Exercise

「体がかたい=太りやすい」これって本当??【ストレッチの基本】

0507atari631

体がやわらかい人にやせている人が多いのは、単なる偶然でしょうか?

体がかたいと太りやすい体質になります。

「体がかたい=太りやすい」は、本当です。

体がやわらかい人にやせている人が多いのは、単なる偶然ではありません。体がかたいというのは、筋肉が伸びにくいということです。本来、伸び縮みがスムーズに行われるはずの筋肉がこり固まってかたくなっていると、縮んだあと力を抜いてゆるめても、元の状態に戻らなくなってしまいます。この元の状態に戻らないことを「かたい」と表現します。

筋肉には血液循環をさせるポンプがあります。筋肉がかたいと、この機能がうまく働かないため、体内の水分と老廃物が体外へ排出されず蓄積されてしまいます。血流が滞り老廃物がたまると、体は当然むくみます。疲労の原因のひとつである乳酸の蓄積は、疲れをとりにくくします。すると、筋肉はますますかたくなりますし、筋肉がかたいと動作も鈍くなります。運動をしたり、体を動かすことにも消極的になってしまいます。その結果、太りやすくなってしまうわけです。

ストレッチで筋肉の柔軟性を高めれば、血液循環も良くなります。むくみが解消され、体が軽くなれば生活面でも動きが軽やかになり、太りにくい日常を送ることができます。

 

 

呼吸法をかえるだけで脂肪を燃焼!

呼吸が浅いと、細胞に酸素や栄養素が行き渡らず、その結果やせにくい体質に。酸素はリパーゼという脂肪分解酵素の働きを活性化します。意識するのは「横隔膜」。横隔膜を動かすことで、副交感神経が刺激され、血液循環もよくなります。

 

 1 あごを少し上げ、首筋を軽く押しながら息を吸って、5秒キープ!!

背中はキレイなS字ラインを描くように意識する。

0507atari627

横隔膜を引き上げるイメージで!!!

 

2 吸い込んだ息を吐き出す。首筋が徐々に浮き出てくるようにゆっくり行う。

0507atari631

背中を丸めたり、あごを上げすぎないように注意!!横隔膜が広がらず、呼吸の流れを妨げる原因に。

 

ストレッチで肥満も回避できるって、知っていましたか??

日常で気軽にできるストレッチには、体にい良い効果がたくさん。

あなたも、1日たった5秒伸ばすだけ。ストレッチを始めてみてはいかがですか?

 

ストレッチ

『伸ばすのは進化!縮むのは老化!ストレッチの基本』(1,200円+税)

 

 

amazon_image