Exercise

正しく歩けば、日々の動きも効果的なエクササイズに!【ストレッチの基本】

0507atari441

日常生活にプラスで取り入れるなんて無理!って、思っている人に朗報です! 日々の歩き方をちょっと意識するだけで、立派なエクササイズに!

女性の通勤やプライベートに欠かせない、ハイヒール。実は、このハイヒールを履いて正しく歩くことは、十分なエクササイズ効果をもたらしてくれるんです。フラットシューズやスニーカーを履いた時と同じ歩き方ではいけません。正しい歩き方を知って、エクササイズしちゃいましょう。

 

ハイヒール ウォーキング

1. 足の指のつけ根より胸を前に押し出す

胸を前に押し出して踏み出す準備を。足の親指のつけ根よりも胸が前に出ることを意識しましょう。

0507atari433

【POINT!!】上体を少し前に傾けて。

 

2.さらに胸を前に押し出す

いよいよあるき出すときは、脚を動かすのではなく、上体をさらに前に出しましょう。

【

【POINT!!】胸を前に押し出すイメージで。

 

3.ひざをきちんと上げて拇指球から着地する

猫背にならないように肩甲骨を寄せて歩きます。ひざはしっかり上げましょう。

0507atari439

 

4.胸を張って歩く

着地した後ろ脚も伸ばします。反対の脚も同様に踏み出し、前に進みます。猫背にならないように注意して。

0507atari441

【POINT!!】ひざはまっすぐ伸ばす!

0507atari442

正面から見るとこんな感じ。

ヒールの場合、かかとから着地するのも踏み出すのもNG!ひざが曲がり、腰や脚を痛めることになります。また、背中を曲げ内股で歩くと、全身の筋肉がゆるみ、うまく脂肪を燃焼できません。お尻をキュッとしめて歩くように心がけましょう。

 

ストレッチの疑問 一問一答

気になるストレッチのこと、教えてもらっちゃいました! ストレッチ専門店スリーエスの兼子ただし先生に聞いてみました。

 

Q:ストレッチをすると疲れにくいカラダになるって本当!?

A:筋肉がやわらかくなると疲労回復が早まります。

疲労感は乳酸の蓄積が原因のひつとなので、放っておくと疲れやすい体に。筋肉がやわらかくなれば血液の循環がよくなるので、血中の乳酸が体外へ押し流されます。つまり、乳酸の蓄積がおさえられ疲労回復が早まるのです。

 

Q:やってはいけない人や時期はありますか?

A:炎症や出血などケガや体調不良時はやめましょう。

 

Q:年齢を重ねれば重ねるほど体はやわらかくならない?

A:年齢は関係なし!何歳からでも効果は期待できます。

筋肉は50才や60才になってからでも、やわらかくすることが可能。女性の方が男性より筋肉量が少ないので、やわらかくなりやすいといわれています。

 

Q:脂肪が多い人=体がやわらかい?

A:体のやわらかさと脂肪量はまったく関係ありません。

筋肉は脂肪の奥に存在するので、まったく別物。脂肪がやわらかいからといって、筋肉までやわらかいわけではないんです。

 

Q:酢を飲むと体がやわらかくなるって本当?

A:直接効果はありませんが間接的にはあります!

酢には体内の乳酸を分解する作用があります。筋肉にたまった乳酸が分解され、筋肉が伸びやすくなります。

 

Q:体をやわらかくする食べ物はありますか??

A:デトックス効果の高い玄米がおすすめです。

玄米には白米の6倍もの食物繊維が含まれているといわれています。そのため、体内の余分なものを排出する作用が働き、むくみが減るので筋肉は伸縮しやすく、やわらかくなります。

 

Q:ストレッチは始めてからどのくらいで効果が出る?

A:見た目だけなら5秒で変わります!

ストレッチは始めて、たった5秒で姿勢がよくなるなどの効果があらわれます。よい状態をキープするには、少しずつでも続けることが大事。まずは2週間を目標に、ストレッチ生活を始めてみませんか!?

 

 

ストレッチ

1回5秒伸ばすだけの簡単ストレッチが満載! 『伸ばすのは進化!縮むのは老化!ストレッチの基本』 1200円+税

 

amazon_image