や骨量も少なくなって、体に良いことではありません。

肉の油が体にビタミンを吸収させてくれる!?

肉が敬遠される中でも、1番敬遠されがちなのが「脂肪」! 実は、この脂肪がもっとも効率の良いエネルギー源なんです。これが不足すると脂溶性ビタミンのビタミンA、D、Eが摂取されづらくなってしまいます。さらに、肉に含まれるL-カルニチン、コエンザイムQ(生理活性物質)も摂れるので◎。L-カルニチンを摂ると、摂らない場合に比べて脂肪燃焼効果が向上するという研究結果が出ているんです! これは是非摂取したい。

日本人の寿命はお肉で伸びた?

1900年(明治33年)頃、日本の男女の寿命は39才半ばでした。一方、当時お肉を沢山摂取していたスウェーデンはその時既に、男女とも寿命が50歳を越え(!) 1951年には70歳を超えていたんです。ちなみに日本が70歳を超えたのは1971年(昭和46年)。戦後における動物性タンパク質の増大が、世界に例のない長寿国を生み出したんです。お肉って美味しいだけじゃなく、寿命も伸ばしてくれているなんて驚き!

最近の若い女性の「痩せすぎ」問題

最近よく言われている、若い女性の「痩せすぎ」問題。佐藤先生が教授を務める農業大学の学生に「太ってないのに何故ダイエットをするの?」ときいても、皆「太ってますよ!」と言うんだとか。確かに、私の周りの女子もそうです。わかる気がする…。実は、太り過ぎで亡くなっている人より、痩せすぎで亡くなっている人の方が今は多いんだそう。この飽食の時代に、そんなことって…! 自分に厳しい頑張り屋さんな若い女性が多いのは責めるべき点ではありませんが、ストイックに注意! です。
お肉を食べるとアラキドン酸とエタノールアミンがアミド結合して出来るアナンダマイドの働きによって“満足感”や“幸福感”を覚えるんだそう。さてさて、お肉についてちょっと良いイメージになってきたのではないでしょうか?

img-527225620-4

次回は医学博士である仲 眞美子先生からのお肉のお話をお知らせ!

鉄分のサプリを飲んでも貧血が一向に改善されない…そんなアナタの貧血、お肉を食べたら治る!? 気になる内容は明日の記事をお楽しみに❤


2014/05/28 | キーワド: , , | 記事: