Hair

●●するだけ!? 明日からできる! 簡単見た目チェンジ術【ポニーテール編①】

CHOITASHI_1267

街なかでもよく見かける、ポニーテール。みなさん、ポニーテールってただ後ろで束ねたワンパターンで変化がきかないものだと思っていませんか。

実は、ヘアアレンジの基本ポニーテールは、●●を変えるだけでバリエーションが出て、印象も変わってくるんです。

気になる●●とは、ずばり「位置」!

 

まずは、こちらをご覧ください。

CHOITASHI_1255 CHOITASHI_1256 CHOITASHI_1257

 

いかがでしょうか。結ぶ位置を変えただけ、モデルさんは一緒なのに、受ける印象は全く違います。

1つ1つ詳しくみていきましょう。

 

高めポニーテールの場合

CHOITASHI_1255

この位置にしての効果

①見た目の印象が若くなる

②えり足がすっきりしているので、清潔感あり

 

 

中間ポニーテールの場合

CHOITASHI_1256

この位置にしての効果

①顔~髪のシルエットを一番キレイに見せられる

②どんな服にも合う

 

 

低めポニーテールの場合

 

 

CHOITASHI_1257

この位置にしての効果

①落ち着いた大人の印象

②崩れにくく最も安定する位置

 

 

 

「綺麗なポニーテール」の3ヶ条

位置によって印象が変わるポニーテール。そんなポニーテールを自分でつくるときに心がけるべき3つのポイントがあります。

CHOITASHI_1267

1 サイドとえり足はたるませない

この2箇所がたるむと、全体的にだらしない印象に。タイトに仕上げましょう。

 

 

2 サイドは手ぐしで綺麗な毛流れ感を出す

きっちりしたポニーテールをつくろうと、スプレーやワックスで固めながら、クシで何度も梳かして……としがち。しっかりした印象にはなりますが、ファッションには不向き。服が可愛くても、髪であか抜けていない印象になってしまいます。

こんなときは手ぐしで自然なラフ感を出して、見た目印象をぐんとアップさせましょう。

 

3 結んだ毛先は内巻きにするとさらにオシャレ

朝の忙しい時には厳しいかもしれませんが、少し時間がある・オシャレを楽しみたい特別な日には、毛先をカールアイロンで内巻きに。ぱさついて広がりがちな毛先をまとめ、さらに清潔感のある一段上のオシャレな印象に。

 

(撮影/アベユキヘ)

 

 

次回予告

 

いかがでしたでしょうか。

次回は、そんなポニーテールをたるませない、自宅でできる裏ワザを大公開! お楽しみに。

 

WEBヘアカタログのご紹介

★おすすめサイト★

\CLICK! CLICK!/

header_logo

ヘアスタイル&ヘアサロンのトレンドマガジン TOKYO Cawaii BEAUTY (トウキョウカワイイビューティ)

 

 


2014/11/19 | キーワド: , | 記事: