Hair

「朝ドライ」でクセ毛を撃退♥〜長さ別解説つき〜

寝起きからフンワリサラッとヘアなんて、少女漫画の中のお話。実際の女子の髪はそんな簡単にはいきません! 夜セットして寝ても、どうしても朝にはクセがついてしまいますよね。中学時代は帽子をかぶって寝たりもしていた努力型ツボユリです。

EEEWDED

困ったクセ毛を予防できちゃう♥長さ別・基本の「朝ドライ」方法をご紹介♥

QEFD

ショートヘア

(1)本当は朝髪を洗うのが◎ですが、寒い季節の今、出来ればそんな修行のようなことは避けたい… そんな人はスプレータイプのボトルに水を入れて、髪全体にシュッシュ、と吹きかけましょう♬ 根元の立ち上がり方で毛流れの方向が決まります。特にクセの出やすい短い髪の人は根元をしっかりぬらすのが鉄則!

 

(2)コームで髪をとかして、このときにスタイリングしたい形に整えておきます。ぬれた髪は痛みやすいので、出来るだけ目の粗いものを選びましょう♬

(3)ドライヤーを使って、上から下に温風をあてましょう。下を向いてから温風をあてると、髪が頭の丸みに沿って自然と放射線状になるので丸みがキレイにクセづきます。

(4)顔をあげて、トップの髪がつぶれないように手ぐしで髪をとかしながら左右から温風をあてて乾かします。このとき、毛先ではなく根元に風をあてるように気をつけましょう♬

(5)ショートヘアの人がとくに気になる、ハネやすい襟足は手ぐしで前に引っ張りながら後ろから温風をあてます。こうすることで、襟足のボリュームもおさえられて、トップの丸みが強調されます。

(6)8割ほど乾いたら、ロールブラシで全体をブローします。髪の形は乾くときに決まるので手ぐして8割乾かしたらあとはブラシで整えながら乾かしましょう。髪が短い人は、小さめのロールブラシもあるのでうまく使って乾かすと◎。

XCAD

ロングヘア

(1)ついついハネている毛先を直しがちですが、問題は根元! 毛先にクセが出ていてもまずは根元をぬらすのがカギ。ショートの人と同じく、ピンポイントでぬらしやすいスプレーボトルを使って根元をシュッシュ、とぬらしましょう♬

(2)毛先からコームでとかして、ひっかかりのない状態に整えます。ロングヘアの人はからまりやすいので、髪を痛めないようにあせらず毛先からしっかりとかして。

(3)乾きにくい襟足の後ろの髪から乾かしましょう。後ろから前にむけて温風をあて、髪を前に手ぐしで流しながら乾かします。襟足部分のボリュームがすっきりするとまとまった印象になるのでしっかりと。

(4)根元→中間→毛先の順番で全体の髪を乾かしていきます。トップは左右から温風をあてて根元から乾かしていきます。中間から毛先の髪は、内側の髪から手ぐしで前にむかって軽くひっぱりながら乾かします。

(5)7割程度乾いたら内側にねじってクセづけます。ねじりながら後ろから温風をあてながら乾かすと、髪にほんのり内巻きのクセがついて毛先までまとまりやすくなります♬

(6)9割程度乾いたら大きめのロールブラシで毛先を内巻きに軽くブローします。ロールブラシで髪をひっぱり、ドライヤーの温風をあてることでツヤ感もアップします。

 

どちらも、しっかり乾かして眠るとクセが軽減するので、面倒くさがらずにしっかり乾かしましょう!

 

 

ちょっとしたことで、同じような動作でもクセが広がったりまとまったり。。。自分の髪質にあった「朝ドライ」で気分よく出かけましょう♬

いってらっしゃ~い!

 

 

参考★mina特別編集 簡単!可愛い!ほめられる!ラク可愛ヘアアレンジ

 

 


2013/12/31 | キーワド: , , | 記事: