Lifestyle

来たる食欲の秋! あなたの相棒はどっち?

旬の食材を使って美味しい秋メニューを作るべく、今年の相棒は優秀な鍋で決まり!

0917

土鍋感覚の中浅型「ローキャセロール」(左)とセラミック鍋「レヴォルーション ココット」(右)。あなたはお好みはどっち??

暑い夏も終わり、やっと涼しくなり始めた今日この頃。風も空も、もうすっかり秋模様です。秋といえば、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、睡眠の秋と色々ありますが、やっぱりコレが一番、食欲の秋!! さんまにさつまいも、栗、きのこ類、カキなど、美味しい食材がいっぱいです。となると、旬の食材を使って、美味しい料理を作ってみたくなりませんか? この秋、2つのフランス老舗メーカーから、見た目もおしゃれで、機能も優れた鍋が加わりました! 料理が楽しくなりそうな予感です。

100%フランス製! 高級鋳物ホーロー鍋

sc037

季節の旬な野菜を使って、彩りも◎。美容・ダイエット効果もある美活レシピが簡単にできちゃいます。

鋳物製造のスペシャリストが製造する『CHASSEUR(シャスール)』の鍋、「ローキャセロール」。土鍋感覚の中浅型で鍋やオーブン料理にも最適。中浅型なので、中が見えやすく、食材を取り出しやすい上に、かき混ぜやすいのが特徴です。保温性が高いので、調理をして、そのままテーブルへサービングできるから、普段使いだけでなく、おもてなし時にも使い勝手よし! すき焼きなどの囲み鍋はもちろん、炒め物や煮物、蒸し炒めも、簡単にできます。料理研究家・若林三弥子先生が考案した野菜の「蒸し炒め」は、鍋にお好みの野菜をカットして詰め込み、塩・少量の水・オイルを入れて2~3分火にかける。そのままお好みにより数分蒸せば出来上がり! というクイック料理。栄養素も損なわれず、野菜のうま味に驚くこと間違いなしです。

Feature[1] [XVÏ‚Ý]

一つで3役こなす! セラミック鍋

cake in a cocotte-9

フタの裏にある突起が料理をおいしくしてくれる。食材から出た蒸気が突起で水滴となり、食材に戻り循環することで、ふっくら仕上がりに!

フランスのローヌ・アルプ地方サンテューズで創業された老舗耐熱磁器ブランド『REVOL(レヴォル)』からは、セラミック鍋「レヴォルーション ココット」のご紹介。直火・IH・オーブン・ハロゲンなどあらゆる熱源で使用できるほか、器としてそのままテーブルへ並べられます。下ごしらえのボール代わり、調理、お皿として、鍋一つで3役こなす超優秀鍋。炒めたり茹でたり、揚げたり炊いたり、多様な調理法で使えるのが特徴です。また、調理した食材は鍋のまま冷蔵庫や冷凍庫への保存も可能。食べたい時にそのまま温め直しができるのも嬉しい。まるで土鍋で炊いたように、ふっくら美味しい米も炊きあげられます。さらに使用後の洗浄は食洗器も使えてラクラク。こちらのココットには、素材の味を活かした料理を追求する料理研究家・松田美智子先生によるレシピ集がついています。

Blanquette de veau express-4

下ごしらえ 、調理、器、保存容器が、ひとつの器ですべて完結!

あなたはどっちのお鍋がお好みでしたか? 「ローキャセロール」からはこの秋、人気カラーのピンクが、また「レヴォルーション ココット」からは、サテンブラックとサテンホワイトが新たに仲間入り! お気に入りの一つをこの秋取り入りれて、もっと料理を楽しもう!

 

 


2013/09/17 | キーワド: | 記事: