Exercise

たった5秒で体が即変化!【ストレッチの基本①】

ストレッチ

 正しい前屈ができる裏ワザ教えちゃいます!!!

前屈とは、体の背面の筋肉をすみずみまで伸ばすこと。

 

ストレッチ2

背中とおなかが丸まって手を無理に伸ばしていた人、多いのでは!? 手を床につけようと腕をのばしていては、体への背面ストレッチ効果は期待できません。。。

正しい前屈ができる、体が即変化する裏ワザはこちら

 

0507atari184

1. 口から吐く呼吸に合わせて横隔膜を手で押す。

まっすぐ立ち、肋骨とおなかの境目にある横隔膜に手をおきます。口から息をフーっと吐きながら、

ゆっくり横隔膜を押します。

 

0507atari188

2. おなかいっぱいに息を吸い、横隔膜を伸ばす。

息を吐ききったら横隔膜を押していた手をゆるめて、息を吸い込みます。おなかに力を入れて、ふくらませた状態で5秒キープ。

これを3セット行います。

そして、再度前屈をしてみましょう。

0507atari013

股関節から折りたたむように上体をゆっくり前に倒して、5秒キープ!

両脚をそろえて正しい姿勢でまっすぐ立ったら、息を吐きながら、背中をまっすぐ伸ばした状態で、

上体を前に倒していきます。手を床につけた状態で5秒キープ。

 

たった5秒、横隔膜をストレッチするだけで、横隔膜がやわらかくなり、おなかをまっすぐ下に伸ばせます。

このように、ちょっと工夫するだけで体が即変化する、驚きのストレッチがいっぱい。

 

 

伸ばすのは進化、縮むのは老化の理由

人間の体は、立ったり座ったりしているだけでも無意識のうちに筋肉を使っていて、

筋肉はかたくこわばった状態が続いています。

筋肉がかたくなると体も動きにくく、徐々に日常の動作にも支障をきたし、疲れやすくなったりと……。

体がかたい=「縮むのは老化」なのです。

【縮む=体がかたい】

【筋肉がこりかたまる】

【血液の循環機能が低下してしまう】

【老廃物を排出しにくくなる】

老廃物がたまって、むくみやすく太りやすい体に

 

しかし、見方を変えれば、ストレッチで柔軟性の高い体を手に入れれば、以上のデメリットもメリットに。

日頃からストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐし、しなやかに伸び縮みできるようなコンディションに整えておくことは、

疲れにくく、めぐりのよい体づくりにつながります。

筋肉の柔軟性が体の若さを保つのです!

全身の筋肉が本来の動きを取り戻せば、むくみや疲労の軽減、肩コリや腰痛の解消にもなります。

今日から「伸ばすのは進化」を体感してみてください。

 

累計来店者数 36万人突破!の日本初のストレッチ専門店が教える目からウロコのストレッチが満載!↓↓↓

ストレッチ

首・肩・腰の痛みをインナーマッスルから改善 『伸ばすのは進化!縮むのは老化! ストレッチの基本』 (¥1200+税)

 

amazon_image