Lifestyle

夏の疲れを香りでリフレッシュ!

エステ

連日の猛暑で夏バテ気味・・・そんな時に効果的なのが”香り”。というのも、香りには心身をリラックスさせる効果があるからなんです。

脳には感情や行動、記憶をコントロールする大脳辺縁系という部分が存在します。よい香りは嗅覚を通じてこの大脳辺縁系を刺激し、心身をリラックスさせながら、穏やかな感情や前向きな気持ちへと導いてくれます。リラックス効果のある香りをかぐことによって、緊張を解きほぐしながら自律神経やホルモンの分泌、免疫を高める効果が期待できるので、美肌へ導いてくれる作用もあると考えられいます。

リラックス効果のある香りで質の良い睡眠を

日中のダメージや疲れを回復させるのに必要不可欠なのが「睡眠」。睡眠不足になると血液の流れが悪くなり、肌や髪に悪影響を及ぼします。また、「睡眠」は”時間”だけしっかり取れば良いわけではありません。最近は”質”にも注目が高まっています。しかし、パソコンやスマートフォンの普及によりライフスタイルが激変。不眠に悩む人が増えている、という統計結果も。健康で美しい体を保つためには、短時間でも”質の良い睡眠”を取ることが重要。リラックス効果のある香りを取り入れることで、”質の良い睡眠”をとり、ライフスタイルを見直すことをおすすめします。

<睡眠不足による影響>

・血行不良などによる自律神経の乱れ。

・睡眠時間が短いと、成長ホルモンが分泌されない。

・基礎代謝が落ちて、太りやすい体質に。

 

リラックス効果のある香りの代表例

・カモミール

心の疲れを解きほぐすリラクゼーション効果。筋肉の組織を落ち着かせる作用があり、体を休ませる効果があります。不眠を改善する効果もあるので、就寝前にカモミールティを飲むと安眠できる作用があります。

・ローズ

幸福感や高揚感をもたらすと言われ、イライラ、落ち込み感を和らげ、明るく幸せな気分に導きます。また女性ホルモンや感情のバランスを整える効果に優れています。

・ラベンダー

鎮静作用にすぐれおり、精神面ではリラックス作用で安眠効果、身体面においては血圧や心拍をしずめる働きなどがある。気持ちを落ち着かせるのに最適で、どんなシーンでも幅広く使えます。

 

上記にあげたのは、一般的に効果的と言われている代表例です。これらに限らず、お気に入りの香りを使うことで、気分をリセットしたり、明日への活力へつなげたりと、心と体を元気にしましょう。

 


2014/08/13 | キーワド: , | 記事: