Exercise

体液の循環をよくすれば「ゆがみ」もとれる!「深呼吸エクササイズ」

bam2015050302

前回までの片平先生の記事はご覧いただけたでしょうか?身体を巡る「3つの体液」についてや、体液の循環を促す「モゾモゾ体操」を紹介してきました。

今回は、身体のゆがみを直すとっておきのエクササイズを片平先生に教わってきました!

 

*片平先生の過去記事はこちらから

ちょっとした不調の原因は「3つの体液」の循環不足!?

体液循環!不調を改善する「モゾモゾ体操」!

 

座りっぱなしの姿勢に注意!

まずは、片平先生が最近発見した身体のゆがみについてです。人の姿勢について注意深く観察している先生、パソコンを使ったデスクワークの人に重大なゆがみを発見しました。

なんと、パソコンの前で集中して座っている人を天井から見ると、左のお尻に体重がのり、身体が少し右に回旋(=回って)いるそうです!その理由は不明ですが、先生はエンターキーが右側にあるせいかと考えているようです。

さらに、車を運転している人も右ハンドルだと同じ現象が起きるそうです。こちらも原因不明ですが、AT車で右足しか使わないからという理由が大きいと考えているそうです。

 

意外なところで身体のゆがみが生まれていましたね!日頃から足を組んで生活している人、鏡に移る自分の肩の高さが左右で違う人、靴のかかとの減り具合が左右で違う人、いつも片側で食べ物を噛むクセがある人も要注意です。

 

ゆがみを直せば健康になるワケ

身体のゆがみを直すことは、排水口のつまりがとれるのと同じイメージです。体液は身体の栄養素を運び、老廃物を運び出す物流を担います。それが滞るとあちこちにコリとなって痛みやゆがみが生じます。

つまり、ゆがみを直すことは体液循環が良くなるということ。体液循環がよくなると健康になるということは、もはや言うまでもないですよね。

 

ゆがみを直す「深呼吸法」

イメージはラジオ体操の最後の深呼吸です。

1. 仰向けに寝転がる

2. 4秒かけて息を吸いながら両手足を外側に回す

3. 息を止めて1秒キープ

4. 8秒かけて息を吐きながら両手足を内側に回す

5. 2~4を3~5回繰り返す

 

呼吸の深さは人それぞれなので、息は吸うときの倍の時間で吐くようにすればOK。ちなみに、四肢を外側に向かって回すと脳脊髄液が生産され、内側に向かって回すと循環するそうです。

仰向けじゃなく、デスクで座っているときにもこの機能をしっかりイメージすれば十分効果が得られるはずです。

 

 

いかがでしたか?私たちの知らないうちに、身体のゆがみがどんどん進行してしまっているのかもしれません。ぜひ今日からこの深呼吸法をトライしてみましょう❤

 

*今回お話を伺った方

片平悦子先生

片平悦子先生

赤門鍼灸柔道整復専門学校にて鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格取得。25年で5万人を超える治療経験から「パーフェクト整体」メソッドを創る。2012年より「パーフェクト整体ヘルメス塾」を主宰し、プロ向けに指導を開始。2014年より一般社団法人日本パーフェクト整体普及協会<JPSA>を設立。協会認定講師指導による「パーフェクト整体」ヘルメス塾を、全国数ヶ所で開催している。

「3つの体液」を流せば健康になる!血液・リンパ液・脳脊髄液のしくみと流しかた 1,400円+税 自由国民社

「3つの体液」を流せば健康になる!血液・リンパ液・脳脊髄液のしくみと流しかた 1,400円+税 自由国民社


2015/05/11 | キーワド: , , , , | 記事: