Info

【リフトアップして小顔】 かっさを使ってたるみをとる!

_HD_6544

かっさを使えば、たるみがとれて、小顔になれる。今回も田中玲子先生に聞いたSPECIALかっさを使ったマッサージ法を公開。老け顔に見える最大要因でもある、たるみを取るためのかっさマッサージを紹介します。

かっさの効能などは前回の記事をチェック! http://vitaminef.jp/info/12780

SPECIALかっさとは??

下の写真が開発された、かっさプレート。リンパが流しやすい「カーブ」(写真右)、田中玲子先生が編み出した現代人のツボ=美点をとらえやすいゴッドハンド「3点プッシュ」(写真上)、コリを「もみほぐす」(写真左上)、あごを「はさむ」(写真下)など、アンチエイジングには欠かせない機能をひとつのプレートにまとめたものです。

0502sh1_001

 

田中玲子

田中玲子先生 東京・下北沢で40年間続く「レイ・ビューティースタジオ」主宰。これまで16万人の肌にふれてたどりついた、現代人にあった「美点マッサージ」を開発。

 

 

 

 

ほおのたるみをとる

 

1

ほお骨下を押しこみ代謝を高める

 _HD_6578

かっさをほお骨下のくぼみにあて、斜め上に向かってプッシュ。顔全体の新陳代謝を高めて、ほおの弾力を復活! ゆっくりと押し込んでいくのがコツ。老廃物の流れもよくなる。
4秒左右2回ずつ

 

2

口角を押しこみほおを引き上げる

 _HD_6584

口角のすぐわきにかっさの端をおき、ほおを引き上げるようにプッシュ。頭がい骨の中央に向かって押していくイメージで。左右交互に気持ちいい強さで押し込んで。
4秒左右2回ずつ

 

3

こめかみをもみほぐしハリがUP

 _HD_6591

眉尻の横から目尻横までかっさでプッシュ。かっさをおき、小さく円を描くようにもむのがコツ。血流がよくなり、肌のハリがUP。皮膚をこすらないように注意。
1カ所を4秒×2回を左右

 

 

 

4

側頭部をもみながらプッシュ

_HD_6611

 耳上の側頭部をかっさを使ってもむ。頭皮にかっさをあて、小さな円を描くようにもみ、皮膚をこすらないこと。頭皮が活性化されるとリフトアップ効果が得られる。

 

 

顔の筋肉を使わないことで代謝が滞り、むくんでたるみに変化。ほおと頭皮に刺激を与えて肌代謝をアップ!

 

 

 

フェイスラインのたるみをとる

 

1

頭の中心を刺激し頭皮のコリをほぐす

 _HD_6621

頭の中心を先端で刺激。じわーっと圧をかけていくのがポイント。頭皮と顔の皮膚はつながっているので、頭皮からコリを解消していく。
1カ所4秒×2回

 

2

生え際をもみながらプッシュ

 _HD_6622

かっさの先端を使ってはえぎわをプッシュ。小さな円を描くようにもみながらプッシュするとより刺激が伝わる。頭皮のゆるみをケアすることでリフトアップが狙える。1カ所4秒×2回

 

3

生え際から側頭部に流す

_HD_6626

髪の毛をとかすように生え際から側頭部に向かって流す。頭皮に適度な刺激が加わり、活性化。血流がよくなり、頭皮のむくみも解消される。
1カ所4回

 

4

滞りをスムーズにするために流す

 _HD_6628

_HD_6629

老廃物の排水管の役割を担っているリンパを刺激。ここのつまりを開通することで肌の代謝が上がり、すっきりフェイスに。
1カ所4秒ブッシュ×4回

 

頭皮のコリやむくみが顔のたるみにつながる。刺激を与え頭皮の血流をよくすることで、フェイスラインがすっきり!

 

_MG_4737

レイ・ビューティースタジオ 住所:東京都世田谷区北沢2-22-12 レクアビル2F 電話:0120-015-141

 

 

かっさの詳しい使い方はもちろん、スペシャルかっさを手に入れるのは↓↓↓から!

 

アマゾンで買う

vitaminef

ビタミンエフ かっさ美容SPECIAL/主婦の友社 価格:本体1000円 ※消費税が別に加算されます

 

撮影/廣江雅美 モデル/八木美佐子


2014/08/05 | | 記事: