Hair

顔型別 似合う前髪ってなんだ?

髪を切る女性
コンプレックスだって前髪でカバーできちゃいます

前髪は顔の印象を左右する大切なポイントです。とくに、顔の形によって似合うスタイルもかわってきます。どんな前髪が似合うのかチェックしてみてください。

●ベース型

エラやハチが張っているベース型は、視線を立てに流すのが効果的です。前髪のラインを眉と並行にしてしますと、エラが目立って顔型はベースそのものに見えてしまうってことも。

ななめ前髪・・・前髪は真ん中を短く、左右を長くカットします。その前髪をななめに流れるようにスタイリングを。顔の面先が縦にひろがってエラやハチが目立たなくなります。前髪以外の髪はダウンにして輪郭を隠すように。

高さのある前髪・・・カーラーやアイロンで前髪を巻いて、高さを出しましょう。ウエイトを顔の上半分に置くことで、視線を誘導すればカバーすることができます。

面長

おでこをだしてしまうと、面長の人はさらに顔を長く見せてしまいがち。理想のたまご型に見えるような工夫が必要です。前髪をおろして、縦の面積を減らし、小顔に見せることが基本です。

両サイドへ流れる前髪・・・眉下でカットして前髪をセンターでわけ、毛先が均一に両サイドにむかって流れるようにスタイリングを。左右両方へ視線を流してワイド感を出しましょう。

長短をつけたま眉上前髪・・・眉の上でカットした前髪を、束っぽく長短をつけて顔になじまえるスタイル。面長の人がぱっつん前髪にしてしまうと、横長の直線とのコントラストで縦長感が強調されてしまいます。顔と髪の境界線をぼかして顔になじませることが大切です。

丸顔

あごが短く頬が広いのが丸顔。カバーするにはおでこを見せて錯覚による縦長感を強調しなくてはいけません。縦に視線を走らせて錯覚効果を利用しましょう。

すき間のある前髪・・・前髪を立てにザクザク削ぎ落とすようにレイヤーを大きくいれたスタイルがオススメです。おでこが透けて見えるから縦の長さがプラスされ、縦のラインがはいることによって視線も縦に流れます。

ななめに流れる前髪・・・幼く見えがちな丸顔。ななめに流れる前髪なら、縦に面積を広げられるし、大人っぽい印象になります。そろった前髪ではないので、横に走るラインをなくすことができます。ななめのラインはヘアアイロンで作れます。

逆三角形

逆三角形のポイントは、シャープなアゴのラインを中和させ、視線を横に走らせることが肝心。前髪は横に走らせる工夫で縦長感を解消しましょう。視線を横に走らせれば、鋭角感が少なくなります。

ワイドめのフル前髪・・・目と眉の間の長さをキープ。少しワイドぎみにすることがポイントです。幅が狭いとフェイスラインの角度が鋭角になって逆三角形を強調してしまいます。前髪のカドの部分をラウンドぎみになじませれば、輪郭をボカす効果もでてきます。

長め前髪・・・頬の長さくらいの長め前髪なら、顔の中で横の幅の広い頬にポイントがきます。そうすることで視線が縦へ流れることを防ぐことができます。

いかがですか? 前髪を味方につければ、コンプレックス解消も夢ではありません。

 


2014/12/01 | キーワド: , , | 記事: