Hair

おしゃれっぽく見えて簡単! 基本のヘアアレンジ~Part1

Rayアレンジ005-0022

可愛いヘアアレンジをいろいろしたいけど、不器用だし、時間もないし、結局、いつも同じアレンジになっちゃう! そんな人にオススメなおしゃれに見えるけど簡単な、定番アレンジをご紹介! こなれて見えるコツは、抜け感&バランス。 これさえ覚えればヘアアレンジは制したも同然です! まずは、ポニーテールとハーフアップを覚えよう。

 

顔まわりのルーズ感が大事! ~ポニーテール

甘いファッションに高めのポニーはトゥーマッチ。コドモっぽくなってしまうのでやや低めが鉄則。

Rayアレンジ004-0021Rayアレンジ004-0037a

1

前髪を7:3に分け、7側の毛を薄めにとって残しておく。そうすると顔にかかってもニュアンスが出ておしゃれ。

Rayアレンジ プロセス-0021

2

手を熊手状にしてまとめ、ざっくりとポニーテール。手ぐしの跡を残すことで、かっちりしすぎ=古臭さを払拭。

Rayアレンジ プロセス-0020

3

あごから耳の上の延長線上である、ポニーテールのゴールデンポイントよりも下で結ぶ。ゴムは太めがベター。

Rayアレンジ プロセス-0019a

無造作感を出すため、トップだけではなく耳上のサイドの髪もつまみ出す。崩れないよう結び目は押さえながら。

Rayアレンジ プロセス-0018

5

バレッタをつけた後、残した前髪を毛先だけリバース巻き。軽く外巻きにするだけで、おしゃれ感と可愛さがUP!

Rayアレンジ プロセス-0017

6

前髪のカールをキープするために、スプレーを毛先にON。最後にポニーテールの毛束を軽くほぐして完成♥

Rayアレンジ プロセス-0016

 

ニュアンスづけのねじりが決め手! ~ハーフアップ

コンサバになりがちなハーフアップは、ねじりアレンジと組み合わせてカジュアルにするのがGOOD!

Rayアレンジ007-0014aRayアレンジ007-0028a

 

1

コームを使い、トップの根元中心に逆毛を立てる。アレンジ前のこのひと手間で自然なふんわり感が出せる。

Rayアレンジ プロセス-0036

2

こめかみ上の髪を少量とり、2束に分けてゆるめに交差していく。きつめに交差すると可愛さが半減しがち。

Rayアレンジ プロセス-0035

3

毛先まで交差したら、後頭部でピンどめ。毛流れと平行にピンをさすことで、しっかり固定され崩れにくい。

Rayアレンジ プロセス-0034

4

3同様、反対側の髪も交差させ、後頭部でピンどめ。ピンはなるべく見えないように小さめを使うのが◎。

Rayアレンジ プロセス-0033a

5

2で取った毛束の下から少量の髪をとり、2束に分けて交差させ、後頭部でピンどめ。反対側も同様に。

Rayアレンジ プロセス-0032

6

交差した毛束が上下2段でき、ハーフアップが完成。最後に毛束をつまみ出し、ゆるいニュアンスをつけて。

Rayアレンジ プロセス-0031

 

どうでしたか?簡単でしょ?

次回は、ちょっとだけ上級な三つ編み&おだんごヘアの基本アレンジをご紹介します!

 

 


2014/08/30 | | 記事: