Lifestyle

あなたの口元、見られてますよ!口元美人を目指すには?

5

“第一印象は会って3秒で決まる!”と言われています。とくに、顔のなかでも意外と見られているのが口元。清潔感がなくだらしない口元だと、初対面の人はもちろん、どんな人からも魅力的に見られないですよね。魅力的な口元には様々な条件があります。今回ご紹介するのは、そんな口元美人になる方法です。

清潔感のある自然な白い歯

なんといっても口元美人のキーポイントは、黄ばみや、くすみのない白い歯です。透明感のある白い歯は清潔さの象徴です。最近では歯のホワイトニングが常識になりつつありますが、クリニックのお値段は高くてまだまだ手が出せないって人も多いはず。そんな人は毎日の歯磨きを磨き残しなくきちんと行うことが大切です。

★正しい歯の磨き方★

1.ブラッシングの順番を決め、毎回決まったところから磨きはじめる

2.歯ブラシの毛先を意識して、力を入れずに小刻みに1~2本ずつ丁寧に磨く(1ヶ所あたり20~30回)

3.歯磨きにかける時間は10分が理想的

歯ブラシをあてる角度や、動かし方などを鏡の前でチェックするとより効果的。いつも磨き残しがちな部分を知るために、最初は市販の歯垢染め出し剤(カラーテスター)を使用するといいです。

4

綺麗なピンクの歯茎

ニコッと笑ったときに見える歯茎が赤黒い……なんて男性陣はげんなりしてしまうかも。でも現実は、日本人の約8割が歯周病やその予備軍だと言われています。

★ジェットウォッシャー★

ブラッシングをしっかりしても、歯と歯の間や、歯と歯茎の間の汚れはどうしても落ちにくいもの。ジェットウォッシャーは、勢いのある水流でお手入れしづらい個所をしっかりと綺麗にし、歯周病を予防してくれます。使用後の洗浄水が臭くなるほど、しっかりと汚れが取れるので、口臭ケアにも役立ちます。とくに口コミの評価が高いのは、パナソニックの「ドルツ・ジェットウォッシャー」です。2014年9月1日にはバージョンアップして新たに販売されるようなので、ぜひチェックしてみてください。

★歯茎のホワイトニング★

最近は歯だけではなく、歯茎もホワイトニングできるんです。沈着した黒ずみ(メラニン色素)は、一度ついてしまったら自然に戻ることはありません。専用の薬を使用して歯茎の角質除去を行いましょう。

2

キュッと上がった口角

口元美人はいつだってキュッと上がった口角をしています。口角が下がった状態だとほうれい線が出やすいうえ、普段から意識して動かさないと口周りの血行が悪くなって血色が失われます。

★口角リフトアップ法★

頬がしっかりと動いていることを意識して、ゆっくりと行うこと。

1.口を閉じた状態で軽く笑顔を作る

2.左右同時にゆっくりと口角をぐいーっと引き上げる

3.ゆくっりと元に戻す

5回以上繰り返す。

★口角リフトアップ法~日常Ver.~★

日頃から常に口角をあげられたらベストですが、実際それは難しいですよね。せめて、こちらを習慣づけてみてください。

・話すときにしっかりと口をあける(口を意識してちょっと大げさに動かすこと)

・口をあいたまま呼吸をしない(口周りの筋力退化の大きな原因)

★メイクテクニック★

すでにたるんでしまった口元を少しでも上げて見せたい人は“口角リメイク”を。メイクで口角が上がったように見せます。

1.ベースメイクを終える

2.上くちびるを輪郭よりも1~2mmはみだして、口角部分を少し上げた形で書く

3.下くちびるの口角はコンシーラー(できればパール感のあるものを使用)で消す

4.書きなおした輪郭に合わせて口紅やグロスで仕上げる

1

引き締まったフェイスライン

フェイスラインや頬のたるみ、二重あごなどは口元の美しさを半減させます。顔のマッサージをしてキリッと引き締まったフェイスラインをゲットしましょう。

★アゴライン★

1.首の皮を下にひっぱる(苦しくないように首の根元のほうを押さえる)

2.そのまま顔を上げて、くちびるを「う」の形にして10秒キープ

★フェイスライン★

1.手の甲を使ってアゴから耳へ、老廃物を流すイメージでさする

2.手をチョキにして、同じようにアゴから耳へむけてさする

7

ツヤ潤いのあるくちびる

口元のなかでも、くちびるはとてもデリケートな部分です。乾燥に敏感で、身体に不調があらわれるとくちびるが荒れたりしますよね。いくら素敵なリップを重ねても、くちびる自体のお手入れが行き届いてなければ意味がありません。常にふっくらとした魅力的なくちびるでいれるようにしっかりとケアしましょう。

★くちびるケア★

気になる薄皮がきれいにむけて、つるんとしたくちびるになります。

1.高保湿成分配合のリップバームをぬり、くちびるより少し大きめにカットしたラップをはりつけてパック

2.1分経ったらティッシュで軽くふきとり、面棒をくちびるの上でクルクルと動かす

6

爽やかな息を保つための口臭ケア

口元美人は見た目だけじゃだめです。息だって爽やかじゃないと!口臭ケアの一番の近道は、口の渇きを防ぐことです。最近では歯医者でも保湿剤(マウスウォッシュのようなもの)が使われています。爽やかな息を作るためには、唾液をしっかり出すことが重要です。

★ツボ押し★

こりがほぐれると同時に、唾液の分泌を促進させます。

耳下腺(じかせん)⇒耳の前の下部、あごの付け根部分。最大の唾液腺。

顎下腺(がっかせん)⇒顎の付け根の内側の少しへこんでいる部分。

舌下腺(ぜっかせん)⇒舌の下、顎の真下にある。

★舌苔クリーニング★

唾液の分泌とともに、舌苔のお掃除も忘れちゃいけません。舌の粘膜はとてもデリケートなので扱いには注意が必要です。ついつい歯ブラシでゴシゴシこすってしまいがちですが、水でぬらした面棒を使うのがおすすめです。舌全体を3回なでるだけで、綺麗に苔を落とせます。

3

以上の6つ<白い歯・ピンクの歯茎・上がった口角・引き締まったフェイスライン・潤いのあるくちびる・爽やかな息>が口元美人の条件です。この条件を満たして、ニコッと素敵な笑顔で笑えば、初対面の男性もイチコロかもしれませんよ❤