Lifestyle

女性のお口のトラブル急増中!??

breath care

口臭といえば、オジサンの専売特許かと思っていたけれど、ここ最近、企業で働く女性たちの半分以上は、1年以内にお口のトラブルに悩んでいた、という結果が出ました。ジョンソン・エンド・ジョンソン社による職場でのオーラルケア実態調査によると、そのトラブルの1位が「口臭」2位が「歯石の付着」3位が「虫歯」以下「口内炎」「歯の着色」など、少なくとも半分以上の人が、何かしらのお口のトラブルをここ1年で経験していることが明らかになりました。

 

「歯石の付着」や「口臭」、原因は”バイオフィルム”

”バイオフィルム”とは、口内にネバネバした膜で覆われた細菌の塊で、体に悪影響を及ぼす毒素を持っています。口腔内全体に付着するバイオフィルムは、口臭、歯の黄ばみやネバつき、虫歯や歯石などを引き起こす原因になっているとか。歯の表面積は、口腔内全体のほんの一部(25%)に過ぎず、歯ブラシでブラッシングしても、残りの75%の表面積を占める口腔内(咽頭部の粘膜、舌、歯ぐきなど)にバイオフィルムが残っているため、殺菌するには、口腔全体のケアが欠かせません。

 

マウスウォッシュをプラスする”3ステップケア”が有効

働く女性が企業で行うオーラルケアは歯ブラシのみが中心のようですが、歯間につまった歯垢の除去に最適なフロスや、殺菌効果の高いマウスウォッシュをプラスする3ステップケアを実践することで、お口のトラブルの軽減につながります。

 

”3ステップケア”にオススメ!殺菌力の高い薬用マウスウォッシュをご紹介

オススメなのが、殺菌力の高い薬用マウスウォッシュ「リステリン®」(医薬部外品)。4種類の薬用成分配合で、様々なお口のトラブルの原因となる”バイオフィルム”に浸透して殺菌し、歯肉炎、歯垢の沈着、口臭を予防します。

「リステリン®」の歴史をさかのぼってみると、1879年、アメリカのローレンス博士と薬剤専門家のランバート氏が外科用消毒薬の開発に成功。1895年、歯科医師たちにその消毒薬を寄付し、洗口液としての使用を開始。その洗口液は、消毒液の生みの親であるリスター博士にあやかり「リステリン®」と名付けられ、現在では、約100年以上の歴史を持つ世界で最初のマウスウォッシュとして、売上世界No.1を誇り、世界50カ国以上で使用されています。

現在、天然由来の緑茶成分を配合した低刺激(ノンアルコールタイプ)の「リステリン®ナチュラルケア」や、6つの効果を1本でケアできる「リステリン®トータルケア」、心地よりクールミントのフレーバーで気分を爽快にさせる「リステリン®クールミント」など、様々なタイプがあるので、目的や用途にあわせて選んでみては?

 


2014/07/28 | キーワド: , | 記事: