Exercise

あなたの首は大丈夫??

_HD_3233

首は健康の要って、みなさん知っていましたか??

普段の姿勢や生活習慣で知らず知らずのうちに首に負担をかけているケースがほとんど。

あなたの首への負担度をチェックして、首姿勢を正して健康を手に入れましょう。

 

自分の生活を振り返って、首の負担度をCHECK!!!

□長時間、座りっぱなし、立ちっぱなしでいることが多い

□パソコン作業を休憩なしで1時間以上

□寝るときは横向きorうつぶせで寝ている

□イスの背もたれに背中だけで寄りかかっている

□寝転がってテレビを見ることが多い

□入浴はほとんどシャワーですませている

□枕を使わないで寝ている

□通学や通勤に自転車を利用している

□ハイヒールをよくはく

□子どもを抱っこすることが多い

□バッグをいつも同じ手で持ったり、同じ肩にかける

・・・・・などなど。。

あてはまる項目が多ければ多いほど、首の負担が大きいのです。

意外とほとんど当てはまるって人も多いのでは?? 現代人には慢性的な首疲労状態が多いのが特徴です。

 

 首は全身に影響を与える重要な役割を果たしていた!!

首の骨(頚椎)は、「椎骨」と呼ばれる7つの小さな骨が積み重なって構成されています。骨の中には脊髄と呼ばれる神経の束が通っていて、さらに枝分かれした神経が椎骨のすき間を通り、肩や腕、指先へとつながっているのです。

脳からの指令を体に伝えるための神経の束が首を通って全身へめぐります。首は重要な血管と神経の通り道となっているのです。

頚椎には、首から肩や背中、鎖骨など至るところにつながる大小さまざまな筋肉が多くあり、この筋肉で頭を支えているのです。

つまり、、首が乱れると全身の不調につながるのです。

 

<<首姿勢の乱れが招く不調の一覧>>

●頭痛・・・首の筋肉が硬直して、脳への血流を妨げるため

●めまい・・・首のアーチが乱れて、神経や血管を圧迫

●血圧が上がる・・・交感神経が優位になり、血流が悪くなる

●ドライアイ・・・副交感神経が働かず、涙の分泌が乱れる

●たちくらみ・・・肩と一緒に後頭部が下がって血流を阻害

●不眠・・・交感神経が優位になり、ぐっすり眠れない

●慢性疲労・・・自律神経の乱れで、成長ホルモンの分泌が低下

●ひざ痛・・・首姿勢が前かがみになり、体の重さがひざに集中

●便秘・・・副交感神経が働かず、腸のぜん動運動が低下

 

首をケアすれば、全身のケアにつながります!

・首姿勢を矯正して、全身まで美姿勢に

・首のこりがほぐれて自律神経が整う

・不調が解消され健康的に美しく

首ケアの仕方がイマイチ分からない人、必見です。「寝てるだけ! ストレッチ首ピロー」は、付録の首ピローに寝るだけで、体スッキリ。猫背知らずの正しい姿勢になるだけじゃなく、首のシワ・肩こりも解消! 首姿勢を簡単に整えて、首を起点にして体の8ヵ所をストレッチすることが可能です。今、抱えている不調も改善されること間違いなし。

 

kubipillow

首の負担度CHECKも、より詳細に載っています。あたなの状態を今すぐチェックできる!!『寝てるだけ! ストレッチ首ピロー』1489円+税

 

amazon_image