Hair

簡単!梅雨髪のうねり、クセ、広がりは「アノ」技で解決!

baby washing hair in bath as logo. Isolated with clipping path

じめじめする梅雨。髪のうねり、クセ、広がりがひどくて毎朝、大変! そんな悩みは、シャンプーのときに、あることをすると解消されるんです。さあ、早速、試してみましょう。

健康な髪であることが必須

梅雨の髪の悩みは、何が原因なのか。湿度が高いと、水分が髪の内部に入りこんでしまうのが一因。すると、広がったり、うねったり、クセが強く出たり。それを防ぐためには、キューティクルがそろった状態、つまり健康な髪であることが大切です。だから、ヘアケアをすることが、解決への近道と言えます。

正しいシャンプー法が有効

もっとも簡単にできるヘアケアといえば、シャンプーとトリートメント。そんなのいつもやってるって? そうですよね。ただ、ちょっとしたコツを実践するだけで、驚くほど効果がアップ!

シャンプーは地肌を「ためすすぎ」

シャンプーは地肌を洗うもの。聞いたこと、ありませんか? そんなの当たり前って? では、「お湯だけで汚れが8割落ちる」って、知ってますか!? そう。最初に、頭皮をよーくぬらすだけで、汚れのほとんどは落ちるのです。頭皮をお湯でしっかり洗うには、①髪の根元をくしゃっとつかむように持ち、②丸まった手の平と地肌の間に、シャワーの湯をためこむようにあてる。すると、お湯で地肌をすすぐような感じになりますよね。ためて、すすぐ「ためすすぎ」こそ、汚れをとるのに大切なステップなのです。しっかりとぬれた地肌は、少量のシャンプーでOK。その後部位を変えながら、1分くらい流して、全体がよくぬれたら完了。それから、シャンプーをつけます。ほら! 泡立ちがいいですよね!

ヘアサロンで、こうやって洗ってくれますよね。これを自分でやるイメージ。

ヘアサロンで、こうやって洗ってくれますよね。これを自分でやるイメージ。

トリートメントは毛先中心

シャンプーを流したら、トリートメント。毛先中心に塗ります。地肌には塗布しない! ホットタオルか、シャワーキャップをかぶって15分くらいおくのが理想です。トリートメントをしっかり浸透させ、毛先をケア。すると、シャンプー技ですっきりさせて、根元が「ふわっ」としている分、毛先のしっとりが強調されて、メリハリがうまれます。梅雨髪のペタンとした印象を解決するには効果的。

髪の毛の真ん中から毛先に塗布

髪の毛の真ん中から毛先に塗布

タオルドライは優しく

髪を洗ったあとは、タオルでぽんぽんとやさしく。ゴシゴシするとキューティクルがはがれます。髪がぬれた状態は、いたみやすい。だから、ていねいに扱って、はやめに乾かしましょう。ドライヤーは上から下。キューティクルにそってかけるのが原則です。髪の根元を指で動かしながら乾かすと、ふわっとした仕上がりになります。

力を入れない!

力を入れない!

シャンプーはとにかく地肌をよくぬらすのが鉄則。大切なので、もう一度言います。「地肌をためすすぎ」「トリートメントは毛先」。これを毎日つづけるだけで髪の状態が全く違ってきますよ。

 

 

 


2014/06/30 | キーワド: , , | 記事: