Lifestyle

冷え症よりも重症!?意外と知られてない”冷えのぼせ”って?

pip0

先日行われた「ピップ」の新商品発表会。新商品のチェックとともに、いろいろと勉強してきたのですが、気になるキーワードがひとつありました。現代女性を悩ましているという”冷えのぼせ”という症状です。”冷え症”ではなく”冷えのぼせ”知っていましたか?

女性の大敵でもある「身体の冷え」ですが、最近は冬だけの悩みじゃなく、夏場でも冷えを感じている人が増えているようです。夏場の電車やオフィスで、クーラーが効きすぎてて寒いなーって思ったことありますよね。「ピップ」の発表によると、20~50代女性の約3分の2が普段から身体の冷えを感じており、さらに、その約半数が冷え症よりもさらに重い症状の“冷えのぼせ”であることが判明したとのこと。ここで、”冷えのぼせ”という言葉を聞いたことがない人のために、まず”冷えのぼせ”についてご説明します。

冷えのぼせとは?

冷え症の一種ですが、より重い症状がみられます。下半身や手足の末端が冷たくなり、それだけではなく、顔や頭などがのぼせたようにボーッとあつくなります。汗が大量に出て、頬もほてって赤くなり、風邪かな?と勘違いしそうになりますが、名前の通り「冷え」と「のぼせ」を同時に感じます。また、「のぼせ」を強く感じ、「冷え」を感じにくい人もいるので、なかなか自覚症状が生まれません。気付いていないだけで実はあなたも冷えのぼせかもしれません。一度チェックしてみましょう。

冷えのぼせチェックリスト

□胸より上は特に冷えを感じていないが、手足は冷たいと言われる

□手足が冷えているのに、頭だけがボーッと暑くなるような感じになることがある

□気温・運動などの暑くなる条件の後に、胸より上がカーッと熱くなり、汗がどっと出る(駅まで歩いて電車に乗ったら顔から大量に汗が出てくる等)

□冷えの自覚はないが、冷たいものを食べるとトイレが近くなる

□手のひらや足の裏などにじっとりと汗をかく

1つでも当てはまったら、あなたも冷えのぼせの可能性アリです

冷えのぼせの原因は?

冷えのぼせは冷えが重症化し、自律神経のバランスが崩れることによって起こります。冬の寒さはもちろんですが、夏でも温度差の大きい環境にいることで身体が冷えてしまいます。身体を冷やすと「血行不良型の冷え」が起こり、それが持続されると血流が悪くなって「水分代謝異常型の冷え」が起こります。これらの冷えが続くなか、身体は手先・足先の末端は冷えても、頭部の温かさだけはしっかり保とう!と自律神経が頻繁に働きますが、過剰な動きのため、結局バランスを崩してしまうのです。このため、冷えのぼせは「自律神経失調型の冷え」とも言えます。これが冷えのぼせが起こるメカニズムです。

冷えのぼせによる不調は?

身体の悩み→頭痛・めまい・肩こり・腹痛・口が渇く

気分の悩み→イライラする・不安感におそわれる・落ち込みやすくなる

睡眠の悩み→寝つきが悪くなる・夜中に目が覚める・熟睡感がない

肌の悩み→ニキビ、吹き出物ができる・赤みがある・べたつく

冷えのぼせで悩んでいるのは20代と50代が一番多いと言われていますが、これらの悩みからよく50代の人は“更年期障害”なのでは?と自分で勘違いしてしまうようです。さらに、近年では“若年性更年期・プレ更年期”が流行っているとされ、20代の人でも更年期を疑ってしまい、正しい対処法がとれていないようです。

冷えのぼせの対処法は?

冷え症の場合は身体を温めることが大切ですが、冷えのぼせは身体の中で冷えている所とほてっている所が混在しています。そのため、ほてりを感じる部分のケアと、冷えている部分のケアを区別することが重要なのです。

pip

イラストを参考に、青い部分はほてりを感じやすいため、冷やして熱をおさえましょう赤い部分は温めると血行が良くなるポイントなので、しっかりと温めましょう

特に、首の後ろを温めるのはとても効果的です。首は様々な血管が通っているので温めることによって血流がよくなり、すぐに全身にいきとどきます。全身が温まると自律神経の乱れも改善されるので、あらゆる不調が改善するのです

いかがでしたか。意外と知られていない“冷えのぼせ”について説明してきましたが、もしかしたら自分は冷えのぼせなのかもしれない?!と気付いた人も多いのでは?身体の冷えに関しては、エアコンの使いすぎ、運動不足、身体を冷やす食事やファッションなども背景にあるので、一度自分の生活を振り返って冷えに悩まない身体を目指しましょう!


2014/08/01 | キーワド: , , , | 記事: