Hair

ヘアケアの最大ポイント!?「頭皮保湿」の方法★【美髪アドバイザー 田村マナ先生④】

888

前回から「田村マナ先生1・2・3」と続いてきましたが、いよいよ最後となりました!今回は、頭皮ケアのなかでも、シャンプー、トリートメント、マッサージと同じくらい重要なポジションにある「頭皮保湿」の方法を紹介!

「マッサージはしていても、保湿までは気にしていなかった!」という人も、参考にしてみてくださいね♪

また、頭皮ケア=マッサージと思っている方も多いかと思いますが、実は、頭皮ケアとはシャンプー、トリートメントは頭皮ケアではなく髪のケアなので、ブラッシングや保湿ではいかがでしょうか?など含めたものをいいます。前回、紹介しましたシャンプーやトリートメントの正しい方法は頭皮ケアのマッサージにもあたります。見逃したという方は!コチラからチェック!

それでは、ここからは「頭皮保湿」の方法を紹介していきたいと思います!

 誰もが振り返る美髪は、頭皮でつくられる。【美髪アドバイザー 田村マナ先生①】

“パサパサ”“ゴワゴワ” 夏髪のトラブルは、夏のうちに。【美髪アドバイザー 田村マナ先生②】

見落としがち!シャンプー&トリートメント見なおしてみませんか?【美髪アドバイザー 田村マナ先生③】

頭皮にうるおい・栄養をうながす「頭皮保湿」!

洗顔後やお風呂あがりに、顔を必ず化粧水やフェイスパックで保湿することと、原理は全く一緒です。

乾燥した肌がつっぱるように、頭皮も同じような現象が起きるのです。また、たるみやごわつき、により健康な髪も育たくなり、美髪には、ほど遠い頭皮になってしまいます。より良い頭皮に導くための「頭皮保湿」は頭皮用エッセンスを選ぶことがカギとなります。

頭皮用エッセンスの選び方

頭皮の下には、筋肉がなく動かすことができないという特徴があります。なので、頭皮用エッセンスでも保湿+血行促進ができる成分を使うのがマストといわれています。オタネニンジンやセンブリ、ショウガなどが代表的といえます。

また、グリチルリチン酸2Kやβ-グリチルレチン酸、ユーカリやローズマリーなどの植物エキスも優秀な成分といえます。抗酸化成分が高く、うるおい成分が非常に高いためです。これから、育つ髪のためにも頭皮用エッセンスは、良いものを使うようにしていきましょう。

「頭皮保湿」の方法

1   タオルドライ!

バスルームから出たら、タオルで髪と頭皮の余分な水分を取っていきましょう。ポイントは、タオル越しに軽くたたくようにふいていくこと。また、頭皮のイヤ~なニオイは襟足からが多いといわれています。襟足部分もタオルを軽く押し当てながら水気を取っていくのがオススメ!

2   縦4本、横3本!

image

写真のように、耳より上、帽子をかぶると隠れる部分(帽状腱膜の上)。描かれている縦4本と横3本に沿って、地肌を出しながら塗っていきましょう。

3   美容液!

髪を分けて、その隙間に美容液を塗っていきましょう。頭皮につけるためには、ノズルつきや先端が細くなっているタイプが効果的です。髪にふりかけても、頭皮に届いていないと美髪にはなれないので、しっかり頭皮まで浸透させてあげましょう。

※ 基本的に朝のスタイリング前とお風呂あがり、トリートメント後の1日2回が目安。

いかがでしたか?

「頭皮保湿」のあとに、マッサージをしたほうがより浸透力も高まり、効果的ですが、シャンプーのときにも頭皮ケアマッサージをしているので、「必ず、しなくてはならないもの」ではありません。これから、きたる秋!今度は、皮脂トラブルよりも乾燥によるヘアトラブルが増えることが予想できます。頭皮ケアを始めてトラブル回避していきましょう★

 

また、ここでは紹介しきれなかったブラシ選びやドライヤーのかけ方などもチェックできる著書が発売中です!これを読めば、頭皮ケアマスターになれちゃうかも!?

~健康的な頭皮を導き、美髪にも導くヒントがみつかる~

美髪バイブル_帯有り_72dpi

頭皮ケアで始める 美髪バイブル 1,400円(税抜)講談社刊

*今回、お話を伺った方

田村マナさん

prfile

美髪アドバイザーであり、ヘアケアもしくは基礎化粧品ブランド「エル・ド・ボーテ」の代表。国際線のCA時代に、機内の過酷な環境による髪のトラブルに悩み、同僚とオリジナル化粧品「CA101(シーエーイチマルイチ)」を開発して悩みを克服。その経験を元に現在は美容メソッドの情報発信や商品開発など幅広く活動中。美容家として活躍している山本未奈子さんとの共著「頭皮ケアで始める美髪バイブル」(講談社)を執筆。


2014/08/26 | キーワド: , , , | 記事: