Info

健康状態まるわかり!?平地式「舌」でアンチエイジングを叶える❤【薬剤師・鍼灸師 平地治美先生 5】

bsy2015022002

突然ですが、「自分の体の調子を自分自身でチェックすることができたらなんて……」なんてこと思ったことはないですか?

わざわざ、病院に行くのも億劫。そんなときに、実は自分の体の調子をチェックできる手軽な方法が舌と見る「舌診」がおすすめなんだとか。

「舌診」という名前自体聞くと、なんだか難しそうな気がしますがそんなことはないんだそう。今回も前回の「平地治美先生の記事1・2・3・4」にひき続き、先生にお話を伺ってきました。

「体よ、なぜ冷えるのだ。」“げきポカ”なカラダ作りのために知りたい東洋医学のこと【薬剤師・鍼灸師 平地治美先生 1】

新常識!?“一生冷えない”習慣と意外な冷えとの関係を調査★【薬剤師・鍼灸師 平地治美先生 2】

【冷えにお悩みの方必見!】「1日2食」「朝食抜き」が効果的だった!!【薬剤師・鍼灸師 平地治美先生 3】

冷え性さんの天敵は“白いフワフワした食べ物”!?【薬剤師・鍼灸師 平地治美先生4】

舌診とは??

方法は、いたってシンプルで舌の色、形、コケの状態を見るだけ。

舌は“内蔵の状態を映す鏡”ともいわれています。鏡さえあればいつでもどこでも観察が可能でとても実用的な方法をいえます。

なぜ、舌で体の調子がわかるのか?

舌には、ツボや経絡といわれる気の通り道がたくさんあります。そのため、内蔵をはじめ体の内側の状態が舌にあらわれるのです。

人の体は、口、喉、胃、小腸、大腸、肛門などといった名前がついています。しかし、構造的にはつながった1本の管といえます。

そして、その先端が舌。先生は、理科の授業で使うリトマス試験紙のような働きを舌は持っていると話していました。

舌からわかるあなたの体情報!

舌は本体となる「舌身(ぜっしん)」とその上をおおう「舌苔(ぜったい)」で簡単にいうと2部構成でできているのです。舌診はこの2つをみて、体の調子を判断していきます。

舌身からは、【体の体温状態】【体の栄養状態】【内蔵の働き状態】をみることができ、舌苔からは【胃腸の働き状態】【病気の進行状態】【病気のレベル】がわかってきます。

その判断材料として……、

☑ 舌の色

☑ 舌の形

☑ 舌苔の色

☑ 舌裏の静脈

をみていくのです。

さっそく、舌診開始!

実際に、平地先生に教えていただいた方法で自分の舌の状態を見てみました!!

bsy2015022001

【舌診開始!】編集スタッフ サトユリの場合

Q 舌に苔がついているか?YESorNO

A YES

Q その苔の厚さは?厚いor薄い

A 厚い

Q 苔の色は白or黄or黒?

A 白

この3ステップで自分自身でのタイプにあてはまるのかを確認していきます。

 

《舌診結果》……舌苔が厚く、白い状態なので、「老廃物が胃腸にたまりがちなCタイプ」。

胃腸の働きが弱っていて、余分なのものがたくさん溜まった状態といえるみたい。

苔が厚くなるのは、体が冷えていたり、湿気が多すぎるときになりやすい。冷たい食べ物や飲みものを多くとることで、舌の血管が萎縮し舌の粘膜を守るために苔が厚くなるのです。

改善食としては、胃腸を温めることに適した『ショウガご飯』。胃腸を温めつつ、余分なものは水分と一緒に外に出してくれる効果に期待できるようです。

Cタイプの人は、胃腸が疲れてきちんと働いていない人。体を冷やさないように気をつけ、冷たいものの摂り過ぎは控えるべき!

 

※ 最後に、舌の状態をみるのは基本的にいつでもOK。ですが、よりしっかりみたいという方は、朝一番の顔を洗うとき、歯磨きをする前がオススメのよう。

今回、私はCタイプとなりましたが、舌のタイプはおおまかにわけてA~Fの6タイプにわけられるそう。自分のタイプがどれか気になってきましたよね??(笑)

 

 今回のまとめ ☆

☆ 舌を見るだけで体調管理が可能!?

☆ 舌にはツボや経絡が多く通っているため体の内側の状態が分かる

☆ とっても簡単で鏡さえあればできる!

☆ 舌診の時間は朝が良い!

 

いかがでしたか?

まだまだ、「舌診」という方法は認知度が低め。しかし、専門家に頼らずに自分自身の体の調子をみることができるなんて、ステキですよね。まさに、あなた自身が主治医ということ!!

自分自身の舌がどんな状態で、体調を改善する方法をいますぐ知りたいという方。

今回まで、お話を伺ってきました平地先生の著書『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を、見る、動かす、食べるで健康になる!』を見れば、舌のタイプ診断、改善方法、平地式舌の体操、舌診で占いができる!?などなどが、一目瞭然なのです★ぜひ、みなさん書店でCHECKしてみてくださいね~♪

 

✻ 今回、お話を伺った方

bsy2015021703

平地治美先生

1970年生まれ。薬剤師、鍼灸師。明治薬科大学薬学部卒業後、漢方薬局勤務を経て東洋鍼灸専門学校に入学。カルチャーセンター等で「女性のための漢方レッスン」「薬膳料理教室」「舌診入門」「季節の過ごし方と食養生」などの講座を担当。和光治療院・漢方薬局代表、千葉大学非常勤講師、京都大学伝統医療文化研究班員、日本伝統鍼灸学会学術副部長、漢方三考塾講師。


2015/02/20 | キーワド: , , , | 記事: