Exercise

寝る前10秒!3ポーズで一日の疲労解消&アンチエイジング!

tam2015091614

前回『顔ヨガ』について、顔ヨガ/ヨガ講師の“篠原もとこ先生”にお話を伺いました。今回は、いよいよ『顔ヨガ』のポーズをご紹介します。これから紹介するポーズは、夜、1日の終わりにトライするのがおすすめです。1日の顔の疲れや、嫌なことがあって思わずしかめてしまった顔をリセットするためのポーズです。さらに、アンチエイジングに効くポーズも含め、全部で3つのポーズを教えてもらいました!ストレス社会に負けず、『顔ヨガ』で疲れを癒やし、活き活きとした表情をGETしちゃいましょう!それではどうぞ。

*篠原先生の過去記事はこちらから

未来の顔は、今の表情で決まる!? 『顔ヨガ』で表情筋トレーニング!

①おでこロック

目ぢからUP、まぶたのたるみ改善、眼精疲労解消の効果があります。

1、顔は真っ直ぐ正面を向く

2、両手のひらでおでこをおさえる(下図参照)

3、おでこを手でおさえたまま目をほそめる

tam2015091606

4、ほそめた後は、大きく見開く

tam2015091605

5、ゆっくりと5回繰り返す(※呼吸は自然呼吸)

ポイントは、呼吸を止めないこと。手のひらでおでこをロックする理由は、おでこにシワをよせないためです。目を細めたり見開いたりすると、おでこにシワがよってしまう人が多くいます(実際に鏡を見て目を見開いてみてください)。そういう人は、まゆの力で目を開いているので目のまわりの筋肉が鍛えられません。慣れると目の力で見開けるようになるので、手を使わなくても出来るようになるまで繰り返し行ってマスターしましょう。

②ビックリスマイル

頬のリフトアップに効果があります。

1、顔は真っ直ぐ正面を向く

2、目を大きく見開く

tam2015091607

3、頬の山(たこ焼き)を持ち上げるイメージで、ニコッと笑う

tam2015091608

4、10秒キープ

ポイントは、目は「ビックリ」したように開いて、口は「スマイル」なのでニコッと笑うこと。口角を上げ、上の歯を見せてキープします。一見簡単なポーズに見えますが、こちらは意外と難しいポーズ。ニッコリ笑うとほっぺたにぷっくりとした山(たこ焼き)ができます。この山(たこ焼き)を上へ引き上げ続けるのですが、はじめのうちは自然に持ち上げることができないはずです。その場合は手で支えてサポートしてあげましょう。手を放しても、山(たこ焼き)の位置をキープできるようになればOK。

③ほうれい線プレス

ほうれい線改善の効果があります。

1、顔は真っ直ぐ正面を向き、口を閉じる

2、閉じたままほうれい線をなぞりながら口の中で舌を動かす(※右回り)

tam2015091610

3、同様に左回りで、ほうれい線をなぞる

tam2015091609

4、左右を4回ずつ繰り返す

ポイントは、しっかり口を閉じて、しっかりとほうれい線をなぞること。刻まれたシワをのばすようなイメージで舌を回しましょう。

『顔ヨガ』共通のポイントは“呼吸を止めないこと”

基本的にはヨガと同じで、鼻から吸って鼻から吐きます。口には鼻とちがって鼻毛や鼻腔などのフィルターがなく、バイ菌が入りやすいので、口から吸うということはありません。鼻が詰まってたりして鼻呼吸が難しい場合は、口を使っても大丈夫です。それよりも、呼吸を止めないようにすることが重要。呼吸が止まってしまうと筋肉の細部まで酸素を送りこむことができないので、しなやかな筋肉が育たないそうです。

いかがでしたか?先生に1ポーズごとに詳しくポイントを教えてもらったので、わかりやすく実践できるんじゃないでしょうか。次回は“小顔になれるポーズ”をご紹介!お楽しみに!

◆今回お話を伺った方

篠原もとこ先生 顔ヨガ/ヨガ講師

篠原もとこ先生
顔ヨガ/ヨガ講師

2005年にヨガを始め、2007年よりインストラクターとして指導を開始。2010年からは顔ヨガの指導も行う。顔ヨガインストラクターを指導するメイン講師。顔と身体のヨガ講師として講演やメディアでも活躍中。「yoginica / ヨギニカ」を主宰。

yoginica http://www.yoginica.com/

「みるみる顔すっきり!温圧サウナマスク」(宝島社)

「みるみる顔すっきり!温圧サウナマスク」(宝島社)