Hair

“パサパサ”“ゴワゴワ” 夏髪のトラブルは、夏のうちに。【美髪アドバイザー 田村マナ先生②】

666

前回の「田村マナ先生の記事1」に引き続き、今回も田村マナさんに聞いたヘアケアについてのお話をお届けしていきます。今回は、夏髪トラブルに注目!

『シーン別の原因+ヘアケアとは?』『皮脂が詰まった髪を解消する方法』『田村マナさんのイチオシ!ヘアオイル』をご紹介!これで、あなたももう夏の髪トラブルで困ることはなくなるかも!?

 誰もが振り返る美髪は、頭皮でつくられる。【美髪アドバイザー 田村マナ先生①】

夏のシーン別ヘアケア方法

* 

海で、髪へのダメージを与える要因は、当たり前ですが「紫外線」と「海水」です。これが、ダメージのもと。とくに、海での紫外線は、まわりに遮るものがないため、髪はもちろん頭皮まで焼けてしまうのです。頭皮が焼けてしまうと、髪の毛をつくる細胞自体がダメージを受け、健康的な髪の毛が生まれにくくなってきます。

なので、海に行く場合は、髪の頭皮にも日焼け止めヘアスプレーや美容液を塗ったりして保護をしてあげましょう。つけるタイミングは、基本的にはいつでもOK!海から、一度あがってきたときにもササッと塗ってあげる、こまめなケアが有効的です。

2つめの海水。髪に海水がふれると、キューティクルが開いてしまうんだそう。キューティクルは、たけのこのように何枚も重なり合っていて開いたり、閉じたりします。開いてしまうと、髪に含まれた水分や油分、栄養素を開いたところから流出してしまい、ダメージにつながります。いかに、キューティクルが閉じている時間が長いかが重要なのです。海水によって開かれたキューティクルを閉じてあげるには、はやく海水を洗い流すことが重要!

それに加えて、事前にダメージを受けないためのアウトバスのオイルを海に行く前につけてあげるといいでしょう。

*  プール

プールも、海と同様に紫外線に加えて、プールにふくまれる「塩素」が大きな要因になります。塩素は、髪を溶かして褐色させてしまい、乾燥を引き起こす原因にも。基本的には、海の時と同じケア方法でOK。

* 

海やプールに比べて、山は、木々が紫外線を遮ってくれるため比較的に少ないようです。しかし、標高が高い山だと少し話が違ってくるんです!

紫外線は、標高が1000m高くなるごとに、10~20%くらい多くなるといわれています。

これには、空気の層の厚さが関係していて、紫外線は大気中で弱められるため、標高の低いところほど、到達するまでの大気の層は厚いそうです。なので、補足となりますが……、山に行くときは、頭皮と髪を守るために基本的なこの3つを意識してやってみてください!

①  紫外線の強い時間帯(10時~14時)を避ける。②日陰を利用する。③日傘を使う、帽子をかぶる。

少しだけの外出だとしても、こまめにケアをすることが大切です!

ちなみに、日焼け止めに表示されているSPFの意味は知っていましたか?

「SPF1=20分」という紫外線予防の時間を表しているのです!よく見かけるSPF20は6時間の防止時間があるということになります!ただ、SPF値が高くなるにつれ、負担も高くなってしまいます。SPF値が低いものをこまめに塗ることが最善策といえますね。

 

ベタつき、ニオイ、髪のパサつき……こびりついた皮脂を落とすスペシャルケア

日本の夏は、気温も高く湿気も高いため、汗で頭皮のベタつきやニオイで悩む方が多いのです。汗によって、皮脂や不要な角質が混ざり合ってべったりと頭皮についてしまうからです。そんな、夏にオススメなのが、今回紹介するスペシャルケア『オイルによるディープクレンジング』なのです!

やり方はカンタン!

オイルを直接頭皮に縦4本、横3本くらいの線を描きながら塗っていきます。

image

毛穴の周辺にしっかりなじませるように優しく、もみほぐしながら浸透させていきます。

2分程度置いてから、ぬるま湯ですすぎ、シャンプーとトリートメントをして乾かしておわり。(田村マナさん伝授の正しいシャンプーとトリートメント法は次回紹介していきます)

これによって、髪の付け根に酸化した皮脂を洗い流すことができます。

人によっては、頭皮が健康的な青白い色に変化するのが分かるほどなんだとか!

「なんだか最近、べたつくし、ニオイも気になる」って時に、やってみてくださいね。

田村マナさんのイチオシ!ヘアオイル3つ

どんなときに、どんな原因で髪にダメージを受けているのか少し、知ることができたのではないでしょうか?

ここからは、田村マナさんに教えていただいた、夏髪トラブル用のヘアケアアイテムをご紹介★

リピート率が高い!夏場の気になるベタつきも一切なし!?

リペアリングヘアオイル17HR100G13

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングヘアオイル 100ml  3,800円(税抜)

ビタミンやミネラル豊富な食物の種や実から抽出した4グレインオイルが髪に栄養を与え、しなやかでさらツヤな髪に導くヘアオイル。シャンプー前、タオルドライ後、乾いた髪に、それぞれに異なる効果を発揮するマルチユースオイル。毎日のヘアケアの新必須アイテムに。

~田村さんからヒトコト!~

「 髪への馴染みがとてもよく、ごわついた髪をしなやかにしてくれるオイルです。」

夕方までサラサラキープ♪アウトバスケアにぴったり

DRオイル

AVEDA ドライレメディー デイリー モイスチュア オイル 30ml 3,200円(税抜)

99.9%自然界由来のオイルが、乾燥してパサつきがちなドライヘアに浸透し、髪の潤いを瞬時に最大41%アップ*4。毛先まで潤いに満ちた髪に導くノンシリコンタイプの洗い流さないヘアトリートメントオイル。やわらかく、 潤いに満ちたツヤのある髪仕上げハネをコントロールします。カラーセフ処方。

~田村さんからヒトコト!~

「乾燥した髪の内部の水分量を瞬時にアップさせてくれるオイルです。」

スプレータイプ!外出先の髪のUVケアとしてお供に

ヘアオイルカラードヘア 高画像

オリオセタ プロテクティブヘアオイル カラードヘアー 150ml 3,200円(税抜)

プールや海・紫外線によってダメージを受けた髪を輝きとまとまりのある髪へ導き、UVケアをします。オーガニック認証を取得したアルガンオイルとマカダミアオイル、その他ラズベリーオイルを始めとした成分の働きで補修します。また、ウォータープルーフ効果で長時間髪を保護します。肌についても問題がなく、シャンプーで手早く洗い流すことが出来る為、残留の心配は要りません。

~田村さんからヒトコト!~

「この時期にぴったり!紫外線や海水、塩素による乾燥やダメージに対して効果的なオイルです。」

 

気になるオイルは見つかりましたか?まだ、悩んでいるというあなた。この機会におすすめヘアオイルを試してみては❤

これから、夏も後半戦に突入!あなたのその“パサパサ”“ゴワゴワ”な髪を見違えるくらいのツヤ髪に戻していきましょう♪

 

*今回、お話を伺った方

田村マナさん

prfile

美髪アドバイザーであり、ヘアケアもしくは基礎化粧品ブランド「エル・ド・ボーテ」の代表。国際線のCA時代に、機内の過酷な環境による髪のトラブルに悩み、同僚とオリジナル化粧品「CA101(シーエーイチマルイチ)」を開発して悩みを克服。その経験を元に現在は美容メソッドの情報発信や商品開発など幅広く活動中。美容家として活躍している山本未奈子さんとの共著「頭皮ケアで始める美髪バイブル」(講談社)を執筆。


2014/08/23 | キーワド: , , , | 記事: