Exercise

ほうれい線の若年化?スマホブスの影響があなたの顔にも。

houreisen

女性の大敵・肌老化の最大の象徴といえば、“ほうれい線”。年をとったらできるものと思われがちですが、実は加齢だけが問題ではないのです。最近では20代前半でもほうれい線が目立つひとが増えているとか!加齢だけが問題じゃないとしたら、一体なにが若者のほうれい線若年化につながっているのでしょうか?原因ケア方法を探りたいと思います。

若者のほうれい線の原因ってなに?

なんといっても「表情筋の衰え」が最大の原因です。仕事で一日中パソコンの前にいて、ずっと無表情なまま過ごしていたりしませんか?使わない筋肉はどんどん衰え、たるんでいきます。さらに、注目されているのが「目の使いすぎ」です。パソコンだけでなく、スマホを四六時中いじることで疲れ目からしかめっ面に。電車などで知らぬ間になっているこの顔、“スマホブス”として話題になっています。表情筋がこり、筋肉が固まってしまうとほうれい線を目立たせる原因になるのです。同様に、「肩こり」も見逃せない要因。座りっぱなしで同じ姿勢でいると血流が悪化し、むくんでほうれい線が目立ってしまうからです。若いからって安心していると、あとで痛い目みます

pc

今すぐできるほうれい線のケア方法

若者に関わらず、ほうれい線の二大要因である「乾燥」と「紫外線」のケアは大前提です。保湿をしっかり行い、UV対策をこまめに行うこと。そして、若者のほうれい線対策には、普段から口角をあげることを意識したり、笑顔を絶やさず表情豊かにして過ごすことがポイントです。これだけでも違ってきますが、実は、人が日常生活で顔の筋肉を使っているのはたった3割程度だそうです。思ったよりも使われてないんだなあ、と思いませんか?そうなるとジムに通って日々身体を鍛えるように、表情のトレーニングも必要となってきます。そのトレーニングとは、フェイスストレッチとマッサージです。

「フェイスストレッチ」

これから紹介するフェイスストレッチはすべて10秒でできちゃうお手軽なもの。気づいたときに少しやるだけでいいので、覚えてください!

その1 ふぐの顔体操

1. ほっぺたをぷくーっと大きく膨らます。

2. 10秒間キープ。朝昼晩1回ずつ行う。

その2 ほうれい線押し上げ体操

1. 舌の先でほうれい線を内側から押し上げる

2. そのまま5秒間キープ。

3. 反対側のほうれい線も同じように押し上げる

4. そのまま5秒間キープ。朝昼晩1回ずつ行う。

その3 あいうえお体操

1. 「あー、いー、うー、えー、おー」と一語一語大きく口を開けて発音する。

2. ちょっとトイレに入ったとき、自宅で気付いたときに繰り返し行う。

「簡単顔ツボマッサージ」

ツボを刺激することで、血の巡りをスムーズに整え、新陳代謝がアップし、筋肉を引き上げることができます。

tubo

巨(こ)りょう

場所⇒鼻の両脇、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下に下ろした線が交わうところにあるツボ。

効果⇒頬のたるみや、ゆがみに効く。肌の皮脂分泌を正常化させるツボなので、肌のハリ・ツヤもよくなる。

押し方⇒人差し指の腹で、垂直に5秒押しては離す。これを5回繰り返す。力の入れすぎに注意。

下関(げかん)

場所⇒目じりから耳の穴に向かって指を滑らした際に、ぶつかるくぼんだ部分。口を開け閉めした時に、骨が持ち上がるところが目印。

効果⇒血行促進やリフトアップに効く

押し方⇒人差し指の腹を当てて、皮膚を引き上げるような気持ちで5秒間押す。これを5回繰り返す。

地倉(ちそう)

場所⇒口角の外側にあるツボ。

効果⇒小顔効果やむくみがとれる。口角も自然と上がりやすくなり、いつも笑顔で好印象な雰囲気へ。

押し方⇒心地よく感じる強さで5秒押しては離す。これを5回繰り返す。

「ベロ回し体操」

“ためしてガッテン”、“世界一受けたい授業”で紹介された話題のケア方法です。口の内側から筋肉を鍛えるのはストレッチと同じですが、それ以外の効果もあるのです。血行がよくなるので肌の代謝がUPし、「シミが予防できる」。噛みグセなどによる「顔の歪みがよくなる」。唾液の分泌を促すので「口臭予防」にもつながります。

1. 口の中で歯の表面に沿って舌をぐるぐると回す。

※唇は閉じるようにして、舌の力に負けて口が開かないよう抵抗すること。

2. 左回りに20回、右回りに20回を1セットとして、1日×3セット行う。

「舌スイングエクササイズ」

ほうれい線に効くだけじゃなく、顔のたるみ、顔やせにもつながるエクササイズ。ほうれい線と同じくらい気になる二重あごの解消にも効果があります

1. 頭を後ろに反らせ、首筋をしっかりと伸ばす。

2. 舌を突き出して左右に舌を8回スイングさせる。

3. 同時に目も動かす。1日3セットを目安に行う。

4. 頭は後ろのまま舌を思い切り下方向に出し、5秒間キープ。(あごをなめるイメージ)

5. 同様に下を思い切り上方向に出し、5秒間キープ。(鼻をなめるイメージ)

face

ちょっとした意識を持つことで3年後、5年後が大きく変わります。とある漫画家さんのお言葉で、若い女性と中年の女性を描くときのポイントはたった1点“顔にほうれい線を描くか描かないかの違い”だそうです。それくらいほうれい線は老化の象徴であるということです。一度できてしまうとなかなか消えてくれません。スマホブス急増中の今だからこそケアを怠らず、現在お悩みのひとはベロ回し体操や舌スイングエクササイズで撃退しちゃいましょう!