Info

夏のスイーツ流行大賞!『生グラス』って?

この度、表参道に「LeTAO(ルタオ)」の姉妹ブランドがオープンするということで、ひと足先にお店へ行ってきました! あの濃厚なチーズケーキも、そして世の中のアイスが大好物な私は、行く前からこだわりの「生アイス」が待ち遠しい・・・・・・。

 

R0010699

(上から時計回り)エムロウド、シトリーヌ、カルブ、シューアラクレーム、フランカフェ

いつもはヘルシー志向な人もダイエットを気にしている人も、大好きなスイーツを控えてる人も・・・今日は解禁!この夏、コレを食べなきゃ、知らなきゃ損をする新情報です!

アントルメグラッセ・生グラス専門店『GLACIEL(グラッシェル)』7月7日グランドオープン

チーズケーキ・ドゥーブルフロマージュが有名な北海道の名店「LeTAO(ルタオ)」。同運営会社が、7月7日(日)に生アイスの専門店『GLACIEL(グラッシェル)』をオープンします!

 今年の夏は「生グラス」が外せない!

フランス語を含む「生グラス」とは、「生アイス」のこと。アイスクリームよりもジェラートよりも柔らかく、口の中でとろぉ~っと溶ろける食感がたまらない。『GLACIEL(グラッシェル)』では、その日に作ったアイスを売り切りスタイルで提供。なのいつ訪れても作りたてのアイスが味わえるのです。北海道の新鮮なミルクをはじめ、マンゴーは宮崎産、抹茶は京都からなど、そのジャンルのトップクラスの旬な素材を毎日生産者から取り寄せるというこだわりも嬉しい。香りも味もしっかり感じる「抹茶」は後味がとてもあっさり。イタリア産と北海道産をブレンドした「マスカルポーネ」のこってり感・・・・・・すっかり生アイスの魅力にハマってしまいました。そして、ぜひ試してほしいのが、「マスカルポーネ」と「クリームチーズ スフレ」のコンビネーション。「LeTAO(ルタオ)」の人気チーズケーキ・ドゥーブルフロマージュの味を、なんと生アイスで再現できるんです。スタッフがこっそり教えてくれた、隠れおすすめオーダーなので、ぜひ一度試す価値大ですよ。少し常温で待ってから、混ぜて食べるとよりケーキの味に近づきます。チーズケーキは通販でしか購入できないけど、これなら、東京で手軽にその美味しさを真似できちゃう。今夏の私のブームになりそう。

人気チーズケーキの味も生アイスで実現できた。一度食べたら、また絶対食べたくなる!

「マスカルポーネ」と「クリームチーズ スフレ」。人気チーズケーキの味も生アイスで実現できた。一度食べたら、また絶対食べたくなる!

閑静な路地に建つ、真っ白な外観が目印

表参道ヒルズやヴィトンのショップがある大通りから一本入った、静かな場所にお店はあります。大通りではないとはいえ、駅から徒歩約3分の好立地。山脈をイメージしたという建物の形と真っ白の壁が特徴で、迷わずすぐに見つけられます。1階生グラスやアントルメグラッセ、パティスリーのテイクアウト、2階はイートインや北海道産のソーセージやキッシュなどの軽食が食べられ、スイーツと食事の両方で、ついつい長居したくなっちゃう居心地の良さ・・・・・・。2階は広く、ナチュラルで落ち着ける雰囲気なので、スイーツ好きの友達との女子会にもおすすめですよ。店一押しはアイスクリームで作ったデコレーションケーキ、アントルメグラッセ。見た目も美味しいアイスケーキは今後通販でも購入できるようになるそう。今年の夏は「LeTAO(ルタオ)」プロデュース『GLACIEL(グラッシェル)』のアイスから目が離せません!

『GLACIEL(グラッシェル)』 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-23 03-6427-4666 11:00-20:00 火曜日定休

『GLACIEL(グラッシェル)』
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-2-23
03-6427-4666
11:00-20:00
火曜日定休

 

 

 


2013/07/06 | キーワド: | 記事: