Exercise

STOP!“むくみの上書き”『顔ヨガ』で小顔をGET

tam2015091613

前回までの『顔ヨガ』記事はごらんになって頂けたでしょうか。顔ヨガ/ヨガ講師の“篠原もとこ先生”から伺ったお話も、今回で最終回!ラストは、『顔ヨガ』で小顔になれるポーズ紹介です。『顔ヨガ』をすると、もちろん個人差はありますが、初めてやった人でも血行が良くなるので“むくみが解消”されます。むくみが解消されると、“フェイスラインがすっきり”します。そうすることによって、小顔に近づけるのです!

*篠原先生の過去記事はこちらから

未来の顔は、今の表情で決まる!? 『顔ヨガ』で表情筋トレーニング!

寝る前10秒!3ポーズで一日の疲労解消&アンチエイジング!

①くちゃくちゃぱっ

リンパの流れや、血行を促進することでむくみが解消されて小顔になれるポーズ。

1、顔は真っ直ぐ正面を向く

2、大きく息を吸う

3、「シューッ」っと声に出しながら口から息を吐き、顔のパーツを鼻にギュッとよせる(※このとき目も閉じる)

tam2015091603

4、息を吐き切ったら「パッ」と顔全体を外側に広げるように解放する(顔を元に戻す)

tam2015091604

5、2回繰り返す

息を吐く際のポイントは、顔のパーツを中心に集めるようにして、上唇は鼻にくっつける勢いでくちゃくちゃにすること。1回行ったあとに、目を閉じると顔が温まっていることを感じるはずです。じんわり温まったら効いている証拠。ちなみに、こんなにくちゃくちゃにしたら顔にシワができるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。筋肉はゴムのように縮めても元に戻るという作用(仕組み)があります。ゴムを想像するとわかりやすいですが、縮めるのが中途半端だと戻るのも中途半端になってしまいます。だからこそ、思い切り行って、解放してあげるのが良いのです。

②ムンクの顔

目もとのむくみ、たるみ解消、顔全体のストレッチ効果も抜群で小顔になれるポーズ。

1、顔は真っ直ぐ正面を向く

2、鼻の下をのばして口は「オ」の形(縦長のだ円)に

tam2015091611

3、口はそのままで、目線だけ壁をつたって徐々に上にあげていく

tam2015091612

4、そのまま目の下と鼻の下が伸びているのを意識して10秒キープ

5、最後はゆっくり顔を解放させる(顔を元に戻す)

ポイントは目線を上げるときに、顎があがらないように注意すること。口がゆるんだり、目線が下がるとしっかりのびないので要注意!このポーズのイメージは、もちろんあの「ムンクの叫び」です。恥ずかしがらずに思いっきりやるととても気持ちいいポーズなので、疲れた顔をリフレッシュするにも◎。

“むくみ”を解消すると、シワやたるみも解消されます!

『顔ヨガ』は手軽に“顔のむくみを解消”することができ、むくみを解消することで、シワやたるみの解消にもつながります。たとえば、むくんだ日にそのむくみを解消してあげないと、毎日の積み重ねでどんどんむくみが“上書き”されていきます。そして上書きされたものがたるみの原因となり、たるんだ部分がどんどん深いシワになっていくのです。むくみは、若いころは1日で帳消しにできても、年齢を重ねるとそうもいきません。まずは、むくみを解消することでシワやたるみの解消に繋がるのです。

いかがでしたか?小顔になるのも女性にとっては重要ですが、シワやたるみを解消することも見逃せないポイントですよね。『顔ヨガ』なら、顔のむくみをとってどちらも解消できます!ぜひみなさん今日から『顔ヨガ』にトライしてください。

◆今回お話を伺った方

篠原もとこ先生 顔ヨガ/ヨガ講師

篠原もとこ先生
顔ヨガ/ヨガ講師

2005年にヨガを始め、2007年よりインストラクターとして指導を開始。2010年からはフェイシャルヨガ(顔ヨガ)の指導も行う。顔ヨガインストラクターを指導するメイン講師。顔と身体のヨガ講師として講演やメディアでも活躍中。「yoginica / ヨギニカ」を主宰。

yoginica http://www.yoginica.com/

「みるみる顔すっきり!温圧サウナマスク」(宝島社)

「みるみる顔すっきり!温圧サウナマスク」(宝島社)