Hair

お花見・GWを楽しむために!今からはじめる紫外線対策のススメ

桜もチラホラ開花し始めて、すっかり春を感じる今日この頃。これからGWにかけて、まさにお出かけするのには一番気持ちのいい季節!……ですがみなさん、お出かけ前にちょっと待った!! 紫外線対策は完ぺきですか? 実は油断しやすい春こそ、紫外線対策にもっとも慎重にならないといけないシーズンなんです。

 この時期の「うっかり日焼け」が怖い理由

●紫外線量が想像よりも圧倒的に多いから

「まだ夏本番じゃないから」、「まだそれほど暑くないから」と気を抜いている人は注意! 実は4月・5月の紫外線量は、真夏の7月・8月の紫外線量よりも多いんです! なんとなく混同しがちですが、紫外線量と気温は無関係。だから、今こそ紫外線対策が大切なんです。

 ●一年の中で一番、肌が白く無防備な時期だから

意外にも、春から初夏にかけては一年中で最も肌が白く明るくなる季節であることを知っていますか? その理由は季節の移り変わりにともなう紫外線量の変化。肌の色は、この紫外線量の変化をあとから追いかけるようにして変わっていくんです。つまり、紫外線量の少なくなった冬を経た今の時期、人の肌は一番白く日焼けしやすい無防備な状態になっているのです。

例えば「洗濯物を干しにベランダに」、「近くのスーパーへ買い物に」といった日常生活の中でも、その間に浴びた紫外線は肌にしっかり影響してしまうのです。

高数値のモノを選ぶだけじゃダメ! 日焼け止め選びに注意!

紫外線対策といえば、真っ先に思い浮かぶのが「日焼け止め」。でも、効果を求めるあまり、やみくもにSPF値やPA値が高いものを選んではいませんか? 実はそれ、TPOを考えて使わないと肌にも負担を与えてしまうのです。日焼け止め選びのポイントをおさえて、シーン別に合ったものを使ってください。

1.そもそもSPF値とPA値の違いとは?

日焼け止めに表示されている「PA」と「SPF」。その違いは、それぞれ対応する紫外線の違いにあります。「PA」は「UV-B」と呼ばれる紫外線を、「SPF」は「UV-A」と呼ばれるものを防いでいるのです。二つの紫外線の特徴はコチラ。

★急激な日焼けで肌に炎症を起こす「UV-B(PA」対応)・・・海水浴や山登りなどのレジャーの後で、肌が赤くなり、ヒリヒリしてしまうことがありますよね。それはこの「UV-B」が原因です。皮膚への刺激が強く、肌の炎症を引き起こし、数日後には黒化させてしまう特徴をもっています。

★長年の蓄積が肌老化を起こす「UV-A(SPF」対応)・・・「UV-B」のような強い作用はないものの、肌の奥(真皮層)まで届いて内側からじっくりと肌を老化させていくのがこの「UV-A」。波長が長く、窓ガラスや雲も通過して届いてしまうので、日常生活の中で無意識に浴びている可能性が大。知らずのうちに深いシワやシミの原因となってしまうので、「UV-B」よりも注意が必要です。

 

2.目安にしたい! 行動範囲別日焼け止め選び

お伝えした通り、二種類の紫外線はそれぞれ肌に違った作用を引き起こします。だからといって数値が高い日焼け止めを日常的に使っていると、肌に大きく負担がかかるもの。皮膚への吸着力が強い分、毛穴詰まりをおこして汚肌になりかねません! 一日の予定を考えながら、日焼け止めを選びましょう。

・デスクワーク、家事、買い物、散歩……SPF10~20,PA+

・軽い野外スポーツ、スポーツ観戦、日中の外出……SPF20~30,PA++

炎天下のレジャー、山登り、海水浴、春夏のスキー……SPF30~50,PA+++

少し動くと暑くなってくるこれからのお出かけは、汗をかいて日焼け止めが落ちてしまう可能性も。お出かけ先にもよりますが、街中や軽いレジャーであれば、数値が低いものを3~4時間ごとに塗りなおす方法が肌への負担が軽くてオススメです。

 

 3.日焼け止め効果をもっと高めるためのワンポイント・アドバイス

紫外線は太陽光から直接射すだけでなく、地面や建物、空中のホコリ(!)まで反射して私たちの肌に届きます。日焼け止め効果をもっと高めるために、以下のポイントに気をつけましょう。

① 塗りむらをつくらない……おでこ、鼻の頭、あご、両ほほに日焼け止めを置き、そこから均一に伸ばしていくことを心がけましょう。あごの下に塗ることもお忘れなく。

年齢の出やすいパーツもしっかりケア……手の甲や首元はシワが日焼けによるシワができやすい箇所なので、忘れず塗るようにしましょう。

外出前にはフェイスパウダーをON……フェイスパウダーやパウダーファンデーションの微粒子が、紫外線を乱反射してくれます。さらに日焼け止め崩れも抑えてくれる効果も◎。

 

色落ち、抜け毛、切れ毛……髪だって紫外線ケアがマスト!

体の中で真っ先に太陽光を浴びるパーツでありながら、つい紫外線対策を忘れがちな「髪」。日焼けした髪はキューティクルが壊れ、毛先がパサつき、せっかくのカラーリングも赤茶に変色・・・なんて、痛々しい印象に。。。この時期お出かけするなら、髪の日焼けを防止も忘れないでください。

ツバの広い帽子、日傘は必ず装着!・・・髪の紫外線対策だけでなく、全身の紫外線対策として有効なので、この時期はお出かけの必携品ですね。帽子は通気性の高いものを選ばないと、頭皮の毛穴詰まりやニオイの原因となってしまうので注意しましょう。

まとめ髪にする、髪の分け目を変える……日に当たる髪の表面積を少なくすることで、紫外線の影響も少なくすることができます。また、頭皮の同じ部分に紫外線が当たってしまうことのないよう、アレンジヘアなどで分け目を変えることもオススメです。

髪専用の日焼け止めスプレーを使う……帽子や日傘が使えない時に便利なのがこのアイテム。海水浴などでも使えるので、レジャーの予定が多い人はこの時期から入手しておけば便利かも!

アフターケアは保湿重視で!……日に焼けた髪は乾燥状態にあるので、洗い流さないトリートメントなどでしっかりと保湿ケアを施してあげることが大切です。また、頭皮にまで日焼けが及んでいる場合は、冷水で冷やしたり、低刺激シャンプーを使用するように心がけてください。

しっかり紫外線対策を行えば、晴れた日のお出かけは気持ちをリフレッシュさせてくれるもの。以上にご紹介したアドバイスを参考にしながら、お花見やGWを心置きなく楽しんできてくださいね!