Lifestyle

(結婚・婚約)指輪の選び方【銀座ダイヤモンドシライシ中編】

IMG_0055_s

前回の【ダイヤモンドシライシの記事1】では、結婚式はあげなくていいから指輪は欲しい! というイマドキな意見を記事化しましたが…今回は、結婚指輪ってどんな種類があるの? どうやって決めればいいの? そんな疑問を銀座ダイヤモンドシライシの中でもフランクな対応が人気の内藤さんにお伺いしてきました! “ブライダルダイヤモンド専門店”っておカタイ印象だっただけに、友達と話しているかのような気軽さに、いい意味で拍子抜けしてしまったダイヤモンド初心者ツボユリです。(ここから先は内藤さんの言葉で紹介していくよ~)

結婚式はあげなくてもいいから指輪は欲しい。“今のカップル”【銀座ダイヤモンドシライシ前編】

 

スクリーンショット(2014-07-14 13.07.28)

大体結婚されるまでの前1年間で、婚約指輪をつける方が多いです。実は意外なんですけど、婚約指輪を買いに来店されるお客様は、付き合って2ヶ月~3ヶ月の人も多いんです! 最短で2週間の人もいらっしゃいました。(!)もちろん、出会ってすぐというわけではなく友達期間が長かったり、以前から知り合いだったりするケースが多いのですが、意外と1番みなさんが「私にはこの人しかいない!」と盛り上がるのは半年ぐらい経った時なのかもしれません。そこから1年間婚約指輪をつけて、ご結婚に進まれるケースが多いですよ。

スクリーンショット(2014-07-14 13.26.55)

結婚指輪は、プロポーズして半年か1年で結婚されて、そのあとに購入されるので…大体1年半経ったくらいで購入される方が多いです。最近では結婚式を挙げる人も少なくなってきていて。写真だけ撮って、式は挙げないっていう方も増えているんですが、結婚指輪は一生着けるおふたりの記念のリングですから、後で「こうだったらよかったのに…」なんて後悔しないように納得のいくリングを選んでいただきたいので、おふたりの“着けたい理想の指輪像”と、実際の “生活スタイルに合った指輪”と、双方から提案させていただけるように、色んなお話をさせていただいてます。

スクリーンショット(2014-07-14 13.12.28)

ポイントは、ざっくりいうとデザイン、着け心地、メンテナンス…というこの3つが重要になってきます。でも、正直「20年30年先もこのリング着けていたい!」って直感で思えたら、それでいいと思います! 心配な方は、“メンテナンス出来る・出来ない”で選ばれる方もいらっしゃいます。長年着けているとサイズが変わってしまったりもしますから。もし心配なのであれば、メンテナンス出来るリングを選ばれた方が間違いが無いですよ! それと、日常的に着けるものですから、ダイヤがリングに埋め込まれているタイプだったり、華やかさ重視でダイヤの目立つものだったり、色々な種類を実際にご覧になってみて、ただ「好きだからコレ」なのではなく、ご自分の生活スタイルに馴染んでずっと愛されるリングをお選びいただけたらなと思います。もちろん、「手に似合わない」とかいった理由もあるんですけど、メンテナンスも含めて、色んな角度からより安心していただいてより気に入ってもらえるようにプロの目でご案内しております。

スクリーンショット(2014-07-04 15.50.49)

人とあまり関わりたくない方が多いと思うんですが、お客様と専門コンシェルジュとのマンツーマンスタイルでご案内させて頂いております。理由は、一生ものだからちゃんと人と話して安心してもらいたいという想いと、こういった専門店って実は敷居が高いのではなく、親しみやすいということを知っていただきたいのとあります。なんでも気になることを聞いていただけますよ。「これでお米遂げますか?」とかいう質問でも大丈夫! 個人的にオススメできないのは、ダイヤが目立つ華やかなデザインのものを着けたままハンバーグをつくること(笑)。これでハンバーグをつくると、旦那様のお腹が痛くなってしまうかもしれません!

スクリーンショット(2014-07-04 15.50.53)

料理中も肌身離さず着けていたい!っていう人はあまりダイヤが入っていないデザインの方がいいのかもしれません。こちらも、自分の友達のリングを選んであげるような真剣な気持ちで選んでいます。後悔してほしくないので…どんな生活をしているのか、趣味は何なのか、譲れないポイントはあるのか。その中からおふたりに1番合ったデザインはどんなものなのか、一緒に選んでいきます。先日も、女性が「ダイヤが欲しいけど日常使いが心配で…。」って迷っていたら旦那様が最後に、「せっかくの結婚指輪だから大切にしてほしいし、ダイヤがある方を彼女に着けてほしいです。」って言っていて。すごく素敵な男性だなと思いました!

スクリーンショット(2014-07-14 13.07.10)

すごくシンプルなデザインだからこそ、内側の刻印にこだわったり、リングの内側に「シークレットストーン」っていって誕生石を入れることも出来るんですが、リングを外してみたときに「あのときこの石を一緒に選んだね。」とか思い出して話が出来るような…それこそ本当におふたりだけの記念のリングになると思います。ですから、必ずしもダイヤが入っていなくても、おふたりの大事な記念の結婚指輪になれば、価値は変わらないと思います!

IMG_0055_s

シークレットストーン

 

 

なるほど~。結婚指輪って知識がない中で買うのってコワイな、と思っていましたが、だからこうやってプロがいるんですね。私たちの生活スタイルをプロに聞いてもらうだけで、“こういったデザインはいかがでしょう?”とその理由まで説明してくれるんだから、これは安心! 雑誌をみて「これにしよう!」と決める前に、自分の生活スタイルに合ったリングはどんなものなのか、知ってみてもいいのかも? 結婚って人生の中の一大イベント。『幸せだなぁ』とずっと感じられるリング選びをしたいですよね。 次回は番外編…結婚指輪あるあるをお届け!! “何としてでも結婚指輪が欲しいわ…”という様々な彼女の、指輪ゲットまでに至った地道な努力をお聞きしました。お楽しみに!

 

銀座ダイヤモンドシライシ http://www.diamond-shiraishi.jp/


2014/07/15 | キーワド: , , , | 記事: