Info

自然に目を大きく見せる、普遍的6つのテクニック~大人メイクの基本の「き」~

美容イメージ
頑張ってる感はNG。やりすぎないナチュラルさが条件です

つけまつ毛に囲みアイシャドウ・・・コレは大人になったら卒業したいアイメイク。大人は「やってる感」「盛ってる感」を相手に感じさせてはいけません。あくまで「自然に」が基本です。ただ、自然すぎると目の大きさは変えられません。目のタイプに限らず、普遍のテクニックを紹介します。これさえマスターできれば、あとは自分でアレンジを。まず、基本テクニックの習得が大切です。決して難しいテクニックではありません。

1 アイホールはブラウンのアイシャドウで締めて、脱のっぺりを!

目に立体感はマストです。そこで、アイホールに肌色より少し濃い目のブラウンのアイシャドウをまぶたにのせてください。グラデーションなんて難しいことはしなくても、十分効果は発揮できます。まぶたのアイホールにブラシで均一にのせるだけです。ブラウンはできれば肌に馴染みやすいイエロー系がベストです。

2 アイライナーで上まぶたのまつ毛とまつ毛の間の肌色を塗りつぶす

アイライナーはリキッドでも、ペンシルでもOK。まつ毛の隙間の肌色を消すイメージ。ラインを描くのが苦手と思っている人! なにも線で繋げなくても平気です。隙間にポンポンとスタンプを押す要領で、肌色をつぶせばいいのですから。

3 パールの入ったベージュ系シャドウで、涙袋に立体感を!

涙袋が平坦=頬の面積は広く見えるということ。涙袋をふっくらと見せる必要があります。そこで効果的なのが、涙袋にパールの入ったシャドウをのせること。ベージュ系、ピンク系、なんでもOK。最近では涙袋専用のメイク用品も発売されているのでそれを使うと簡単かも。

4 まつ毛は扇型に広がるようにマスカラを!

縦幅、横幅ともマストなまつ毛。縦幅を出すには、ビューラーでしっかり根本から挟むこと。直角くらいでも大丈夫。ただし、まつ毛の中間から毛先はカールを避けてください。マスカラをつけるときは、扇型の仕上がりをイメージして、しっかり横にも広げてください。目尻よりのまつ毛が横幅を出してくれます。また、下まつ毛のマスカラも忘れずに。

5 眉毛は明るめカラーの太眉に!

細い眉毛は顔を大きく見せがち。太めの眉毛がベストですが、色が濃いと目の印象が弱くなるので、明るめに仕上げることがマストです。ナチュラルな太眉を目指してください。

6 チークはマスト! 手抜きしないで、かならずチークを!

血色をよく見せるだけでなく、小顔効果のあるチーク。もちろん、顔を小さく見せることができれば、自然に目も大きく見せられるわけです。シェーディング効果をよりのぞむなら、オレンジ系のチークがオススメです。

以上、6つのテクニック。テクニックというほどのものではありませんが、この6つをベースにすれば、いろんなイメージの顔がメイクでできて、目を大きく見せることが可能です。覚えておいて損のない知識ですから!

 

 

 


2014/10/07 | キーワド: , , , , | 記事: