Exercise

全身を効率よく伸ばす。ストレッチ効果を高める3つの方法【ストレッチの基本】

092-2

人間の体の構造は複雑なため、漠然とストレッチをしていると目的の部位が十分に伸びず、思ったような効果はあらわれません。今日は、ストレッチ効果がぐんとアップする、3つの方法をご紹介します。

 

伸ばす部位を明確にし支点を意識して行う

ストレッチ効果をより高めるためには、全身をくまなく伸ばすことが必要。その方法は、知ってさえいれば、誰でも簡単にできちゃうんです。

1>>呼吸を意識しながらストレッチを行う

普段はあまり意識して行うことがない呼吸。呼吸に関わる筋肉は横隔膜を筆頭に深部(コア)にあるため、ダイレクトに伸ばすことが難しい部分です。

しかし、複式呼吸を繰り返すとコアの筋肉が上下に動き、ほぐされます。つまり、インナーマッスルを使いながらのストレッチが可能になります。

 

2>>支点を作って伸ばすこと!

 

こちら(下)の写真のように、例えば、座った状態で前屈するときは、股関節から状態を前に倒すのがポイントです。骨盤や股関節、背骨などにある「支点」を意識するだけで、ストレッチの効果が高まります。

 

【支点を意識してストレッチすると無理なく伸ばせる】

力ずくで伸ばすと、、、、 赤丸が支点です。

089-1

おなかの丸まった部分が支点となっているので、上体が前に倒れない。

痛みがあるのに十分に伸びていない。ということに。。。

 

正しいポジションで伸ばすと、、、

092-2

上体を折り曲げる機能を持つ股関節が支点となっているので、背中が丸まらない。おなかも伸ばしたまま前屈ができる。

 

らくらくにつま先に手が届く!足の後ろ側がくまなく伸びます!!

体の構造を把握して支点から「折り曲げる」「ねじる」を心がけると、より効果が高まります。

無理なく力を加えなくても、筋肉を十分に伸ばすことができます。

 

3>>「痛気持ちい!」くらいの強度で行うこと。

ストレッチは軽く痛みを感じるくらいの強度で伸ばし、ゆっくりと行うのが基本。急激に負荷をかけると筋肉や関節を炒めることになるので無理は禁物です。

 

ほかにも、筋肉はあたためると伸びやすく、冷えると伸びにくい性質があるので、体があたたまった状態で行うのも需要なポイントです。効果的なタイミングとしては、運動後やお風呂あがりが最適です。

ちょっとしたコツさえ知っていれば、ストレッチ効果がぐんっとアップします!

 

もっともっと、コツを知りたい人におすすめな『伸ばすのは進化!縮むのは老化!ストレッチの基本』。

日本初のストレッチ専門店が教える、目からウロコのストレッチが満載です。ぜひチェックしてみて!

 

ストレッチ

1,200円+税

 


amazon_image


2014/09/05 | キーワド: , | 記事: