Info

冬のトレンドチークの使い方

7b

チークは顔色を調整したり、フンイキを変えてみせる為にマストなアイテムですよね! でも、正しい使い方や今のトレンドをちゃんと押さえている人は少ないのでは?

そこで、今回は“今っぽくおしゃれに、そして簡単”を叶えてくれる3つのトレンドチークをご紹介します♥

だれでも出来るトレンドチーク術

これからご紹介するチークは2ステップで出来る簡単なものばかりだから、不器用さんや初心者さんでも気軽にチークを楽しめちゃいます! “ただのせるだけ”じゃない技ありチークテクは必見です☆

 

冬にぴったりのプラム系チーク

トレンドのプラムは難しいと思われがちですが、のせるだけでおしゃれフェイスに見えるお助けカラー。頬の高い位置にのせてメリハリをつければ小顔効果も生まれます!

 

1頬骨の高い位置にチークをのせる

5b

 

プラムカラーのチークを頬骨より少し上の位置に横長にのせます。ブラシの先を使って細くのせるのがポイント!

 

 

2真ん中にチークを重ねる

6b

 

最初にのせたチークの中央にもう一度同じチークを重ねます。チークに濃淡が生まれて頬にメリハリがつくので立体的な顔に!

 

3完成

7b

冬ファッションにもぴったりなダークカラーのチークを使いこなして、人と差がつくおしゃれメイクを楽しみましょう♥

 

4こんな失敗は避けたい!

8b

 

プラムチークを広くのせるとメリハリがなく、のっぺりと平面的な顔に見えてしまいます。“色が濃いチークは小さくのせる”のが成功のカギ!

 

 ナチュラルなブラウンチーク

頬にあまり色をのせたくない人やとにかく小顔を目指す人にはブラウンチークがおすすめ。冬太りが気になったら、頬のお肉をチークでカバーするのもアリ♥ ナチュラルな印象に仕上がります。

 

 

1頬骨の下にチークをのせる

9b

 

頬骨の下のくぼみに沿ってブラウンチークを細くのせます。頬に陰影がついて頬骨が強調されるので、引き締まって見える効果があります。

 

2チークをシェーディングでボカす

10b

 

頬にのせたブラウンチークをエラに向かってボカしてなじませます。

このときシェーディングを使うと顔の引き締め効果がアップ!

 

3完成

b2

b1

耳から下のフェイスラインが引き締まって憧れの小顔に♥ シェーディングだけをのせるよりもナチュラルに仕上がります。

 

4こんな失敗は避けたい!

4b

 

ボカしが足りないと頬がコケて貧相な印象に…。ヤセ見えの効果があっても、近くで見ると不自然さが目立ってしまいます。

しっとり質感の練りチーク

春夏から人気の練りチークは、パウダーチークでは出せない質感が作れるアイテム。リキッドファンデの上から重ねて自然に上気したような血色感を作ってみましょう。

 

1頬の中心になじませる

11b

 

笑ったときに一番高くなる部分にピンクの練りチークをのせます。広がりすぎないように指でトントンと丸くなじませていきます。

 

2チークのまわりをなじませる

12b

先にのせたチークのまわりを指で少しずつたたき込んでボカしていくと、グラデーションが出来て自然な血色が作れます。

 

3完成

13b

肌の内側から、じんわりにじみでるような血色に♥ しっとりした質感がガーリーなフンイキをオトナっぽくランクアップしてくれます。

 

4こんな失敗は避けたい!

14b

パウダーチークとは使う順番が違うので注意が必要です。練りチークはフェイスパウダーをのせる前に仕込むのがルール。最後にのせるとこんな風にムラになってしまいます。

 最後に☆

注目のトレンドチークはいかがでしたか? チークとファッションをコーディネートすればもっとおしゃれに♥ イベントごとに顔のイメージを変えられる“チーク術”をこの冬是非活用してみてください。


2014/12/11 | キーワド: | 記事: